ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】活発性の意味とは?活発性の特徴と活かし方

ストレングス・ファインダー2.0ではどうしたら自分の強みをさらに見つけ出せるかを考えられています。ストレングス・ファインダーとは「才能判断ツール」のことを言います。
Web上で177個の質問に答えることにより自分の才能を見つけることが出来ます。
才能があると武器にもなります。

「才能=強みの元」なのです。才能は遺伝によって左右されるものです。親などの遺伝によって特に才能のある人は、思考を行動に変えることで物事をすぐに実行に移すことができるため活発性と呼ばれています。遺伝は人生に影響し、人は遺伝によって人生進み方も変わっていきます。才能のない普通の人であれば、活動を始め行動をする前に、分析、計画、戦略策定、入力の取得などに時間をかけることが多いです。個人的な活動をし、その経験から学べる人もいます。学ぶのに時間をかけない人は、間違い、無駄、痛みなどが分かりません。最終的に学ぶのに時間をかけない人は何かをしでかすような人になってしまう可能性があります。

この『活発性』をどのように自発的に分からせますか?

以下のことを心の中に入れておくと、この活発性を完璧な考え方に変える上で上で非常に有益になります。活発性は全体的に物事のことを考えるタイプや結果をすぐに出そうと行動するタイプ、聞いたことを瞬間的に理解して行動するようなタイプに分かれます。
活発性は詳しく話をしたからといって理解できるわけではありません。意図的な部分も教えて確認をするようにしてください。

また、行動を始めるときにはなぜそうするのか理由も説明してください。そうすることで活発性の将来に役に立ちます。活発性には我慢をすることが大切です。粘り強く我慢しないと活発性に威圧を与える可能性もあります。

焦りは先を急いでしまうものです。また、焦ると自分が思ったことをはっきりといってしまうが可能性も出てきます。活発性と辛抱強く協力することは信頼と忠誠心が構築され、後にいい方向に物事が進んでいく可能性が高くなります。
もしも何かためらいがあれば活発性に質問をするべきです。ためらいを感じるときは行動を

起こして見るべきです。ためらいを感じたときは何か危ないことが起こるかも知れないと思うのが大切です。活発性には自分から発言して分からせるよりも時間をかけてためらいの原因を分からせるようにしてください。これにより物事が悪い方向にいくことを防ぐことができます。

活発性の意思決定能力を開発します。

最初は後に続けと叫ぶと活発性はついてきます。しかしその後壁にぶつかります。二度目は、活発性はためらいを感じます。3回目以降は、活発性はもう自分にはついてきません。命令をすると活発性からの信頼を失ってしまいます。意思決定能力を身につけるには日頃から自分の意志を伝えること、情報を理解していること、大切です。

活発性のある人が仕事の管理をしたらどうなりますか?

活発性は物事を必ず最後まで成し遂げます。

また、活発性は物怖じをしない性格で、自分の思うように物事を進めていきたいという気持ちが強いので、管理職などの立場が向いています。人間は自分の行動に億劫になるものですがそれを気にしない活発性は人を引っ張っていく適性があります。

活発性の仕事を確認する習慣を訓練します。

多くの場合、このような活発なタイプの人は細部に細心の注意を払わないことがほとんどです。可能な限り、詳細な作業をさせるために一緒にいる他の誰かに作業を任せます。活発性が詳細を伴う責任を果たさなければならないときには品質を守るため、また確実に作業をするために一覧表または作業を再確認するといった方法を取るようにしてください。

活発性は忙しい状況においても大切なポイントを理解することができます。そのため、活発性は自分が思っているよりも短時間で相手が期待をすること以上の成果を成し遂げることができます。

活発性のある人は作業するときに上手くいかないこともあります。そのとき活発性は大幅に違う行動をしている可能性があります。作業が完了したことを確認したあとには間違っていたところの道筋を修正してください。そして間違っていたところを注意してください。また何が違い道筋を修正したか理由を説明してください。そうすることで活発性は同じ間違いを二度行ってしまう可能性が低くなります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事