恋愛心理学

【恋愛心理学】恋人と別れやすい季節はいつ?なんとなく寂しい3月は別れやすい

多くの人が卒業して、新しい生活が始まる春。あなたの家族や、大切な恋人、友達たちとの別れの季節ですが、同時に新しい
出会いもまっています。何か大きな決断も、春と一緒にやってきますね。

ただ、新しい季節だからという理由で別れは切ないというあなたや、別れの季節を言い訳にしたくないあなたにもぜひ読んでいただいて、どういう心理効果が働いているのか、心理学的には、別れの季節があるのかどうか?という観点で今回は説明していこうと思います。

実際に心理学的にも、別れの季節はある?

結論から申し上げますが、心理学的にも別れの季節があると言われています。
特に2~3月は別れの季節と言われています。シンプルに、これは学生だと学校の卒業の時期でもあり、職場であれば部署の異動や退職など、環境変化の目安になっているからです。

また、別れの季節はもう一つタイミングがあると言われています。
12月の前半戦、つまりクリスマス前の冬の始まりの季節です。この理由としては、クリスマスに対する熱量や、イベントへのワクワク加減に対してカップル感で温度差が生まれ、ギクシャクしやすいという理由です。

それに加えて、私たちの心は、根本的には「周りの人と同じでいたい」と思うような心理が働いています。
この心理のことを、専門用語では、同調心理と言います。他のカップルが口コミしているようなデートスポットに行きたくなる心理や、周りの人に恋人ができた時に、あなたも同様に恋人が欲しいと思うような心理も、この同調心理ということになります。自分の意思を持って行動するより、なんとなく周りの雰囲気に合わせて行動しようとする心理が、人間本来に備わっているという訳です。

学生の頃、周りの人が付き合い始めるのと同時に、付き合う人が増えたり、別れるのと同時に別れる人が増えたりしたことを体験したことはないでしょうか?

別れを決意した人の理由は?

“春”という理由で別れを決断する人もいるでしょうし、新たな生活に不安を感じたり、新生活の準備を通する心理的ストレスを感じることで、気づかぬうちにストレスが爆発し、別れにつながっているとも言われています。

もう会えなくなってしまうと思っている場合

遠くに住んでしまう場合や、学校が離れてしまい会える機会が減ってしまうことを考えて、別れることを考えていませんか?
遠距離恋愛は以前に記事にもしましたが、確かに色々な心理効果が働いていて、難しいと思います。

あわせて読みたい
【恋愛心理学】つらい遠距離恋愛の乗り越え方!ボッサード効果とは?【恋愛心理学】つらい遠距離恋愛の乗り越え方!ボッサード効果とは? 1.半分の人が別れてしまう、遠距離恋愛 2.遠距離恋愛と高まる気持ち 3.遠距離恋愛を乗り越えるコツ...

しかし恋愛心理学を生かすことで、お互いの心を理解することができ、乗り越えられるかもしれません。

崩れた生活リズムが理由になる場合

卒業を控えた2月や、春休みの3月などは、生活リズムが崩れやすく、季節の移り変わりで体調を崩しやすい季節だと言われています。そのような心身的ストレスから、別れを決意しやすい背景もあると言われています。
あなたの別れの決意は、あなた自身が疲れているからではないですか?生活リズムが崩れている場合には、一度時間をおいて考えてみると良いでしょう。

別れの時期は、チャンスでもある

別れの季節は実は、気になっている人と距離を近づけるチャンスとも言えます。「もうこの人と会えなくなるのか…」ということを考えると、人はいつも以上に相手のことを魅力的に思う傾向があります。
この効果は、心理学用語では「心理的リアクタンス」と言われています。

誰しもみんな、心の奥底では、人間は本来自由な生き物で、なんでも自分で決定できると考えています。
別れの季節は、環境的要因で、どうしようもないような、自分の決断に自由がなくなるように感じ、その自由がなくならないように、抵抗しようとします。

例えば、期間限定セール品と言われると、いつもだったら買わないようなものも買ってしまうきっかけになったこと、ある人もいると思います。そのように、心理的リアクタンスが要因で、別れの季節は新たな出会いのチャンスでもあると言われています。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。