恋愛心理学

恋愛上手になる為に、相手を傷つけないための心理学

人と関わりあうということは、完全に自分の思い通りにならないもので、恋愛で相手を傷つけてしまったり、傷ついてしまったりすることは避けては通れないものです。

特に、男性と女性の異性問題になってくると、余計に自分が思っている通りにはいかなくなり、傷つきやすくなるものです。

今回は、恋愛をより上手く展開させる為に、相手を傷つけないことを目的に、心理学を通して理解を深めていきましょう。

マズローの五段階欲求で考える

まず、相手を傷つけることを考える為に、上の図のようなマズローの五段階欲求のピラミッドについて説明したいと思います。

上記の図はマズローの欲求段階説、欲求五段説と呼ばれており、アメリカの心理学者であるマズロー氏が提唱する、人間の基本的欲求の構造です。仕組みとしては低階層の欲求が満たされることで、高階層の欲求を欲するというような構造です。

すなわち、生理的欲求が満たされると、安全欲求を満たそうとするし、承認欲求が満たされると自己実現欲求を満たそうとする、というようなモデルです。

自己実現欲求とは?

自己実現欲求とは、このマズローのモデルでは最も高階層にある欲求であり、自分の持つ能力や可能性を最大限に発揮したいと思うような欲求のことを指しています。

承認欲求とは?

承認欲求とは、親和欲求が満たされた後に生まれる、誰かに認められたい、SNSで多くのいいねを獲得したいなど、自分個人が周りの人々に存在価値を認めてもらいたいと思うような欲求のことを指しています。

最近では女性も承認欲求が強くなってきていますが、比較的男性の方が承認欲求が強いと言われています。承認欲求が強いと、プライドが高かったり、攻撃性が高くなります。

親和欲求とは?

親和欲求とは、周りの人と同じでありたい、協調性を大事にしたいというような欲求になります。当たり前を失った時に、当たり前が恋しくなることがありますよね。そのような当たり前を欲するような欲求に近い欲求となります。

性格心理学では、比較的男性より女性に強く出ている欲求であることがわかっていますが、親和欲求が強いと、周りに対する共感力が強くなります。

安全欲求とは?

安全欲求とは、地震や雷、火事などの天災から逃れたいという欲求や、病気や事故で死にたくないといった欲求のことを指しています。

生理的欲求とは?

生理的欲求とは、生きていく上で死なない為に、物を食べたり、睡眠を取ったり、排泄をするなどの基本的な欲求になります。

性格を見極めて傷つくポイントを探す

性格心理学では、多くの男性が論理的に問題を解決することに対して、多くの女性は倫理的に物事を解決すると言われています。すなわち、女性の場合には、話を聞いて理解してもらうことが大事ですが、その一方で男性はプライドが強く出てしまう傾向があります。もちろん、女性が全てそうだ、男性が全てそうだという訳ではないので、見極めは必要です。

すなわち、マズローの五段階欲求で考えると男性は承認欲求が強く出ることが多く、女性は親和欲求が強く出ることが多いということです。

その為、プレゼントを用意した場合でも、男性の場合には懐疑的であることも多々あります。つまり、相手がどう思うか考えきれてないことも多々あるでしょう。なので、善意をストレートに「批判」と誤って受け取ってしまうことも多いでしょう。

一方で女性には、自身のプレゼントに共感されないことに対して腹を立てることがあると言われています。

恋愛に特化して作られた診断テスト

MBTIやエニアグラムといった性格診断は、万能に全体像を把握すること・傾向を理解する中でかなり参考になります。一方で、恋愛に焦点を絞った無料の診断テストも世の中には様々あります。『エンジェル性格診断』『アイピック性格分析』が良い例です。恋愛観に特化して性格診断できるので、是非性格診断に合わせて恋愛の性格診断も試してみてください!!

婚活を考えられている方や結婚観を知りたい場合は「婚活EQ診断」の性格分析も、かなり参考になるでしょう。EQとはこころの知能指数とも呼ばれており、EQを測定できる診断テストは希少です。

新しい恋愛を始めたい・出会いを見つけたい方は、メンタリストDaiGoさんがやっている性格分析に基づいた出会い系サービスを始めてみるのも良いかもしれません。一部上場企業が開発しており、何より信頼できます。女性比率が多いので男性の方も良い出会いがあるかもしれません。

運命より、確実。恋愛婚活「with」を試してみる

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。