数秘術

数秘術における『22』が意味すること

数秘術番号22の意味

数秘術では、22のような2桁の数字は、分析のために1桁に削減され考えられます。複数桁の数字では1桁のルート番号からエネルギーの本質を受け取るため1桁に削減されるのです。
数秘術では11、22、33、44などの番号はマスター番号と呼ばれます。マスター番号は独自の精力の本質を持っています。
マスター番号は数秘術の2桁の数字ではありますが1桁に削減はされません。
マスター番号の中で22はマスタービルダーと呼ばれ、夢を現実にすることができる能力を持っていると言われています。
数秘術番号22は、人として数秘術を見たときに中核となるマスター番号です。
しかし、私たちの日常生活において数秘術番号22は4に減らすことができる複数桁の番号です。通常は22/4として表されます。

22/4の数学的意味

人生、運命、または魂の衝動の領域に数秘術番号22がない場合は通常の複数桁と同じ数字のように扱われます。
数秘術番号22は場合、2と4のルート番号で表されます。ルート番号2は、協力と組合の数です。ルート番号2はチームワークと友情の空気をもたらしてくれます。

11エンジェルサイン

ルート番号4は、地球に関係する問題、仕事や生活などのさまざまな問題に関係しています。数秘術の印象に4がある場合場合は、実用的で物質的な懸念、一生懸命を表しています。22/4の数字は、4エネルギーの2倍の量の2エネルギーを所有しています。4エネルギーよりも2エネルギーは、受動性、協力、内省等の品質が優先されることを意味しています。
ルート番号4は実用的で野心的で多くの能力と規律を所有しています。これらの2つの能力と規律が混ざると、協力的、かつ実用的で、高度な能力を持ち、多くの専門的な可能性を秘める人となります。

数秘術番号22の象徴的な意味

タロットカードの形式の1つである大アルカナシリーズでは、第21ステーションのワールドカードで頂点に達します。ワールドカードは、究極の霊性の達成の象徴と言われています。マスター番号として、数秘術番号22の振動、マスタービルダーの振動は、ワールドカードよりもさらに高いです。
数秘術番号22の精力に関係のあるタロットカードは、愚か者という意味をもつ「フールカード」と呼ばれています。愚か者の象徴性はあまり頭の良くないイメージが強いです。実際にカードを見た印象とイメージは矛盾をしていることが多いです。
愚か者のフールカードは、奥深いカードで最初と最後の0と番号が付けられます。

マスター番号22の意味とはなに?

「何事も信じて行きましょう。そうすることで奇跡のような出来事を神様が運んで来てくれます」マスター番号22はこのような意味があります。
マスター番号22を持っている人は何事も信じること、信じて疑わない気持ちを持つことが奇跡につながります。

神様は信じる人には、可能性を与えてくれるのです。神様はマスター番号22の望みを叶えくれようとしています。何事も信じることがマスター番号22には大切です。
数秘術番号22の性格数秘術番号22は、毎月22日に生まれた場合の出生番号で、4日、13日、31日に生まれた人々と同様の精力を所有しています。

数秘術番22は夢を実現できる可能性が非常に高く、成人になるまでにはその可能性が開花される場合が多いです。しかし、数秘術番号22は、物質主義的な考え方や自分の価値観を大切にしているため、成人になるまでに可能性が開花されない場合には夢を実現できない可能性がどんどん高まります。

数秘術番号22の性格

数秘術番号22は、毎月22日に生まれた場合の出生番号で、4日、13日、31日に生まれた人々と同様の精力を所有しています。
数秘術番22は夢を実現できる可能性が非常に高く、成人になるまでにはその可能性が開花される場合が多いです。しかし、数秘術番号22は、物質主義的な考え方や自分の価値観を大切にしているため、成人になるまでに可能性が開花されない場合には夢を実現できない可能性がどんどん高まります。

業、運命と数秘術番号22

22という数字は、平凡な愛と平和と楽観的な印象があります。数秘術番号22は愛の理想主義者か直感で恋愛をします。
数秘術番号22の精力を持って生まれた人は、素晴らしい運命を送れる傾向にあります。数秘術番号22は有能で思いやりがあり、すべての人に愛想が良いです。数秘術番号22は自分の行動により有意義な生活を達成できることができます。
数秘術22は数字は一般的に楽観的で前向きな性格です。存在感と精力で人の役に立っているのです。
数秘術22の課題は何事も自分一人で背負わないことです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。