ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】共感性の意味とは?共感性の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要があります。今回は共感性の資質について紹介をしていきます。

共感性の資質とは?

共感性の資質を持っている人は周囲の人々の感情が驚くべきほど分かってしまいまいます。他人の気持ちに自然と入り込むことができ、まるで自分のことのように感じます。映画やテレビの1シーンであっても感情移入しすぎて泣いてしまうこともあるでしょう。共感性の資質を持っている人は感情を察することができる天才です。

相手の感情を察することができるのは悪いことではありません。普通の人以上に共感性の資質を持っている人は他人のことを自分のこととして捉えることができます。とても思いやりのある人だと周囲からは思われるでしょう。共感性の資質を持っている人を活かすには?誰かが何かで成功したとわかったときには誉めるようにしましょう。

そうすることにより共感性の資質を持っている人の良さを伝えることができます。まだ、印象にも残ることでしょう。どんな些細なことであっても、良いできごとの時には一緒に喜びを分かち合いましょう。また、良くないできごとがあった時にも一緒に分かち合いましょう。共感をするということで相手から特別な存在と思われます。

共感性の資質を持っている人の相手に何かをしてあげたいという気持ちは非常に大切です。共感性の資質を持っている人が得た情報はどんなにつまらないものであっても記録をするようにしましょう。共感性の資質を持っている人のように人の気持ちを敏感に感じ取ることはなかなかできることではありません。誰かに相談されたときはぜひ相談相手になってあげてください。共感をしている時には言葉だけでなく、コミュニケーションをはかるということも効果があります。

共感性の資質を持っている人の才能について

共感性の資質を持っている人は相手が何をしたら喜んでくれるかも考えると良いでしょう。共感性の資質を持っている人の気をつけるべき点共感性の資質を持っている人はさまざまな人の気持ちを察することができるため相手に感情移入をしすぎる傾向にあります。時にはそれが辛いと感じることもあるでしょう。そのため共感性の資質を持っている人は1日1日で気持ちの整理をつけるようにすると良いです。

共感性の資質を持っている人は、他人のことを考えすぎてストレスがたまってしまうこともあります。そうなってしまうと、共感性の資質の強みである相手の気持ちを察することが怖くなりできなくなってしまいます。

いくら相手の感情を察することができても他人にしてあげれることには限界があります。時には割り切ることも大切なのです。共感性の資質を持っている人は相手の気持ちを察することができて相手が嫌なことが分かってしまうためついつい相手に合わせてしまう傾向にあります。

共感性の資質を持っている人にオススメの仕事

そのため周囲からは情に流されやすい人と見られがちです。そうならないためにも毅然とした態度を常に取るようにしていきましょう。共感性の資質を持っている人におすすめの仕事は接客業です。キャピンアテンダント、ホテル業などのお客様に言われる前に気がつかないといけないような仕事に向いています。困っている人に気がつくのが得意なのでとてもおすすめできます。

また、共感性の資質を持っている人は人の痛みが分かり、それを緩和してあげたいと思う傾向にあります。看護師や介護士の仕事にも向いてるでしょう。共感性の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?共感性の資質を持っている人はどんな人の話であっても誠実に聞くことができます。誠実に話を聞くことで相手が心を打ち明けてくれる可能性もあります。悩んでそうな人を見かけた場合積極的に話を聞きましょう。悩みを口に出すと意外と楽になるものです。

共感性の資質を持っている人は他人の幸せを自分の幸せのように感じることができます。相手と一緒になって喜んだりすることもできるため、自分の気持ちを理解できない人や素直に喜べないというような人がいたときは一緒になって喜んであげると良いでしょう。喜びを分かち合うと信頼関係を築くことができます。

共感性の資質を持っている人は友人などからも頼りにされる傾向にあります。何事も受け入れてくれるため、夢などについて相談されることも多いはずです。頼りにされているということはとても嬉しいことです。相談されたときはプラス思考なことを言ってあげると良いでしょう。共感性の資質を持っている人は個人の気持ちを察することができるだけでなく、グループの雰囲気なども察することができます。

関係が悪いと判断できたときなどには冷静に対処をしてみんなの気持ちを落ち着かせるようにしましょう。共感性の資質を持っている人は心優しく周りの人たちを常に支えています。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事