恋愛心理学

【恋愛心理学】第一印象は恋愛に関係する?前髪と恋愛の関係は?

あなたは、初対面の異性の人を見抜くのにどのくらいの時間がかかりますか?
第一印象は怖そうに見えたけど、実際に話していくうちに、よく笑う・よく喋る人だ、といったように、実際の第一印象とはかけ離れた現実があることもあるでしょう。

第一印象に関する恋愛に働く心理効果は色々な説がありますが、実際に第一印象は、あなたの恋愛に大きな影響をもたらすということは言えるでしょう。
今回は、恋愛心理学の観点から、実際にどのような心理効果が働いているのか?第一印象が恋愛にどのように影響を及ぼすのかを解説していきます。

心理学を使った、第一印象の法則は?

「頭が良い、スポーツのできない人」と「スポーツのできない、頭のいい人」この2人の人をイメージしてください。
どちらの人のイメージがいいでしょうか?実際には、どちらも同じような人だということは理解できると思いますが、言葉の前後関係が変化するだけで、相手に与える印象は変わります。

これは、文章の中でも始めに受けた印象に強く影響を受けるような効果が働いているからです。
このように、人間が最初に与えられた情報に強く左右されるような心理効果を、心理学では「初頭効果」と言います。

すなわち、相手に良い印象を与えたい場合には、文章の始めにポジティブな内容を書く必要があるわけです。
これは、人や物に限らず、何にでも使えるような心理学です。
つまり、第一印象が相手の印象に与える影響はかなり強いということが言えます。

また、以前に恋愛に関する「3」の法則について書いた記事でもお話ししましたが、人は3回会うまでに相手の印象を大体作り上げてしまう、といったスリーセット理論というものがあります。

あわせて読みたい
【恋愛心理学】恋愛における「3」、3ヶ月の法則、3年の法則とは?【恋愛心理学】恋愛における「3」、3ヶ月の法則、3年の法則とは? 1.出会いから3ヶ月 2.告白は3回目のデート 3.付き合って3ヶ月 4.3年目の浮気本能 ...

第一印象が大きい効果を持っていることはもちろん、3回会うまでに相手に与える印象は確定してしまうので、それを超えると相手の印象は変わりにくいということです。

スリーセット理論を活用する

では、スリーセット理論はどういう風に活用すると良いのでしょうか?
人は3回会うまでに、相手の印象を決めてしまうというような「スリーセット理論」について、説明します。

出会って1回目は、第一印象が決まる

「シャツが出ているだらしない人」といった風に、出会ってすぐは、相手の外見や服装などから、その人の性格をイメージします。話している間に、相手の表情や話の内容から相手の印象を決定します。
第一印象が恋愛に及ぼす影響は大きいものですので、この第一印象の段階で、相手が拒んでしまう場合には2回目以降もきびしい戦いとなってきます。

出会って2回目は、1回目の確認

2回目に出会う時には、以前自分が持っていた第一印象を振り返る期間になります。
こちらも恋愛に関する影響はそれなりに大きいですが、第一印象ほどは左右しないです。
2回目からは、その人の印象を固めようとしていきます。

出会って3回目は、相手の印象を決めていく

出会って3回目に会う頃には、自分が抱いた相手に対する印象を固定化していきます。4回目以降には、その印象が引き続き強化していく形になります。出会って3回目にはギャップ萌え等のテクニックを使うことで、相手に対する興味を引くこともできるでしょう。

第一印象が決まるのにかかる時間は?

アメリカの心理学者のアルバート・メラビアン氏による、第一印象が決まるまでの時間に関する実験によると3~5秒で決まるという結果が出ています。すなわち、ほぼ会話の内容ではなく、相手と触れた中での直感で第一印象が決まるということです。
第一印象は、詳しく話す前から、もうすでに決まっているということがこのメラビアン氏により、判明しているということですね。

第一印象を決定する要素は?

第一印象が決まる時間を発見した心理学者、アルバート・メラビアン氏が、同様に第一印象を決定する要素についても発見しました。アルバートメラビアン氏の調査によると、第一印象を構成する要素は、見た目が55%、耳から入ってくる情報が38%、言語の情報が7%ということを発見しました。

これから分かるように、ほぼ見た目や感じ取れるところから第一印象は確定してしまっているということです。

第一印象を良くするための3つのポイント

笑顔を意識する

男女ともに、恋人にしたい相手の条件のうち、「優しいヒト」というのは上位を占めています。
もしあなたが仮に、優しい人でも上手く笑顔を使うことができなければ、相手には怖い印象を与えてしまったり、真面目で気難しさを印象として与えてしまうかもしれません。
そのためにも、第一印象では常に笑顔を意識できると良いでしょう。

笑顔が苦手な人は、割り箸を使い、笑顔のトレーニングをしてみると良いでしょう。

清潔感を意識する

恋愛に限らず、普段から清潔に見えるようなシワのないシャツを着ることや、靴がよごれてないか、女性ならば化粧が濃すぎないかなど、清潔感を意識することは大切です。悪い第一印象を与えてしまうことで、相手に話を聞いてもらえない状態では、あなたが話し上手だったとしても、難しい環境になる可能性はあるでしょう。
そういう意味でも、普段から清潔感は意識すると良いでしょう。

挨拶をしよう

当たり前のことですが、できない人も多いのが挨拶です。多くの日本人はシャイであることから、相手に挨拶をされると、挨拶を返すのは得意ですが、自分から挨拶をするのは苦手です。第一印象の中でも7%が言語情報ですが、この7%はほぼ挨拶といっても良いでしょう。声のトーンもですが、相手にあなたの素晴らしさが伝わるような挨拶を心がけましょう。

相手の目を見て話す

7秒間目を見つめ合えることができれば、恋愛が始まるというように、相手の目を見て話すことは、あなたが相手に興味を持っていることを伝える合図でもあります。相手の目を見て話す人と、目を見て話さない人と話したところをイメージしてみましょう。どちらの方が、良い印象でしょうか?

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。