MBTI

ESTPの恋愛は?ESTPの恋人の特徴

ESTPの性格と恋愛の特徴

ESTPは遊び心を持っており、エネルギーに溢れている自発的なタイプです。ESTPは人生を生きることは「冒険」だと考えており、楽しいことや危険な体験までも経験したいと考えているでしょう。ESTPは恋人と共に、多くの経験をしたいと考えていることでしょう。そのような多動力のあるESTPと交際することは退屈しないことでしょう。ESTPは常に動き回り刺激を求めています。

ESTPはそのようなスリルを求めた探求者であるので、恋愛関係にもスリルを求めることがあるかもしれません。すなわち、興味の移り変わりと同じように、女性に対する感情も移り変わる可能性が高いと言えるでしょう。成熟したESTPは生涯にわたる深い関係の重要性を認識するので、そのような関係に至る恋人を求めていることでしょう。

ESTPはわかりやすいストレートな言葉を使うことでしょう。ESTPは思ったことがすぐに言葉に出るので、オブラートに包むこともしないでしょう。ESTPは批判を受けることにも柔軟であり、恋人に批判やネガティブな発言を受けたとしても特に気になることはないでしょう。しかし、ESTPの発する言葉に恋人は傷つくことがあるでしょう。そのため、ESTPは相手を思う言葉をかけるように努力する必要があるでしょう。

ESTPは単純性を好む

ESTPは何事においても、シンプルであり単純であることを好むでしょう。ESTPは合理的に物事を考えることは得意ですが、ESTPの恋人が情緒的な問題を抱えている時に、迷走することが多いでしょう。ESTPはシンプルに考えるので、人の感情など感情の世界を理解することが難しいのです。恋人には理解されないかもしれませんが、ESTPは恋愛においては不器用なのです。

ESTPは遊び心がある

ESTPは自発的で遊び心がある野生的なタイプですが、ESTPは組織の中で構造化を進めていくことには向いていないことでしょう。器用なタイプですが、そのような構造化は苦手としています。時間に縛りがあるなどの、ストレスの環境を嫌っており、自分のペースでやりたいと考えています。目立ちたがり屋であり、強気であるタイプですが、仕事がおざなりになってしまうことがあり、恋人や職場の人を困らせることがあるでしょう。

ESTPはお金を多く使う

ESTPは貯金をすることよりも、お金を使っていきたいと考えているタイプです。お金を使うことで。彼らにとって、将来に繋がる経験を多くしたいと考えているのです。ESTPにとってお金はそのようなツールです。ESTPは恋人へのプレゼントや旅行などに衝動的に気まぐれに使うことがあるでしょう。支出に関しては、将来の計画性がないので、恋人にストレスを与えることもあるでしょう。

ESTPの恋愛の長所

  • 熱狂的で行動的
  • 愛情表現も壮大
  • 人生が刺激的で冒険的
  • 恋人に合わせて自分のライフスタイルを操作できる

ESTPの恋愛の短所

  • 飽きっぽく、平凡に耐え難い
  • 新しいことに興奮しすぎている
  • 感情的課題が苦手
  • お金に衝動的である

ESTPが恋人と関係を築くためには

ESTPが恋人と関係を築く上では、以下のポイントに注意する必要があるでしょう。

長期的な視野を持つ

ESTPが持っている遊び心や、人生を楽しむその性質は他の人にとっても魅力的に映ることでしょう。ESTPの人がちょうど一緒に楽しい時間を過ごしたい友達を探しているならば、カジュアルなデートを心がけると良いでしょう。ESTPは誰かと別れることで、感傷的になる可能性が高いです。その一方で、関係を続けることができるのであれば、深く恋愛関係に発展させることができるでしょう。

恋人に肯定的になる

ESTPは素直中の素直なタイプです。相手が思考タイプの場合にはうまく行くかもしれませんが、世の中には感情タイプの人間も多いでしょう。そうなってくると素直なESTPの発言が感情的な人を傷つけることも多くなるでしょう。そして、批判的になりがちなために、相手のポジティブな箇所を見つけ、相手を肯定するように、褒めるようにする努力が必要でしょう。

浪費家であることを解決する

ESTPは衝動的にお金を使うことによって、一時的に嬉しい気持ちになるかもしれませんが、後で後悔することが多いでしょう。一人の人間として、他の家族の誰かに関するお金ではない場合には問題ないでしょう。しかし、家庭の中の貯金を使用することなどには注意が必要です。

ESTPと恋愛する上でのポイント

自由を与える

ESTPには制約を加えるだけでなく、ある程度の自由が必要です。ESTPは自由を求める人であり、自然に生きる中で自由であることを求めるでしょう。自由を束縛されていると感じた時、ESTPは不快に感じストレスになるでしょう。もし、恋人がESTPの行動をコントロールしようとしたり、自由をしばりつけようとすると、逆効果になるかもしれません。ESTPは天邪鬼な側面があります

ESTPの多動力を理解する

ESTPは行動力こそあるものの、計画を大きく変える可能性の高いタイプです。その瞬間、瞬間で考えていることが変わるタイプであり、土壇場で大きな意思決定を変更することもよくあるでしょう。ESTPと付き合っていく上では、彼らと折り合うための調整には時間がかかる可能性が高いでしょうが、ESTPの持っている計画性を理解し、可能であれば、サポートしてあげると良いでしょう。

ストレートに会話する

ESTPはオブラートに包まれた発言を理解できないことがあるでしょう。ですから、ESTPに対して何か言いたいことがある場合には、直接、ストレートに発言すると良いでしょう。ESTPは反応的なタイプですので、その瞬間ESTPはキレてくる可能性も高いですが、その後で塾考したのちに、考えを改めるでしょう。そして、もし悪いと感じた場合には謝罪するでしょう。攻撃を受けたくないと考えて、あえて伝わらない発言をするよりも、そういう人だと割り切ってコミュニケーションすることも大切です。

恋愛に特化して作られた診断テスト

MBTIやエニアグラムといった性格診断は、万能に全体像を把握すること・傾向を理解する中でかなり参考になります。一方で、恋愛に焦点を絞った無料の診断テストも世の中には様々あります。『エンジェル性格診断』『アイピック性格分析』が良い例です。恋愛観に特化して性格診断できるので、是非性格診断に合わせて恋愛の性格診断も試してみてください!!

婚活を考えられている方や結婚観を知りたい場合は「婚活EQ診断」の性格分析も、かなり参考になるでしょう。EQとはこころの知能指数とも呼ばれており、EQを測定できる診断テストは希少です。

新しい恋愛を始めたい・出会いを見つけたい方は、メンタリストDaiGoさんがやっている性格分析に基づいた出会い系サービスを始めてみるのも良いかもしれません。一部上場企業が開発しており、何より信頼できます。女性比率が多いので男性の方も良い出会いがあるかもしれません。

運命より、確実。恋愛婚活「with」を試してみる

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。