ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】戦略性の意味とは?戦略性の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要がありますが、今回は戦略性の資質について紹介をしていきます。

戦略性の資質を持っている人の特徴

戦略性の資質を持っている人は達成すべき成果に向けていくつもの戦略を考えます。
戦略性を持っている人の思考は、まるでカーナビのようです。カーナビは目的地を入力すると、今いる場所から目的地までいくためのさまざまなルートを表示されます。そして、そのルートの中から一つのルートを選択することになります。ルートは有料道路優先、一般道優先のルート、最短のルート、最安のルートなどです。戦略性の資質を持っている人にとって最も重要なのは目的地です。

カーナビは目的地を入力しないと機能しません。それと同じことで、目的がないと戦略性の資質を持っているは働かないのです。逆で考えればもし、明確な目的があれば
さまざまなプランを考えます。戦略性の資質を持っている人が成果を出す方法は1つだけではなく、たくさんあるのです。このような思考を持っている戦略性の資質を持っている人は行動をするときには何も考えずに動くことはありません。

戦略性の資質を持っている人の特徴とは?

戦略性の資質を持っている人は目的を持っている時に最前の道を見つけその目標に近づいていける才能があります。戦略性の資質が少ない人は目標に向けて1つのことに取り組むことが多いです。そして挫折することがほとんどでしょう。しかし、戦略性の資質を持っている人は目標に向けてさまざまなプランを打ち立てることができ目標を達成することができます。戦略性の資質を持っている人は先を読むことも得意としています。今こうなったらどうなると自問自答を繰り返して常に先を読みながら生活をします。

また、この先起こる可能性がありそうなことを推測することも得意としています。戦略性の資質を持っている人に危険なことが起こりそうな時には特に敏感になります。
戦略性の資質を持っている人は取捨選択の能力に優れています。悪いこと、良いことの判断を的確にすることもできます。戦略性の資質を持っている人は自身が導きだしたパターンは確実に遂行する傾向にあります。行動力も高いです。戦略性の資質を持っている人は過去の出来事から色々なことを学び経験値を積み、自分自身の成長につなげています。

戦略性の資質を持っている人が気をつけるべき点

何か達成したい目標を持っているときにら物事の本質が分かるまで熟考する時間を作りましょう。この時間は戦略性の資質を持っている人にとって必要不可欠なものです。戦略性の資質を持っている人の強みである物事の影響力をはっきりと把握する能力を存分に活かし何かが起こったときには自分が取るべき対策を準備しておきましょう。いざというときに行動できなければ、物事の進む方向を知っていてもまったく意味はないです。

なにかに困っている人がいた時は相談相手になれないか伝えてみると良いでしょう。他人が諦めた内容であっても戦略性の資質を持っている人は解決方法を見つけ、人を成功へと導くことができる人です。他人よりも問題を予測できることができるため時にはマイナス思考と思われがちです。問題を指摘する場合においてはそれを防止・克服する方法も一緒に提示するよう心がけるようにしましょう。そうすることでマイナス思考と感じられなくなります。戦略性の資質を持っている人は自分の洞察力を信じ、努力は報われる
と思っておいて良いでしょう。

戦略的資質を持っている人の考え方は計画を行う時には客観的に物事を考えることを理解してもらいましょう。そうしなければ他の人のアイデアを軽く見る人、悲観的な人などと周りから思われてしまいます。

戦略性の資質を持っている人は行動する時には自分の直観力をできるだけ信じてましょう。 戦略性の資質を持っている人の直感はとても才能があります。自信を持つことが大切でしょう。この戦略性の資質を持っている人と相性が良いのは活発性の資質を持っている人す。戦略性の資質を持っている人と活発性の資質を持っている人強みを合わせれば素晴らしい力となり大きな結果を生み出すでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事