ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】包容の意味とは?包容の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。

ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要がありますが、今回は包含の資質について紹介していきます。

包含の資質とは?

包含の資質を持っている人は多くの人をグループの輪の中に入れることが可能です。相手がどんな人であろうと平等に接することが可能です。包含の資質が少ない人はみんなと平等に過ごすことが苦手で仲の良いごく一部の人だけと過ごす傾向があります。 しかし、包含の資質を持つ人はどんな人であってもグループの輪に引きずり込むことができ良い雰囲気を作ることができます。そのためどんな人でも積極的にコミュニケーションを取ります。包含の資質を持つ人はさまざまな人たちをまとめる天才です。

包含の資質を持っている人を活かしていくには?

包含の資質を持っている人は、リーダーになることで資質を活かすことができます。グループで行動をするときは積極的にリーダーになるようにしましょう。グループの輪に入った時には少数派の立場を尊重するようにしていきましょう。そうすることで人脈をどんどん広げるこことができます。包含の資質を持っている人は活発性、指令性の資質を持っている人と相性が良いです。グループの中にそのような資質を持っている人がいるとなにかあった時に包含の資質を持っている人を助けてくれるでしょう。

包含の資質を持っている人の気をつけるべき点

包含の資質を持っている人はさまざまな人とコミュニケーションを取らなければなりません。時には悪い出来事を周りの人に伝えるという仕事があるかもしれません。そういった時には嫌悪感を感じることもあるでしょう。

しかし、包含の資質を持っている人は周りから嫌われたくありません。どんな状況でも仲間になってくれる相方を見つけるようにすると良いでしょう。そうすることで自分自身が罪悪感を感じることはなくなります。

包含の資質を持っている人はさまざまな人と交流を持つ機会が多いため、時々意見が合わず衝突することもあります。価値観は人によって全く違うものです。扱いにくそうな人だからといって輪の中には入れないのではなく、煙たがられても輪の中に入れるべきです。どうコミュニケーションを取っていくかは包含の資質を持っている人の腕の見せ所です。

立場が違うような人を輪の中に入れようとした場合は嫌がられることがほとんどでしょう。違いを受け入れてもらうためにはお互いに共通している点を見つける必要があります。そうすることで立場が違う人でもお互いが少しずつ認め合います。共通点を見つけることがグループ1つの団結力のあるグループになるのです。

包含の資質が活用できる仕事とは?

包含の資質を持っている人におすすめの仕事はマネージャーや管理職などです。
包含の資質をもっている人は1人ひとりとしっかりとコミュニケーションを取ることが出来ます。気遣いや心の広さから周囲から信頼をされることもあるでしょう。

包含の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

優れたリーダーになるには周囲のひとりひとりに気遣いを持って接するようにしましょう。強引に輪の中に入れるのは絶対に禁止です。
また、輪の中にいる人たちの人間関係の手助けをしましょう。人間にはコミュニケーションを取ることが苦手な人もいます。みんなが楽しめるように気配りをすることが大切です。
中には輪に入れない人もいると思います。そういった時には積極的にアプローチをかけて輪の中に入れるように手助けをすると良いでしょう。
包含の資質を持っている人はグループの輪を広げることが得意ですので、実際の生活でも活かしていってください。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事