夢占い

【夢占い】津波に関する夢の7の意味

はじめに

忘れもしない3.11の地震から津波の怖さは日本全国に知れ渡った事でしょう。津波は全てを飲み込み、全てを奪い、全てを無にした恐ろしい災害です。夢であっても体験したくないとは思うのは当然のことですが、悪夢だと邪険にせずしっかり夢の判断を行うことが大切です。

津波に関する夢の基本的な意味

安心してくださいね、津波の夢を見ても無事に逃げたり、助かった場合は吉夢になります。津波が起こす大きな波は、その大きさに比例して大きなチャンスや変化を示しています。

津波から上手く逃げ切る/助かる夢の意味

津波から上手く逃げられたり、助かった場合は良いことが起こる予兆です。しかし何度も同じ波=チャンスは巡って来ませんので、ここだと思うチャンスをしっかりと自分の物に出来るように、準備を怠らず油断せずにその時を待ってください。

津波に飲み込まれたり、流される夢の意味

反対に波に流されてしまったり、飲まれてしまったのは悪い知らせです。津波の不規則に起こる波は突発的に起こるトラブルを暗示しているので、今後の日常生活に注意が必要です。波がおだやかだったり、小さい波であればトラブルも小さく済みますので、夢での津波の状態を覚えておくと良いでしょう。またすぐに波が引く様であればそれほど大きな問題はなく、すぐに解決できるので落ち込まずに問題解決に向き合いましょう。

津波で高いところに避難する夢の意味

津波で高い所へ避難するというのは、運気が上昇して津波という大きな壁があってもスムーズに解決へ向かう暗示です。何か問題を抱えていても、逃げ切れるくらい運気がアップしている証拠なので、問題解決は近いでしょう。

津波で安全な場所から眺めている夢の意味

また安全な場所から眺めている場合には、仮にトラブルが発生してもあなたは巻き込まれずに済むという暗示です。あなたの身近で起きるもめ事も距離をとっていれば、知らん顔でやり過ごせます。

津波の中を泳ぐ夢の意味

実際に津波の中を泳ぐ、なんてことをしようとする人はいないと思いますが、夢ではありえないシチュエーションも見てしまう場合があります。津波の中を泳ぐという行為は死ぬかもしれない命がけの行為になります。この夢が強く印象に残っている場合は警告夢ですので、是非最後までお読みください。荒れ狂う波と水の中を泳ぎ、自分の命さえ惜しくないという行動から、とても大切な人もしくは物を守りなさいという暗示がでています。なんらかの原因で大切な人やものを失う様な事になれば、あなたはとても後悔するという事を警告しています。また本当に大切なものが分かっていない人に対して、それは何かをしっかりと認識して、大事にすべきだとも夢は教えています。自分の周囲を見回して自分が本当に大切なものについて見直してみましょう。

津波で死ぬ夢の意味

ショッキングな夢ですが、津波で自分が死んでしまう場合はとってもいい夢です。これまで苦手だった事や一度挑戦して失敗してしまった事でも、不思議なほど上手くいきます。どんな事も乗り越えていける運気、気力に満ち溢れていますから、どんな事でも気兼ねなく挑戦して下さい。必ず良い方向に向かって進んでいきます。またこの夢をみたら早めに取り組む事が大切です。波は一定ではありませんので、この運気を逃さないためにもすぐに行動に移す事が大切です。また津波で家族を無くす夢を見た人は、身近な人からの支えがなくなることを示し、その家族から卒業すべきと暗示がでています。消して悪い夢ではなく、今まで支えてくれていた人から離れ自分の足で立つこと、そうすることによって新たな心の支えになってくれる人との出会いが待っているという事を暗示しています。新たな心の支えになってくれる人は恋人かもしれないし仕事の関係の人かもしれません。ですが家族と違って無償で支えてくれる存在とはまた違うものになりますので、あなたもその人の心の支えになれるように努めてください。

津波が全く怖くない夢

津波が来ても全く恐怖心がない状態というのは、あなたの潜在意識の中で今の生活を変化させる刺激が欲しいと思っています。あなたは心の中で、大きな変化を求めています。しかし変化は良いことばかりではありませんよ。そんなことを思っているとトラブルに巻き込まれて大変なことになるかもしれません。刺激を求めるのはほどほどにして今を大切にしてください。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。