ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】社交性の意味とは?社交性の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。

ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要がありますが、今回は社交性の資質について紹介をしていきます。

社交性の資質とは?

社交性の資質を持っている人は人々を魅了し、楽しませることを非常に得意としています。初対面であっても人見知りをせずにすぐに打ち解けることもできます。社交性の資質が少ない人は初対面の人であれば人見知りをし話すことができないでしょう。話題が尽きることに不安を抱え無言になってしまうこともあります。

しかし、社交性の資質を持つ人はどんな人であってもすぐに打ち解けることができるのでその場を楽しい場所にすることができます。そのため、社交性の資質を持っている人は短時間で良い人間関係作る天才です。社交性の資質を持っている人を活かすには?社交性の資質を持っている人は人と接触することで自分の強みを活かすことができます。

『社交性』を持つ人は毎日たくさんの人と交流をしていきましょう。

仕事ではお客様と交流があるようなものを選ぶと良いです。初めて会う人たちを出迎えて、歓迎するような役割が社交性の資質を持っている人に向いています。初対面であっても場を和ませれるため、相手に安心感を与えます。もっと相手に安心してもらうために事前にその日会う人の情報を知っておくのも良いでしょう。

社交性の資質を持っている人は緊密性、共感性の資質を持っている人と相性が良いです。社交性の資質を持っている人が初対面の会話で切り開いた人間関係をサポートしもっと深い関係性にしてくれるでしょう。社交性の資質を持っている人の気をつけるべき点社交性の資質を持っている人は人間関係などでは苦労をすることはほとんどありません。

社会性の資質を持っている人は新しい人間関係を作ることは得意ですが、深く付き合っていくことはあまり得意ではありません。時には時間をかけて関係性を築いていかないと信頼をできる人は見つけていけないでしょう。社交性の資質を持っている人はどんな状況においても積極的に話をすることが可能です。

しかし、グイグイと話にくることは相手から良いと思われることばかりではありません。周りと馴染みたくないような人もいます。その場の状況や流れを見ることも大切になってきます。また、社交性の資質を持っている人はその場を盛り上げて楽しめれば良いといった傾向にあります。

楽しんでいてもうわべだけの可能性もあります。楽しそうだからと言って満足するのではなく、本当に楽しんでもらえているのかという深いところまで考えるようにしていきましょう。浅く関係性を持つのではなく深く関係性を持っていくことを心がけると良いでしょう。社交性の資質を持っている人の理想的な仕事は次のとおりです。

販売、広報、政治、ジャーナリズム、メディアなど。社交性の資質を持っている人は多くの人々と関わるような仕事が向いています。初対面でも愛想よく振る舞うことかできるので相手にはすぐに好かれます。営業などの仕事も社交性の資質を持っている人には向いているでしょう。社交性の資質を持っている人が優れたリーダーとなるには?社交性の資質を持っている人は影響力があります。

社交性のリーダーシップについて

リーダーシップを発揮できる方法は以下の通りです。

①誠実な方法で人を魅了する

社交性の資質を持っている人は人を魅了する力があります。その力は人を陥れるなどといった方向には使わないようにしましょう。誠実に人を魅了させることで相手に信頼を持ってもらえます。重要な人には月に1回は連絡しましょう。

②関係性を強めるための工夫をする

新しい人脈を広げるだけではなく、長く信頼できるパートナーを見つけれるような努力をするようにしましょう。

③人間関係で困っている人がいたら手助けをする

人間関係で困っている人は意外と多いものです。その人を知人に紹介するなど手助けを行いましょう。

④周りの人の素晴らしさを広げる

社交性の資質を持っている人は広い人脈を持っています。周りの人の良いところはどんどん広めていくと良いでしょう。この4つを身につけることで素晴らしい影響力のあるリーダーになることが出来ます。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事