数秘術

数秘術における『1』が意味すること

数秘術について

数字学とは、数字と特定の出来事の神秘的な関係を研究するもので、形式的な世界で数字と特定の出来事が一致しているように見えます。

数字自体は、任意で決められているように見える抽象的な記号です。

しかし、もう少し詳しく見ると、数字の意味と、一致する事象との関係は、何らかの知的な介入の結果としてのみ説明できる因果関係のように見えます。

それぞれの数には振動のエッセンスがあり、個性や性格に似ています。

特定の番号が表示された場合、その番号は特定の状況に関連していると考えられます。 これらの関係を分析し、将来の可能性を予測することが、数学の主要な目的です。

数字が私たちの経験にどのように影響するか

人生をじっくり観察すると、さまざまな形で人生経験を形作る数字があちこちで浮かび上がってきます。 数字は、時間、日付、金額(価格や銀行残高など)、距離、時間や空間の繰り返しパターンで表示されます。

数値が個人の経験にどのように影響しているかを知るのに、時間はかからないです。意識的に気付いていないことが多いです。

数秘術における『1』の意味

1番は、すべての番号がその意味を導き出す 9 つのルート番号の 1 つです。 数学的には、独立性、自給自足性、自己決定性などが最も強調されています。

一つの本質の人は、一人で行動し、さまざまな場面で力強く自己主張し、職場、政治、家庭で指導的な地位を求める傾向があります。

『1』の象徴的な意味

1番は、あらゆる既知の記号体系の中で一番です。 このように、1番は初めの数字で原型となるものです。 初日、月の初日、学校の初日、または新しい仕事の初日。 このように、1番は新しいイベントの開始を表します。

ゼロが最初の数字であることに反対する人もいるかもしれませんが、実際にはゼロは数字の不足にすぎないです。

番号は、1番から始まり、タロットのように重要な番号を表す占いで、1番には特別な意味があります。

『1』のスピリチュアルな意味

時間と空間のパターンで表すと、パターンが繰り返されるたびに、そのパターンでまた1番が現れると考えられます。 元旦や月の初めは、時間循環の始まりで、その時間を通して繰り返します。

1番の人は”The Creative”と呼ばれています。 第1作”創造性”は,すべての実線で構成された人物として描かれる陽エネルギーから成り立っています。

これは、自己主張的で、独創的で、積極的、,独立的な1番の特徴を象徴しています。

タロットでは、大アルカナ族の最初のカードは、使用しているデッキに応じてマジシャンかコブラです。 マジシャンは自信に満ちた創造的な発明力で、人生に大きな計画を持っています。

人生の第一歩を踏み出すと、そのような自立、自信、そして自給自足を感じるでしょう。

『1』の持つメッセージ

私たちの経験では、数字が偶然にも現れ、無視することは難しいです。 番号、時刻、日付、金額、部屋番号、住所、電話番号のように表示できます。

このように1番が繰り返し現れると、人生の新しいサイクルが始まったというメッセージが表示されます。

1番があなたの経験に現れたとき、あなたは人生のいくつかの局面で新しいスタートを切ろうとしているかもしれません。 仕事に現れ続けると、新しい職に就くかもしれないし、昇進するかも知れないです。

『1』の特別な条件について

1番は非常に重要な数字なので、1番がなければどんな仕組みも想像できないです。 一人一人の人間の概念は、哲学、心理学、そして政治活動の基盤です。 しかし、一人では寂しくなります。

ヒンドゥー教の神聖な文学であるウパニシャドでは、かつて宇宙はたった一つの存在だったといわれています。 突然、宇宙は独りぼっちだと解釈され、孤独と恐怖に襲われました。 その時点で 宇宙そのものが 宇宙で知っている全ての多様性を 対立のペアに分けることで生み出したのです。

人は、なぜ人生の道筋や運命を数えてこの世に生まれてくるのか不思議に思うかもしれません。なぜなら、過去の人生には孤独や恐れがあり、創造的な才能やリーダーシップのチャンスを生かさなかったため、 良くないことであることが多いです。

1番で数学のチャートが重い人なら誰でも、その中に創造的な天才がいることを思い出してください。それは、タロットの魔術師のようなものです。才能、自信、そしてリーダーシップの可能性があふれています。

数字にマイナス面があれば、それは利己的です。 チャートで 1 つのエネルギーが稼動している場合は、自分自身を認識してチェックする必要があります。

このように、多くのものがあなたの経験に現れれば、あなたのことを見張って傲慢にならないよう、源エネルギーやあなたの守護天使から警告を受けるかもしれません。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。