ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】達成欲の意味とは?達成欲の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。
ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要がありますが、今回は達成力の資質について紹介をしていきます。

達成欲の資質とは?

達成欲の資質を持っている人は物事をひとつひとつ、やり遂げることができます。
とにかく物事を終わらせてどんどんと進んでいきます。どんどん進んで行くためには効率良く行動する必要があります。

また、その時にどれだけいい結果を出すことができても、次の日なればまた0からのスタートだと達成欲の資質を持っている人は感じることが可能です。貪欲さも兼ね備えています。
また、どんな日であろうと何か結果をだしたい。そんな気持ちで毎日を過ごしています。達成欲の資質を持っている人は努力の天才と言えるでしょう。

達成欲の資質を持っている人を活かすには?

達成欲の資質を持っている人を活かすにはやるべきことをリスト化するようにしましょう。リスト化をしてどんどん終えていくことは達成欲の資質を持っている人のやる気につながります。

時にはもうこんなにも終わらせることができたのかと感じることもあるでしょう。
何かひとつを終えたら少し振り返り次にすることは少しだけレベルを上げてみましょう。
誰の指示を受けなくてもどんどん行動できる達成欲の資質を持っている人だからこそできることです。そうすることでもっと効率良く動くことが可能です。

プライベートの時間であっても目標を設定してみましょう。家事や生活習慣などをリスト化することで、休日も効率良く動くことができ満足感の行く1日になるでしょう。達成欲の資質を持っている人におすすめの仕事はやったことが成果に出るような営業の仕事です。また、同じことを諦めずに追及する研究職にも向いています。達成欲はどんな仕事でも必要なものです。上記の仕事だけではなく、達成欲の資質を持っている人は比較的どんな仕事であっても活躍することができるでしょう。

達成欲の資質を持っている人が気をつけるべき点

行動するときにはどういう結果になるのか考える必要があります。考えなければただ突っ走って失敗するという結果にもなりかねません。周りの人も、達成欲の資質を持っている人と同じような動きができると思わないようにしましょう。達成欲の資質を持っている人の行動力やスピードはとても優秀です。

周りの人にあまり期待しすぎるとストレスがたまってしまいます。達成欲の資質を持っている人は自分が分からないうちに無理をしていることがあります。人間には休憩も必要だということを理解しましょう。また、早く行動しようと先ばかり見ているので結果をあまり気にしない傾向にあります。時にはうまくいったことや成長したことなどを塗り替えることも大切です。

達成欲の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

努力の天才である達成欲の資質を持っている人はそれだけで周りから頼りになる存在として見られます。達成欲の資質を持っている人の強みである効率の良さは周りに伝えてあげましょう。一緒に達成感を味わうことで、絆は深まっていきます。

達成欲の資質を持っている人がリストを作成するときには人間関係による目標も入れると良いでしょう。話をするときにも達成欲の資質を持っている人は突っ走って会話してしまう傾向にあります。時には聞くことを意識したり目を見て話を聞くなど工夫をしてみましょう。
達成欲の資質を持っている人は常に効率良く動き結果を出すことが好きです。

その好きという気持ちは周囲に伝えてみるのも面白いです。達成するということはとても気持ち良いものです。全員が達成感したいと思える環境は効率制を高めることができます。
人間は努力できる人もいれば努力が苦手な人もいます。少しずつ成果を積み重ねれば、目標にたどり着けることは周りの人は知りません。努力が苦手な人と一緒に目標を立て、達成欲を高めてあげると相手の将来の役にも立つでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事