MBTI

【MBTI診断】INTP型の性格・特徴を解説!INTP型のキャラや有名人、恋愛や相性は?

MBTI診断とは

MBTI診断テストは、かの有名な分析心理学のユング先生のタイプ論に基づきブリックス先生とその娘のマイヤーズにより作成された診断テストで、人と人の違いを知る目的で作成されました。
この型は良い・この型は悪いというような目的で作成されているわけではないです。

MBTI診断テストでは、4つのアルファベットであなたの属性を意味し、それぞれ内向的か外向的か、感覚的か直感的か、感情的か思考的か、知覚的か判断的かで分類しています。

MBTI診断は16TESTというサイトなどで、無料で診断することができます。

今回はそのMBTI診断の中でもINTP型の特徴を紹介していきます。

INTP型の特徴

– 頭が良い
– 独創的な発想力を持っている
– 野心家で、独立心がある
– 論理的で疑い深い
– 新しいチャレンジが好き
– アイデアマンで、独創的なアイデアをたくさん生み出す
– 向上心がある

INTP型は、根本的に何かを分析する傾向があり、問題の核心は何なのかをはっきり認識し、それに対する解決策を素早く見つけることができます。自身で課題を見つけることが得意で、解決するところまで情熱を注ぐことができるタイプです。

知的好奇心が旺盛で、物事の本質を見抜くことや、あらゆる現象の原理原則を四六時中見つけたいと感じていたりするのもこのタイプに多いです。アイデアマンなので、実際に問題を見つけても素早く解決策を見つけることができ、人に頼られる側面もあります。

INTP型の特徴として、一人の世界にこもり自分の世界で思考を没頭させることが好きで、常に頭が回転しています。複雑で物事の深いことを考えていることから、言葉にできなかったり、バラバラなことを言ってしまったり、会話が途中で変わってしまたりすることもあるのがこのタイプです。

INTP型は難しい課題をクリアすることに快感を感じるので、何かアイデアに固執するわけでもなく、簡単な問題や日常的なルーティンを嫌います。
実際に、独創性や難しい課題にチャレンジする、メカ・IT系の界隈にはINTP型の人が多いと言われています。彼ら・彼女らは自分の知性に対してプライドを持っています。

夏休みの宿題を最終日にやるようなタイプで、追い込まれてからが本番というのがこのタイプで、追い込まれるとものすごい勢いで、課題に取り掛かります。

基本的に人と関わることは少し苦手な傾向にあり、孤独であることを好みます。
人と会話をしている中で、空気を読めずに論理的に矛盾していると、他人の感情を考えきれず、傷つけてしまうこともあります。

合理主義者としてのINTP型

INTP型の真ん中の2文字の、「NT」は合理主義者の傾向があることを意味しています。
このNT型は知的好奇心が旺盛で、自然科学に強い興味を持っている傾向があります。
自身の知性・能力が向上することに熱心に取り組み、持ち前の想像力を生かして知識と知識を結びつけ、深い知識体系を築くことができているのがこのタイプの特徴です。

このNT型は、WHY?の問いを幼い頃からよく持っている傾向があり、筋の通った理論ではなければ納得できないタイプで、納得するまで調べ尽くすような側面があります。
向上心があり、自分の知性を高めることが生きがいかのように、ものすごく自分を磨きます。
ITやメカのように、知識量の広さが活かされるような界隈にこのNT型が多いのは、このように普段から知性を高める投資が必要な職業だからというのはあるでしょう。

一方で、知性の高さから、自身の当たり前と周りの人の当たり前が同じではないことに違和感を感じ、周りの人を無能とみなし、団体行動をしないことがあります。そういった、人間関係の不器用さがあるのは欠点でもあります。

NT型は、理屈で生きてるみたいなところがあるので、興味がないことだとしても筋が通っていれば取り組む側面もあります。ストレスの逃がし方、遊び上手な側面もあります。

NT型は、変な人扱いをされることも多いのですが、実際に全人口の10%程度と、人数が少ないです。NT型のように、難しいことにチャレンジしたいタイプは、新しい理論・事業・学術のような領域で、持ち前の知性を生かした仕事を好む傾向にあります。

INTP型の割合

INTP型は、世界統計では全人口の1%未満だと言われています。全16種類に分類しているので、超希少だと言えるでしょう。
日本では、1~2%程度と、世界統計と比較して多いですが、16種類の中では希少だと言えるでしょう。

INTP型と予想されるキャラや有名人

– ビルゲイツ(Microsoft創業者)
– ラリーペイジ(Google創業者)
– アインシュタイン(物理学者)
– ダーウィン(生物学者)
– カント(哲学者)
– ソクラテス(哲学者)
– L(デスノートの主人公)
– ホーエンハイム(鋼の錬金術師)
– 羽川翼(化物語)

INTP型の適職、オススメの仕事

– 複雑なシステム/課題を相手にする仕事
プログラマー、アプリ開発者、データアナリスト、起業家、ハードウェアエンジニア、機構設計エンジニア、SE、ネットワークエンジニアなど
– 知性を生かす専門職
弁護士、税理士、建築士、中小企業診断士、大学教授、科学者、大学教授、医者など
– 先見の明を生かす仕事
サービスの企画開発、戦略プランナー、ビジネスアナリスト、投資銀行、起業家、ベンチャーキャピタリスト、プロダクトマネージャーなど
– 持ち前の柔軟な思考を活かせる仕事
webデザイナー、ディレクター、作曲家、編集者、音楽家、アニメーター、ゲームプランナー、アニメーターなど

INTP型の恋愛

感情に動かされるより、理屈なINTP型は、内向的なこともあり、恋愛には消極的な傾向があります。
時間をかけることで、特定の人には心を開きます。
知性の高いINTP型は、その知性から細かいことを気にしてしまいがちで、恋愛にストレスを感じることもあるでしょう。ただ、あまり口にしないので、パートナーの方は扱いに苦戦するかもしれません。

INTP型と相性のいい型、ESFP型

INTP型と相性のいい型は、ESFP型です。
認知するパターンが似ていることから、自然体で付き合うことができ、ストレスなく一緒にいることができます。INTP型はESFP型の人の楽観的な性格と陽気なところに惹かれ、ESFP型の人はINTP型の高い知性に心を惹かれるでしょう。

INTP型と相性の悪い型、ESFJ型

一方で、INTP型と最も相性の悪い型は、ESFJ型です。
認知パターンが異なり、全く逆の価値観を持っていることから、初めは仲良くできていても、徐々に亀裂が入る傾向にあるでしょう。INTP型の欠点はESFJ型の長所だったりすることもあり、ESFJ型に対して苦手意識を持ってしまいがちです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。