MBTI

【MBTI】ESTP型(起業家タイプ)の7の特徴

ESTPは物事に柔軟に対応でき、そして余裕を持っている事多いです。そんなESTPは目の前の結果に焦点を当て、実務的なアプローチを取ります。

理論と概念といったものは苦手であり、それよりも、問題を解決するために精力的に行動したいと考えているでしょう。今この瞬間に焦点を当て、ESTPが他の人と何か行動することが楽しいと思っているでしょう。実際に足を使うことで学んでいるタイプと言えるでしょう。

どんなMBTIのパーソナリティータイプにも、4つの心理機能があります。
そのような4つの心理機能は、情報を取り入れたり判断したりするために使用します。
思考(N)と感覚(S)は情報を認知する時に使用しますが、一方で感情(F)と論理(T)は情報を処理する時に使用します。

心理機能には色々と説がありますが、最も得意な心理機能から順に並べられます。
ESTP型は、Se Ti Fe Niと言う順に心理機能を使います。
ここで出てくるアルファベットは心理機能と呼ばれ、どのように情報を処理するかを意味しています。
アルファベットの順番には意味があり、左にあるほど得意であり、右にあるほど不得意と言われています。

あわせて読みたい
【MBTI】MBTIとは?【MBTI】mbtiとは? 1.MBTIについて 2.4つのアルファベットについて 3.外向的(E)・内向的(I)の違いとは 4.外向型(E)の特徴 5.内向型(I)の特徴 6.感覚型(S)・直観型(T)の違いとは 7.感覚型(S)の特徴とは 8.直観型(T)の特徴とは 9.感情型(F)と思考型(T)の違いとは 10.感情型(F)の特徴とは 11.思考型(T)の特徴とは 12.知覚(P)・判断(J)の違いとは 13.知覚型(P)の特徴 14.判断型(J)の特徴 ...
あわせて読みたい
【MBTI】ユングのタイプ論についてユングのタイプ論とはなんでしょうか?そもそもユングとは、内向性・外向性など説明します。 1.ユングとは? 2.外向性と内向性 3.補償という考え方 4.タイプ論における感覚・直観・思考・感情 5.タイプ論における8タイプ 6.外向的直観(Ne)について 7.内向的直観(Ni)について 8.外向的感覚(Se)について 9.内向的感覚(Si)について 10.外向的思考(Te)について 11.内向的思考(Ti)について 12.外向的感情(Fe)について 内向的感情(Fi)について ...

ESTPは野生のスピードスター

ESTPは基本的に自発的で、活動的な人々です。じっくり考えるよりも、先に行動するスタイルで、突破力があり、他のパーソナルタイプと比較してもスピード感があります。また、そういったスピードだけならず、野生的な側面があり、外に出て何か行動をすることを好むことが多いでしょう。

ESTPはギャンブラー

ESTPはスリルを求めていることが多いでしょう。ドキドキハラハラするような勝負をすることを楽しんでおり、スポーツやビジネス、ギャンブルの好きなのも、人生にスリルを求めている事から言える事でしょう。ギャンブラーですが、勝負にはこだわりを持っており、競争を勝ち取ることには執着している事もあるでしょう。スポーツ選手にも多いタイプといえます。

ESTPが好きになる人とは?

ESTPは一緒に活動していて楽しい人を好きになることが多いでしょう。ESTP自体が行動的で、「まずは「行動」というのがモットーですので、伝統的な保守気質なタイプや、計画的で堅いタイプとは相反する事もあるでしょう。そして、ESTPと行動を共にする際には、柔軟性を持ち多めに見ることや、面白いことに興味があることが大切でしょう。

ESTPは落とし所をつけるのが苦手

ESTPは、「まず行動」がモットーなタイプで、突破力や行動力のあるタイプだと言えるでしょう。その一方で、劣勢機能に内向的直観があります。いい意味でも悪い意味でも野生の動物のようなESTP型にとって、長期的な計画や、落とし所をつけるようなゴールの設計力はいまいち苦手であることが多いでしょう。

ESTPのリーダーシップ

ESTPは持ち前の行動力と、鋭い観察力から周りのリーダーになる事も多いでしょう。ESTPの長所は、誰よりも早い問題解決力や、誰よりも早い問題発見など、スピード感にあります。そのため、短期的な結果を求める事も多いでしょう。問題に直面すると、持っている鋭い観察力を使う事で、最適な解決法を提示できます。

ESTPの社会適合力

ESTPが社会に適合するためには、過度な圧力や過度な束縛のようなルールの環境をなるべく避ける必要があるでしょう。ESTP自体も、柔軟性のある作業環境で仕事をしたいと考えており、そういった環境はESTPの生産性を下げることに繋がることでしょう。

ESTPは、特に目の前の問題を解決することが得意であり、実用的な方法で、最善の結果を残すことができるでしょう。

 

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。