恋愛心理学

【恋愛心理学】女からデートに誘う心理学テクニック

デートを誘うのは男性とばかり思っていませんか?女性から積極的に男性を誘うと、なんだか引かれてしまいそうだという風に思う人も少なくないと思います。

現実はというもの、草食系男子と騒がれるほどには控えめな男子も多くなっているのが現実ですよね。だからこそ、女子からガツガツ誘うのも必要になってきていると捉えることもあるでしょう。今回は、そんなデートに誘うテクニックを紹介します。

デートの誘いも、一種の駆け引きですよね。このデートに誘うテクニックは恋愛に限らず交渉術として使うこともできるので覚えておくと得かもしれません。

理由をつけて誘ってみるテクニック

まずはじめに紹介するのは、心理学の専門用語でいう「カチッサー効果」です。カチッサー効果とは、人は何らかの理由をつけてお願い事をされると断りにくくなるというような心理効果になります。

このカチッサー効果は、心理学者のエレンランガー氏がコピー機を使った有名な実験を行った中で、3パターンの頼み方を行いました。

  • (1)「先にコピーを取らせてください」
  • (2)「急ぎの用事なので、先にコピーを取らせてください」
  • (3)「コピーを取らなければならないので、先にコピーを取らせていただけますか」

上記の3パターンです。それぞれ、(2)>(3)>(1)の順番で承認率が高く、(2)は94%,(3)は93%、(1)のパターンでは60%しか承認されなかったと言います。

このように、理由をつけてデートに誘うことをすると、カチッサー効果を期待することができるので、デートの承認の可能性も上がるでしょう。

例えば、「美味しい店を見つけたから、一緒に行かない?」「〜〜さんが好きな選手が出ている試合のチケットを手に入れたから、一緒に行かない?」などと、一言理由を付け加えるだけです!使ってみるしかないですね。

ちなみにカチッサー効果は、どうでもいいような理由でも効果を見込むことができるので、些細なことで使ってみると良いでしょう。

小さなお願いを本題の前に取り入れる

社会心理学の中でもよく取り上げられる、実践的にも使える心理学のテクニックで、「フットインザドア」という心理テクニックがあります。

このフットインザドアとは、大きなお願いをする前に、小さなお願いを1つしておくことで、一度頼みをOKすると、その後に続くお願いが断りにくくなるというような心理テクニックです。

デートで使う場合には、デートを誘う前に、あえて教科書を借りてみたり、あえて資料のコピーをお願いしてみたりすることで、デートに誘える確率が上がるという話です。

相手の選択肢を2択にしてしまうテクニック

これも実践的で、今すぐ使えるテクニックになります。相手にあなたにとってポジティブな選択肢のみを2択で提示してしまうというテクニックです。多くの人は、2択の中から選ぼうとしてしまうので、デートに断りにくくなるというテクニックになります。

このように「デートに行く」「デートに行かない」ではなく「映画館にデートへ行く」・「カラオケにデートへ行く」のように選択肢を2択にしてポジティブなものにしてしまうようなテクニックを心理学用語では、「ダブルバインド」と言います。

もちろん恋愛に限らず、仕事でも役立つ心理効果になります。

小さなYesを積み重ねるテクニック

これは有名な心理テクニックなので、聞いたことがある人もいるかもしれません。人は、自分が間違っていることは認めたくないというような心理をもっています。この心理を錯覚させるテクニックが、小さなYesを積み重ねるテクニックになります。

すなわち、小さなことでも、Yesと答えるような会話を行い、それを繰り返していると、Noと答えにくくなるような心理効果です。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。