数秘術

数秘術における『11』が意味すること

数秘術11の意味

数秘術11はマスターナンバー11ともよばれています。通常二桁の数字は各位の数字を足して一桁の数字としルートナンバーとなります。しかしマスターナンバー11の場合は二桁のままの方が強いエネルギーがあるので、一桁に還元されず、そのまま11の数字として考えることができるとされている特殊なナンバーです。
マスターナンバー11は精神的な情熱の強さやタフさを持つことを表しています。そのためマスターナンバー11に共鳴するには自身も精神的に成長していなければならないのです。しかしながら、なかなかそのレベルには達することが出来ない為、マスターナンバー11は11/2と表記される事があります。

11/2の意味

通常11の様に2桁の数字は各位の数字を1桁の数字となるまで足して、ルートナンバーとして表示されます。11の場合ですと各位を足すと1+1=2となり、2番となります。しかしながら、11の数字はパワーが強すぎますので、2の数字を添えることで、バランスをとっているのです。
11/2の2は、とても感情的で直観的な要素の強い数字でタロットの大アルカナカードの「女教皇(High Priestess)」に関連付けられています。
マスターナンバー11の方は、タロットの大アルカナカードの「力(Strength、The Enchantress」に関連付けられています。

エンチャントレス(Enchantress)

エンチャントレス(Enchantress)について詳しく見ていきましょう。「女教皇(High Priestess)」から「エンチャントレス(Enchantress)」に行きつくまでの旅は、11と2の2つのエレルギーを放っています。

数字自体から生まれるエレルギーと、そのエレルギーが生んだ直観力と調和する力のエネルギーが交じあいながらバランスをとっているのです。
マスターナンバー11が数秘術で11/2と表現されるのは、マスターナンバー11の高い波動をキャッチできるだけの器がない状態の時です。必要だとされる事はいくつもあり、特に高い精神力を備えていないとマスターナンバー11の波動を感じ、活かす事はできないのです。
また、マスターナンバー11のエネルギーを受けられたとしても、それを活かす準備が出来ていない場合、ルートナンバー2のエレルギーを受けながら精神的にも成長していくのです。
古いことわざにあるのですが、11と2のどちらもステージに立って仕事をし、その後で、2回掃除仕事もします。2度きっちり準備してステージに立ち、力を発揮していきます。

11の数値的意味

11の数字にはの直観力に凄れ、スピリチュアル的なリーダーとしての資質を持つという意味があります。その強いリーダーシップと創造的資質とのバランスをもとりながらも強い精神力も持ち合わせているという意味があります。なかなかいないタイプです。
11番の影響を受ける人は、敏感なところもありますから周りを良く見る事もでき、協力的です。また強い精神力も備え、カリスマ的存在でもあり独立心が強いのも特徴です。
1と2のエネルギーは道教の陰と陽の原始エネルギーに似ています。1のエネルギーは独立的でカリスマ的であり、2のエネルギーは直感的で創造力にも長けています。11という数字の中で、これらのエネルギーが交じり合い、信じられないほどの精神力を持つマスターナンバーを形成しています。
また、11には一つ余分にエネルギーが投入されています。そのエネルギーは11の数字が減少する時に発生する時に、協調的な効果を表し調整してくれるのです。それはスピリチュアルな力として発揮され、カリスマ的な能力やチームで何かを成し遂げる時の協調性として発揮されるのです。これはマスターナンバー11のエネルギーの特徴でもあります。

数字・11の象徴的な意味

11番の象徴的な意味は、主にStrength(ストレングス)またはThe Enchantress(エンチャントレス)に関連するタロットカードで表現されています。このタロットカードは太陽によって支配されており、占星術のレオライオンに関連付けられています。
Strength(ストレングス)カードの画像は、天使のような女性の上に無限のシンボルが記されており、猛獣であるライオンの顎を女性の素手で閉じようとしているところが描かれています。

これは、力ずくでライオンを抑えるのではなく、女性になつくようにしたことを表現しているのです。どのようにしてなつかせたのでしょうか?それはこの女性が猛獣ライオンが何を求め、何をしてほしいのかをくみ取ったからなのです。その相手に対する理解力が自然に自分に自信がもて、強い行動力となるのという事をこのカードで示しているのです。

11番のエネルギーを受け、それを活かし実行する事は想像以上にレベルの高いことです。外面的な強さだけでなく、内面的な強さも必要なのです。更に並ならぬ精神力を持ちながら人生を歩む上で、色々な試練を乗り越えてこそ、11番の使えるエネルギーなのです。

その試練に挑み乗り越えた時、想像以上の自分の成長と、目の前に素晴らしい景色も広がっている事となるのです。11番の放つエネルギーはとても素晴らしいものをもたらしますが、それを活かせる人も、特別な人といっても過言ではありません。

11の数字をよく見かける事は11からのメッセージ

11という数字は身近によくある数字でもあります。例えば時計であれば11時は1日のうち、朝夜2回表示されますし、分単位で見れば1時間に1度表示されます。

時計以外にもメニューの値段であったり、買い物をした際のレシートや購入する物の量にも11という数字は見かけたりします。また、住所、本のページ数や、カレンダーを見ても日付として表示されています。

最近、意識していなくとも11の数字をよく見かけるなと思うことはありませんか?もしよく11の数字をよく見かける、表示されていると感じている場合には、あなたへスピリチュアルなメッセージがある可能性があります。
忘れていた問題を解決したり、目標としていた事を再度しっかりと再認識させてくれる事もあります。

ナンバー11が目覚めさせてくれる

11の数字を見るのに一番簡単な方法はデジタル時計です。11からのメッセージを受け取れる人の殆どが、デジタル時計の11:11の時間を見ているのです。この11:11の時間はナンバー11との意思疎通できる時間だと言われており、偶然にもこの時間を見るという事に大きな意味が含まれている事があります。
この11:11という時間は1日で2回ありますが、とても不思議な事に、例えばオフィスにいた場合など、ふと時計を見上げてみたら11:11だったという事が多いのです。まるで11:11に時間が停止していて時間を見られるのを待っていてくれていたかのような現象なのです。
また、あなたに気が付いてほしい、目覚めて欲しいというメッセージがある時にも、11:11の時刻をみる場合があります。この現象はスピリチュアルなメッセージの中のほんの一つであり、この11:11を見るということは他にも色んな意味があります。
もし、ふと時計を見たら11:11だったという場合には、最近身の回りで何かおきていないか、少し前にやり残してしまった事はないか、目標に向かって後押ししてくれているのか等、自分へのメッセージは何なのか考えて見て下さい。

マスターナンバーとしての11

誰もが、マスターナンバー11の使命に応えられるほど、精神的に成長できているわけではありません。

マスターナンバーの使命や目的に応えることが出来ない場合には、2のエネルギーを受けながら人生の試練を乗り越え、自分自身を成長させていくのです。試行錯誤を繰り返し、試練を乗り越えることでマスターナンバー11の使命に応えられるようなレベルになっていくのです。
マスターナンバー11の高いエネルギーをキャッチし、使いこなせる程の精神力を備えられた場合には、かなり高いレベルの人生を歩める機会を得ることが出来ます。そしてそのエネルギーを使う時は知性、心の強さ、精神的な強さ、そしてしっかりと自立していてこそ発揮できるのです。
そして、それが一度でも達成することができたなら、その強さは自分の力で得たものです。ずっとその大きな力は衰えることなく、高いレベルを保ちながら前進してく事ができるのです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。