MBTI

ENTJの性格を理解するために

ENTJは非常にタフな精神の持ち主であり、タスクを片付けること、そして決断力に特化しているパーソナリティです。彼らは迅速に状況を分析し、効率的ではないものを見つける能力に秀でていて、今の状況をより良いものへ改善していきたいと常に考えているのです。

リーダーになることも多いENTJ

ENTJはあらゆるプロジェクトに自分が関わっていることを望み、組織を統括し、雇用者や資産を運用していく役割を率先して引き受けます。というのも彼らは、チームを率いて目標をクリアしていくことを生きがいとしている、機知と野心に富んだリーダーなのです。

怖いと言われるが、勉強家で分析家なENTJ

それでいて彼らは、情に流されることはない、独立した視点から物事を分析できる思想家という側面も持っています。そのため他のNTタイプと同様にENTJも、まずは物事を疑うことから入り、批評したり、相手に議論を挑むことに躊躇がありません。そして他のNTタイプと同様にそこに悪意や害意はなく、彼らは状況をより良いものへと変えたいだけなのです。

ENTJとコミュニケーションを交わすとき

あなたがENTJと言葉を交わす機会があったとき。以下のことを心がけてみましょう。

ENTJに対しては、自分の強い点・能力をしっかりと主張する

ENTJは「あなた」を尊重します。それはENTJがあなたの保有している能力や経験、自信を理解し、あなたを重用することを意味します。ENTJは積極的に、あなたの持っている強みを活用できるような環境を用意する努力をしてくれるでしょう。

そしてENTJにあなたという”資産”を活用させるためにはまず、ENTJに対してあなた自身をプレゼンテーションしなければいけません。ですのでENTJに自己紹介をする際には、謙遜はせず、あなたに関するありのままの事実を伝えましょう。勿論、誇張はいけません。

それと同時に、ENTJに自分自身をプレゼンテーションする際には、ENTJから批判めいた質問がくる可能性があることを知っておきましょう。ですがそれはENTJが今後の為に、あなたをもっと知っておきたい、あなたについての情報を欲しているだけです。そこに悪意はありません。

しかしENTJに対するプレゼンテーションが失敗し、ENTJがあなたを「求めているレベルに達していない」と判断したとき。彼らはあなたに敬意を払わないでしょうし、積極的にあなたを活用しようとはしてくれないでしょう。

ENTJのストレスになる雑談は控える

ENTJはそれが仕事に関連するものでなければ、世間話や趣味の話、その他個人同士のパーソナルな話などは時間の無駄だとして、極力省きたいと考える、仕事一筋のパーソナリティです。

ですので彼らと仕事に関する会話をするときには、話題が脱線しないよう心がけましょう。そして話は簡潔であることを意識し、遠回しな表現も避けましょう。本筋と関係の無い話や、回りくどく無駄に長いはENTJの苛立ちを募らせ、彼らの中にあるあなたの評価を落とすだけです。

そして彼らとの会話の後は、速やかに仕事へ戻りましょう。あなたが果たすべき仕事を終わらせるために、くだらない寄り道はせずに真っ直ぐ取り組んでください。ENTJは無駄なく手際よく、そして熱心に業務へ取り組む姿勢を高く評価し、その相手に対しては礼を払います。

ENTJは冗長な情報を嫌う

ENTJは会話の中で、ざっくりとした将来像に焦点を当てることがよくあります。

彼らはその能力により、あなたが語る少ない言葉や少しの行動から、あなたの考えていることを予測し、時にあなたよりも先に、目指すべきゴール地点を見つけることができます。そうしていち早く、そこを目指した行動を取ることが出来るのです。

そういった特性ゆえに、ENTJは先を急ぎます。その為、詳細をおざなりにしがちです。

人々が、既存の出来事の詳細にばかりこだわり、将来の展望に関する話ができないでいると、ENTJは次第に焦っていきます。ENTJにとって詳細とは、後から詰めていけばいい事柄であり、最優先すべきは大まかな道筋を決めることであるからです。

ですので彼らと対面して、レスポンスの早い会話や議論を行うとき。今この場では何が最優先されるべきなのかを理解し、ENTJと同じように話の本筋を注視する努力をしましょう。

話の本筋を掴んだ時に、詳細の報告が今この場では特に必要でないと感じられた際には、詳細の報告は後回しにしましょう。後日に、報告書やEメールに詳細をまとめて提出っするといった方法を取ってください。

衝突が起こってしまったとき

人間関係にはどうしても、意見や立場の衝突がつきまとうものです。

それでは、ENTJとの衝突を引き起こす可能性があるポイントと、それを回避するための方法を見ていきましょう。

ENTJは合理には冷酷なので、感情を持ち出さない

ENTJは業務に個人的な感情を巻き込むことを嫌う、冷静であり冷徹なタイプです。彼らは主に、感情とは「業務に支障をきたしかねない、不合理なもの」であると感じており、感情に対する意見が異なる他者とは、完全に理解し合うことが難しいとも感じています。

そのためENTJがいる場面で、誰かの感情が爆発しようとしている時には、その感情が爆発する前に、誰かが爆発を防がなくてはいけません。危うい様子の同僚やあなた自身をケアし、怒りや不満、深い悲しみなどの感情を、発散させておく必要があります。

しかし仮に、誰かの感情がENTJの前で爆発したとき。ENTJはその大きな感情にストレスを感じ、今度はENTJが、誰にも予想不可能な突然の爆発、つまり鎮めることが困難なヒステリーを起こすことがあるのです。

