夢占い

【夢占い】夢で宇宙人が暗示する5つのメッセージ

宇宙人の夢が持つ基本的な意味とは

あなたが宇宙人の夢を見たとき、解釈の仕方には3通り考えることができます。
一つめは、「理解を超える存在」としての見方です。夢に宇宙人が登場したら、今までは未知数だったあなたの可能性がひらかれたり、それを開発してくれる相手やチャンスに恵まれることを示唆します。突然その扉は開かれ、何がなんだかわからないうちに価値感を揺るがすようなことが始まっていくでしょう。ただ、それはいままでの限界を打破するものなので、理解を超えていると自分で考えてしまうだけです。
二つめは、「現実世界との接点をもっていない」存在との出逢いを示唆します。宇宙人という存在が、外国人や異文化の民族よりも更に異なる価値感を持っていると感じられるために、現実世界でも、あなたにとって交流が難しいと思う存在があるのかもしれません。
3つめは、「未知の世界への好奇心」です。見知らぬ土地にあなたが移動することになったり、日常的に未知の世界に憧れを持っている場合も考えられるでしょう。時には、新鮮な環境を待ち遠しく思いながらも、焦りや不安に襲われてしまうこともあります。このような場合はリラックスを心がけ、気持ちに余裕を持つことが大切です。これらの中で、自分の今の生活との関連性を検討して、夢の意味を導き出すのがよいでしょう。
また、「宇宙人」というシンボルが示す価値感や思考が、あなたにとって相応しいチャンスとなるかどうかを見極めるためには、想像性が試されます。まず、未知の人と出会ったあなたが何を感覚的に受け取るかが重要で、恐怖しか感じられない、謀られている、としか感じられないこともあるでしょう。逆に期待通りで、今後パートナーとして歩んでいける人と出逢えた、と感じるのかはそれぞれに委ねられます。

宇宙人と仲良くなる・話す夢

宇宙人と仲良くなるような夢なら、現実世界でも、今までの価値感が大きく変ってしまうような存在と出会える、というメッセージです。友好的に「話し」をしているようなら、今後こうした人達と仲良くなる機会が増え、役立つアドバイスをもらえることになるでしょう。

宇宙人と戦う夢

宇宙人は、中世における天使の役割を果たす存在であるとも考えられています。奇跡的な救いを求めていることを示し、自分にはどうしようもない問題に立ち向かっている時にも見るといえるでしょう。とりわ「戦う」場面は10代の頃に多く見られ、家族内のトラブルや経済的な苦労などがこの夢の原因となります。大きなストレスを抱えているため、といえますが、自力では解決できないもどかしさ、心の痛みから、問題の解決能力を求めて戦っている場合があります。ただ、この夢はネガティブな心理の反映だけではありません。自ら困難と向き合い、独自の力を発揮して、自力ではい上がろうとする姿勢の表われでもあるからです。

宇宙人から逃げる夢

どのような場面でも「逃げる」夢はストレスの反映といえます。現実世界で身体的に無理をしている、などの場合もあるでしょう。しかし、職場でも学校でも、組織内の中であなたの力では太刀打ちできず、逃げ回ったり、知恵で出し抜くしかない、と必死に解決しようとしている、と解釈することのほうが納得できるはずです。また、子供がこのような夢を見る場合、非常事態や環境の変化が原因していることもあります。それは大人から見れば否定的な出来事ではない場合もあるでしょう。例えばそれまでの家より広い家への引っ越しであったり、赤ちゃんの誕生といった変化でも、子供には未知の世界であり、不安を感じる要素となりえるからです。

宇宙人を見て怖いと感じるような夢の意味

宇宙人を見て怖いと感じるような夢は、あなたの健康運が低下していることを暗示しています。
この夢を見た場合には、あなたが風邪をひきがちであったり、ストレスを感じ始めていることを暗示していることが多くあります。例えば、無理をして仕事をしすぎていたり、虫歯を放置していたりする場合に、悪化していることを暗示しています。早めに解決する必要があります。

あなたが宇宙人になる夢の意味

あなた自身が宇宙人になった夢の場合には、吉夢です。あなた自身が宇宙人になるような夢は、あなたが周りの人との生活を上手く過ごしていることを暗示している、すなわち人間関係が良好であることを暗示しており、また心身共に好調であることを意味しています。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。