MBTI

【職場におけるESTJ】ESTJのチームワークと仕事のモチベーション

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ESTJは真面目で誠実な伝統主義者で、プロジェクトやチームメンバーの組織化することを得意とし、熱心なタイプです。規則正しく真面目で前向きなESTJは、目標を設定し、実際に物事を成し遂げることを大切にしており、体系的かつ順を追ったやり方でプロジェクトを進めていく傾向があります。

ESTJはリーダーとしても活躍することが多く、周りの人々にもチームワークを大切にし、ルールを厳しく守ってほしいと思っています。ESTJは具体性を重視しており、ルールの範囲内で、論理的なやり方を好みます。

チームの中で、組織化されていないことを感じた時には、ESTJはプロセスやガイドラインなどルールを率先して作り、その結果として、より良いチームワークを生み出します。

ESTJの仕事へのモチベーション

ESTJは、経験を頼る性格であり、物事を判断する時には事実を重んじ、現実性を持って判断することでしょう。ESTJにとって、物事を正しいかどうか証明することは、過去を強く重んじています。例えば、過去には何がうまくいったか、過去には何を行ったか、といったように推測よりも証拠を重視し、自分が経験したことを信頼します。

ESTJは従うべきルールと満たすべき基準を定め、他の人々が自分と同様にルールに沿うように働きかけることができます。ESTJは社会的秩序を維持し、他の人とうまく組織化され働きあうことを望んでいることでしょう。

ESTJは、家庭でも仕事でもプロジェクトを管理するようなマネージャー職の役​​割を担うことも多く、目標設定・意思決定、およびタスクのためのリソースの編成をすることに優れています。ESTJは、効率性や生産性も重んじており、人やプロジェクトをうまく仕組み化させることで劇的に生産性を向上させていきたいと考えています。

職場のESTJな性格の人々の特徴

ESTJは、状況がどのように変化するか明確に計画し、そしてその計画を確実に行うためにしっかりとした準備をするタイプで、チームメンバーを指揮します。ESTJはタスク志向のタイプであり、準備には特に力が入っていることでしょう。ESTJは、几帳面な性格ですが、多くを抱えて負荷がかかっていることも多いでしょう。

ESTJは構造化された組織やルールを高く評価しており、整理整頓にも厳しいタイプと言えるでしょう。ESTJは基本原則に忠実に、そして皆がESTJが守っているような基本原則やルールを同じように忠実に守ることを期待しています。

ESTJはクラブ活動や、趣味の活動などを通して、多くのコミュニティに所属していることでしょう。そこでは、ESTJは一般的に、リーダーとしての役割を果たしていることも多いです。

ESTJは一般的に、ルールづくりや毎日の日課を共有することで他人とつながります。ESTJの行う社会的な交流は、すでに確立されているやり方に乗っ取った方法により他者と関わりを深めることでしょう。

ESTJは上下関係を尊重し、また階層的な思考を大切にしていることから、そのような仕組みを探す傾向があります。ESTJは誰が責任を持っているのか、明確にしたいと考えており、曖昧な場合には明確にします。組織化が整ったら、ESTJは一般的に数字や事実を信頼し、明確なルールに基づいて意思決定をします。

職場でのESTJ

職場でのESTJは、人・プロジェクトに関する運用過程においてピカイチ優れています。ESTJは、統制力を持ち、そして実行力があります。多くの場合、管理職に就くことも多く、意思決定を行い、方針や手順を執行できる役割を果たします。そして、管理職に向いているタイプでもあります。

ESTJは、期限を厳守するタイプであり、そしてニーズにも忠実なところから、信頼できる人として職場でも高い評判を受けていることが多いでしょう。ESTJは強く信頼でき、プロジェクトを完成させることが得意で、自身も完了させることを楽しんでいます。責任感が強いESTJですが、引き受けすぎることで過労になることも多々あります。

ESTJの理想的な職場環境は、明確な期待と権限構造がしっかりとしている、組織化されている職場環境です。ESTJにとって理想的な仕事は、自身が自ら組織化を進めていけるマネージャーのような仕事でしょう。

チームのESTJ

ESTJは、組織化させていく部分を率先し、明確かつ具体的な行動をチームでの標準化にしていくような、チームに秩序と組織化をもたらすチームメンバーでしょう。ESTJは言葉を切り取って判断することはせずに、状況について事実や数字を元に客観的な評価を直接共有します。ESTJは一般的に勤勉であり、効率を追求し結果を重視しており、他の人々もESTJの取っている方法論にしたがって欲しいと期待しています。

ESTJは仕事に熱心であり、具体性を求める性格ですが、問題の議論が抽象的であったり理論的であり実用性に欠ける場合には、不快感を示す傾向にあります。ESTJはテキパキと具体性のある決断をし、具体的な行動計画を進める中で主導権を握るタイプです。

ESTJは、スケジュールと期限を厳密に重要視している計画家であり、計画から逸脱することは許せないことでしょう。ESTJは確立されたプロセスや規則を定義したいと考えており、そのようなプロセス・規則に背かう人には不快感を示します。

リーダーとしてのESTJ

リーダーとしてのESTJは、物事が標準通り正しく行われ、結果が確実に生み出されていること、クオリティも満たされていることを重要視する管理者気質でしょう。何をする必要があるのか​​だけでなく、それをどのように、どこで、いつ行うのかについても明確な期待を持っています。ESTJがプロジェクトを管理するとき、そのプロジェクトは計画的であり、体系的に管理されており、具体的で明確であることでしょう。

ESTJは伝統的なやり方を取る傾向にあり、イノベーションよりも確実な方法を洗濯します。ESTJは自身の過去の経験を信頼する傾向があり、不確実なチャレンジは嫌う傾向にあります。ESTJのリーダーにとって、未来を周りに示すことは得意ではなく、困難な可能性も高いでしょう。

ESTJは上下関係やプロジェクトの組織化などを大切にしており、一般的には明確な階層を確立しようとすることでしょう。秩序正しさを追求するESTJに取って、ルールこそ絶対です。決断力こそあるものの、柔軟性に欠ける側面も目立つことでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。