ENTJとコミュニケーションをとるときは、感情を会話から締め出し、論理的、合理的、そして客観的な点を保ってください。もしもENTJの前で感情的になってしまった場合、ENTJは誰にも予測できない大惨事を引き起こす可能性が出てきます。

ENTJのストレスを理解する

ENTJは、状況を自分がコントロールしているという感覚と、必要に応じて変更や改善を加えることが大好きです。彼らは生粋のリーダー気質であるといえるでしょう。

しかし全ての人々が彼らに支配されることを望むわけではありませんし、そして状況に不満はあっても改善より現状維持を望む人々もいます。そのため、人々が何らかの事情や理由によりENTJの要求に「No」を突き付けはじめると、ENTJにはフラストレーションが募り、おそらくそれが原因となり周囲との衝突が引き起こされます。

フラストレーションが溜まったENTJが、我慢の限界を超えて遂に感情を爆発させるときは、前述のとおり誰にも予測できないであろう大惨事がやってきます。

そのため、ENTJが呈する疑問の声や、提案する改善策を無視してはいけません。それにENTJは何かを疑問に思っていたときには、日常的にその話題を口にしているはずですし、あなたはその話を耳にしたことがあるはずです。

なのでENTJの爆発を防ぐためにも、彼らの語る言葉には耳を傾けましょう。決して、彼らの言葉を軽くあしらってはいけません。もしあなたがENTJの意見に違和感を覚えたときには、臆せず積極的にその違和感をENTJに伝えてください。その時にはきっと、ENTJからもっと意見を交わすことを持ち掛けられるでしょう。

最終的にENTJが望んでいることは単に、今の状況がより良くなることだけです。彼らは頑固であるわけではありませんし、むしろ活発な議論が行われ、より多くの意見があがり、それによって最良の解決策が誕生することを望んでいます。ですので、ENTJからの挑戦には尻込みせずに、あなたは喜んで受けて立つべきでしょう。

ラスボスタイプのENTJは行動も早い

ENTJは即断・即決・即行動タイプであり、迅速に物事を動かしたいと感じています。そのためENTJが「まさに、今しかない!」と機会を見たときには、彼らは可及的速やかに行動し、直ちに完遂されるべきであると考えます。

そんなENTJが所属しているチームの、他のメンバーたちが、あまりにも行動に移すことに対し消極的である場合。ENTJの苛立ちが募っていきます。ましてや他のメンバーたちが無駄話ばかりをして、時間を潰していたら、ENTJの苛立ちは次第に怒りへ変わってしまうかもしれません。

もしあなたが、すぐに行動を起こしたがるENTJに対し「まだ時期尚早だ」と感じるのであれば、ENTJにその旨を伝えましょう。そして彼らと、行動を起こす必要性および行動へと移す機会と時期について、議論を重ねてよく検討するようにしてください。

ENTJのコミュニケーションスキルの成長

もしあなたがENTJである場合、下記のものを成長のために必要な道として考え、改善していくよう心掛けていきましょう。

ENTJとは感情的なつながりをもつ

あなたは無駄のないやり方で仕事をしていますし、あなたはまっすぐに目標へと辿り着くことを好みます。しかし無駄を徹底的に省きたがるあなたとは違い、同僚たちと深い関係を築くことを好む人もいれば、個人的に相性がいいと感じる人たちと仕事をすると、より良い仕事ができるようになる人もいることを理解してください。

たまには職場の同僚とコーヒーを一服する機会を共にし、業務外の出来事に関する話題や、話題さえもよく定まっていないようなくだらない会話を、同僚たちと交わすことを楽しんでください。あなたがあなたの私生活の少しを同僚たちと共有することに慣れることができれば、相手も相手のものを共有できるようになり、あなたは彼らへの理解をより一層深められるようになるでしょう。

お互いに腹を割って話せるような、そういった良い関係は、仕事上で大いに役立つはずです。

ENTJは仲間にも意見を求めるべき

あなたは決断を下すことが得意です。が、あなたはあまりにも、多くの決断をひとりで下しすぎています。そのため、他者の目にはあなたが「独りよがり」として映っている可能性があります。

そのような誤解を避けるためにも、ひとりで決断したり結論を出す前に、他者の意見に耳を貸すことを学び、他者の視点という有益な情報源があることを知り、先を急がず、忍耐強くなることを覚えましょう。

より多くの意見は、あなたに新たなものの見方を与えて、それによりもっと優れた案が見えてくることもあります。他者の意見を取り入れることにより、素晴らしい解決策が浮かんでくることもあるでしょう。

そしてあなたは、他者のペースに協調して、人の話を最後まで聞くことも学びましょう。結論を急ぐよう急かしてはいけません。ときに寄り道から、思いもよらぬヒントが得られることもあるのですから。

ENTJは実用的で詳細に伝えられる話し方を学ぶべき

あなたは要約されすぎていたり、あまりにも抽象的な全体像の話をすることを好むかもしれません。ですがあなたのそういった話を、すぐに理解できる人は限られてくるでしょう。それにお世辞にもあなたの説明は、分かりやすいものだとは言い難いことが多い可能性もあります。

そのためあなたは、誰が聞いてもすぐに詳細を理解できるような、丁寧であり実用的な話のまとめ方および話し方を学ぶ必要があります。

あなたがビジョンやアイデアを、他者と共有するとき。一度に全てをおおまかに伝えるのではなく、彼らの進行と共に前進するように逐次的に、そしてより具体的で分かりやすい内容に分解するように試みましょう。

もしくは口頭で伝えるのではなく、まるで料理レシピのような、簡潔で詳しい内容を箇条書きにし、それを順番に並べたリストを作成するという手法を取ってみましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。