夢占い

【夢占い】戦争に関する夢の7つの意味

戦争で死ぬ夢は新しいアナタの誕生を意味しています

戦争の夢は今までの環境を壊して、新しいものを生み出すという意味です。
ドキッとしますが、現実の世界で本当に死んでしまうわけではありません。
死ぬ夢は、今までのアナタの価値観や思いこみが崩れるメッセージです。
これから、ものの見方や考え方が一変する出来事が起きるかもしれません。
子供の頃から培ってきた考え、習慣などがガラッと変わるときです。
そこではショッキングなことも、嬉しいこともあるでしょう。
その気持ちの大きな動きが、戦争で死ぬという夢に出てきます。

武器を調達するなど、戦争の準備をする夢

戦争の準備をする夢は、これから世の中で戦っていくことを意味します。
一般的には、社会人になってライバルたちと切磋琢磨することです。
学生生活であれば、スポーツや受験といった競争の場面です。
恋愛では恋人との間に大きな気持ちの変化が訪れるかもしれません。
ひとつの目的に向かって準備する夢なので、これから忙しい時間が増えるかもしれません。
自分の体力や気力をもう一度整えておく必要があります。
現実の世界でもしっかりとした準備をしておきましょう。

銃を持って戦争する夢

銃はアナタの強みや特徴を表します。
銃を持っている夢は、社会生活でのアナタの強いスキルや特技です。
仕事でも学業でも、他者には負けないスキルや分野があるというメッセージです。
自分の大きな強みに気付くことができるでしょう。
戦場は競争する日常を表しているので、そこで生き抜くための手段が銃になります。
銃を撃っている夢は、これからアナタのスキルが発揮されることの表れです。
仕事や学業、スポーツなどでエースとして活躍できる存在になるでしょう。
また、恋愛では自分の魅力をアピールできるチャンスです。
好きな人に対して激しい感情の起伏があるかもしれません。
その場面における銃は強いアピールポイントになるでしょう。

手榴弾を投げる夢

手榴弾が出てくるのは、陸上での戦闘シーンです。
手榴弾が飛び交う戦争の夢は、アナログチックな活動の場面を表します。
スポーツや体を動かす仕事で、アナタが活躍するというメッセージです。
ある特定の目標が定まっているので、そこへ向かって自分のスキルが発揮できるでしょう。
それとは対称に、ロケットミサイルや戦闘機などは、デジタルな世界での活動です。
デスクワークや勉強での活躍を表します。

戦争で隠れる夢

戦争で身を隠す夢は、周囲と同化することを意味します。
戦場は競争する社会の暗示ですが、その中で違和感のない自分がいることの表れです。
激しい環境の中にいるアナタは、その場所に適応しているということです。
周囲とうまくやっていけてるだろうか?
他の人は自分をどう思っているんだろうか?
人間関係などで少し悩んだ場合なども、隠れるという夢が解決へのメッセージを出してくれています。
また、これから回ってくる出番を表す意味でもあります。
今は虎視眈々と攻撃のチャンスを狙っている状況です。
アナタの存在が注目され、思い切って成果をあげるときがやってきます。

戦争で勝つ・負ける夢

戦争に勝つ夢は、競争に勝つというメッセージです。
仕事や学業でライバル企業や相手に勝ち、成果をあげるという意味です。
現実と直結する夢で、大きな期待ができます。
戦争に負ける夢は、競争に負けるというメッセージです。
しかし、戦争での負けは新しい環境ができることの表れでもあります。
これからアナタには新境地がやってくるかもしれません。

戦争から逃げる夢の意味

戦争は、今までの生活で続けていた習慣や環境がリセットされ、新しい習慣や環境が始まることを暗示していますが、その中でも戦争から逃げる夢は、生活上でストレスを感じていて新しい環境や習慣に適応できない状態であることを意味しています。
現在トラブルに巻き込まれていたり、困難を感じている状況なのではないでしょうか。
新しい環境やチャンスを受け入れるためにも、リフレッシュを適度に取り入れる必要があるでしょう。

戦争で死ぬ夢の意味とは?

戦争で死んでしまう夢は、吉夢です。戦争の夢は、新しい始まりや出来事を暗示しており、「死」は新たなスタート・生まれ変わりという意味を持っております。戦争で死んでしまう夢は、新しい生活・習慣があなたを待っていることを意味しています。運気は上昇中とも言えるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。