MBTI

ESTJと他タイプの相性や人間関係

ESTJの人間関係

ESTJは現実的に物事を解決する行動的なリーダータイプです。そんなESTJは、物事を仕組み化し、ルールや規律を作り統制を取りコミュニケーションを取る役割を引くいけます。ESTJは何を求めており、どのようにすれば良いかを明確にし、それら必要なステップとやるべきことの方法について説明してくれることでしょう。
ESTJは問題が起こった際に議論や批判も受け付けており、対立することもありますが、根本的にルールを重んじる姿勢や事を成す為に努力をしたいだけです。
ESTJはプロセスが計画通りかどうか、そしてその結果が伴っているかじっくり見ており、ルールを乱したり不適合な結果やプロセス対しては厳しいでしょう。

ESTJが恋人や友達である場合

ESTJが友人や恋人になる場合には、ESTJは責任感があり、自分の主張を持っていることでしょう。ESTJは日常生活や家族間での伝統的関係を強く尊重しており、家庭内が安全であり安心できる生活を送れる事を求めています。そのため、規律正しく、ルールのある環境にしようとする傾向があるでしょう。

ESTJはスケジュールやプロセスに関して、友人や恋人に対して少し強引なところがあるかもしれません。
ESTJの強いこだわりから、友人や恋人はESTJに対して焦りを感じてしまうこともあるでしょう。そういう問題も起こりがちですので、ESTJは周りの人のことも理解して柔軟に対応する必要があるでしょう。

ESTJは基本的に、信頼できる関係や、伝統的な人間関係(上下関係を重んじるなど)を尊重する生活を望んでいます。その為、ESTJの価値観を理解してくれる人や、ESTJから見ても理解できる献身的な人を強く尊重することでしょう。

両親としてのESTJ

両親になったESTJは、子供に対しても明確な役割・期待を持っています。
第一に、ESTJは子供に対しても伝統的な人間関係を重んじて欲しいと思っています。子供に対しては、ルールややる事を明確に要求し、これに苦情なく取り組む事を期待しています。ESTJの親は、子供を管理しすぎるところから、過干渉になりがちです。しかし、ESTJの親は、子供に対して、勤勉で社会のルールにしっかりと適応できる子供に育って欲しいとの願いからです。

ESTJは、結婚式や休日の外出など、文化や伝統を重んじる伝統主義者であることから、そういった伝統を通し子供と距離を近づけることもあるでしょう。

ESTJと他のタイプの相性

ESTJと相性のいいタイプ

ESTJと最も相性の良いタイプは、ENFP,INFP,ESTJ,ISTJの4タイプと言えるでしょう。

これらの4タイプは、根本的に使用している心理機能が似ていることから、共通した価値観を持っているか、共通した考え方を持っていることが多いでしょう。

そういったことから、性格や価値観を理解しやすいタイプですので、生活スタイルや価値観が似ていることも多いでしょう。必ずしも共通した価値観や考え方ではないですが、根本的には同じであることが多いです。その為、仲良くなりやすいというのはあるでしょう。

ESTJと場合による関係のタイプ

ESTJとの関係性で、場合によっては仲良くなるタイプは、INTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプです。

これらの4タイプは価値観が全く同じ訳ではなく、いくつか異なる部分を持っていますが、他のタイプよりも比較的共通点が多かったり、価値観が似ていることから、近づきやすく、違いを魅力として受け取れる可能性が高いタイプと言えるでしょう。

価値観の違いが魅力に感じ合うことができれば、一気に距離を近づけることができますが、対立する可能性もそこそこありえる関係です。対立する場合には、事実よりも自身の価値観や経験的な部分が作用していることが多いでしょう。

ESTJと補完関係

ESTJと補完関係にあるタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプとなります。

これらの4タイプは対立的な価値観を持っていながらも同じように自分の世界観や価値観を持っている部分が共通してます。価値観や考え方は違いますが、痛みを感じることができる仲間であり、お互いを支え合うことができるような関係にも進化させることができるような関係です。

価値観や視点の違いから、学ぶことも多い一方で、理解することには時間がかかることも少なくないでしょう。近づくことができれば、お互いの弱点を補うことができる良い関係になっていくことでしょう。

ESTJと対立的な関係

対立的な関係にあるのは、ISTP、ESTP、ENFJ、INFJの4タイプと言えるでしょう。
この4タイプの人々は、ESTJの価値観や考え方と対立するタイプですが、その一方で真逆の価値観であることから、学べる機会も多く提供されることでしょう。そういった意味でも、ESTJに試練を与える存在にもなるタイプです

これらの4タイプは、価値観が異なるので、理解に苦しんだり、間違った人々だと見なしてしまうかもしれません。しかし、ESTJの深い洞察力を生かすことで、理解し、学びの機会に繋げることができるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。