恋愛心理学

恋愛を発展させるLINEの使い方を心理学で説明

今では「LINE」は好きな人との距離を近づけたり、気になっている人と気軽に会話するために使ったり、恋愛を発展するためには絶対に必要なツールですよね。

LINEが止まったり、なんとなくぎこちない会話になってしまったりしたことで、うまく恋愛が発展しなくなってしまったなんてこともありがちだと思います。

今回は心理学に基づいて、そういった恋愛とLINEをテーマに、「LINEを恋愛で上手く使う方法」をお話ししていきたいと思います。

そもそもLINEでは愛や気持ちは伝わりにくいこと

LINEは、テキストがメインのSNSサービスですよね。画像を投稿したり、スタンプを送ったり、ビデオチャットすることもできますが、基本的にはテキストチャットでやりとりを行うと思います。

実際に体感したことがある人も多いと思いますが、直接声を聞きながら「明日遊ぼうよ」と言われるのと、LINEの文面で言われるのでは、どこまで相手が強く思っているのか、どういう雰囲気なのかは、ぶっちゃけわかりにくいですよね。

実はそれは、心理学的にも明確な話です。

人間が相手から受ける印象の55%はしぐさや表情で決まっており、話し方や口調から38%が決まっており、残りの7%が話の内容と言われています。この法則はメラビアンの法則と言われており、当メディアでも以前に紹介したことがあります。

あわせて読みたい
【恋愛心理学】第一印象は恋愛に関係する?前髪と恋愛の関係は?あなたは、初対面の異性の人を見抜くのにどのくらいの時間がかかりますか? 第一印象は怖そうに見えたけど、実際に話していくうちに、よく笑う...

顔文字やスタンプといった発明もありますが、基本的にはこの7%しか伝わっていないことを理解しておく必要があるでしょう。

恋愛におけるLINEを使うメリット

相手に対する印象を築くために、LINEを使うのはいまいちだという話をしましたが、LINEだからこそできる話や、LINEだから有効な恋愛のテクニックもあります。

例えば、実際に面と向かって話しにくいようなプライベートの話を相手に自己開示することで、もっと近づけることもあるでしょう。その場で考えることは難しくても、LINEは時間をかけて考えることができるので、深い話には向いていることが言えます。

あわせて読みたい
【恋愛心理学】好きな人と距離を縮める「自己開示」とは?友情も恋愛も仲良くなるには、自己開示 https://twitter.com/dk5526/status/111334832680233...

上手なLINEの使い方

では、実際に、どのようにLINEを使うと、心理学的に効果を生み出せるのか?という話に入っていきたいと思います。

単純接触の原理を使う

単純接触の原理とは、シンプルに相手との接触数を増やすことで、相手と近づくことができるという原理になります。他愛のない会話でも、続けていること自体に意味があり、接触の数が多ければ多いほど、親近感を抱くようになります。

LINEでも、実生活でも、この単純接触の原理は使用することができます。例えば、毎週土曜日をデートの日とお互いに決めて会う頻度をコントロールすることで、より親密になることができる、という意味を持っています。

ツァイガルニック効果を使う

ツァイガルニック効果とは、人は完結していることよりも、まだ完結していないことに対して強い興味を抱くような心理効果です。ついつい押してしまう「続きを読む」や、ついつい楽しみにしてしまう未完成のドラマなどは、このツァイガルニック効果の例と言えるでしょう。

恋愛におけるLINEにツァイガルニック効果を応用すると、上手く会話を展開し、相手の興味を引き付けながらもLINEの中で話を完結させないようにすることでツァイガルニック効果を期待することができるでしょう。

ミラー効果を使う

ミラー効果とは、口調や動作が似ている相手に対して親近感を抱くような効果のことを言います。例えば、独特な口調を「あえて」真似してみることで、ミラー効果を狙うことができます。そういった独特な口調は、語尾に出やすいので、相手の語尾に注目してみると良いでしょう。

自己開示をする

リアルではなくLINEで会話することで得られるメリットは、相手に考える時間を作ってあげることができることが1つあるという話をしました。そういった場合に効いてくるのは、自己開示の効果でしょう。

相手に自分の弱みや悩み事を打ち明けることで、お互いの好感度が上がることを自己開示と言います。自分にとっても、目の前では言いづらいこともLINEだといいやすいかもしれませんね。

逆にLINEでしてはいけない失敗例

心理学的に効果のあるLINEのテクニックについて、お話ししました。では、逆にLINEでしてはいけないNGパターンについてお話ししていきたいと思います。

意味のない日記のようなLINE

好きな人や気になる人に、あなたのことを知ってほしいという気持ちがあることはわかりますが、相手は本当にそういう話に興味があると考えていますか?

例えば「買い物なう」や「食事なう」のような日記のような投稿に対して、相手は興味があるとは限りません。もちろん、付き合って長い家族のようなカップルではそういった会話も単純接触の意味合いで良いかもしれないですが、まだ相手との信頼関係も構築できていない、距離を近づけようとしている段階で、日記のようなメッセージは避けた方が良いでしょう。

基本的には、芸能人ですら、そういった意味のない日記は興味がないことが多いので、注意が必要です。返信にも困ってしまいます。

長すぎるLINEメッセージ

もう一つ、長すぎるLINEメッセージは嫌われやすいです。性格心理学上、特に男性は、要件をコンパクトに求めている思考をしていることが多いと言われています。 そのため、長いLINEには、重たいと感じたりします。最悪の場合には、「メンヘラ」と言われてしまったり、不快感を与えてしまう恐れもあるでしょう。

できる限り、短いラインで、相手に伝わるように、ポジティブに送ることが大切です。

必要以上の疑問形

会話を盛り上げたり、話を続けるコツとして、5W1H(なぜ、いつ、どこで、なにを、誰が、どのように)を使うことは有効だと言われています。しかし、5W1Hの中でも、WHYを会話の中で使うのは通常は詰められている気分にもなるので、恋愛においてはあまり使わないのが吉でしょう。

 

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。