ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】未来志向の意味とは?未来志向の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。
すべての資質を把握しておく必要がありますが、今回は未来志向の資質について紹介をしていきます。

未来志向の資質とは?

未来志向の資質を持っている人は未来のことを鮮明に想像することができます。未来志向の資質を持っている人が考える未来は周りにもやる気を与えることができます。未来志向の資質を持っている人は自然と未来のことを考えることができるので、最新の技術や科学など、流行のものに触れることが好きです。未来のために生きている人が持っている資質と言っても過言ではないでしょう。

未来志向の資質を持っている人を活かすには?

アイデアを実現に移し、未来に活かせるような仕事をしましょう。
起業家やプロジェクトの立ち上げなどの仕事は未来志向の資質を持っている人におすすめの仕事です。未来を実現することのできるような仕事が未来志向の資質を持っている人の能力を最大限活かすことができます。

未来志向の資質を持っている人の理想像を評価してくれる人を探しましょう。自分の持っている未来への理想像は自分の心の中に閉じ込めるのではなく周囲の人に積極的に伝えるようにしましょう。そうすることで未来志向の資質を持っている人の理想像へより近づいていくことができるでしょう。未来について考える時間を作りましょう。自分が将来どうなりたいのか考える時間を取るようにしましょう。未来への理想像はより明確となるはずです。
同じ未来志向の資質を持っている人と話すのも良いです。お互いの考えを知り!より実行できる理想像へなっていくでしょう。

未来志向の資質を持っている人におすすめの仕事は実現はされていないが将来必要になりそうなサービスや製品の開発などの仕事です。未来に対する理想像が明確であればあるほど、周りの人たちに刺激を与えます。そして達成まで突き進んでいける力を持っています。未来志向の資質を持っている人はリーダーとして活躍できる可能性が非常に高いでしょう。

未来志向の資質を持っている人が気をつけるべき点

未来志向の資質を持っている人は他人も鮮明な未来を考えることができると思ってしまいます。しかしその鮮明な未来を考えることは、未来志向のない人にとってはとても難しいことです。未来志向の資質を持っている人は相手もすでに理想像を知っていることだと思わずに、積極的に伝えるようにしましょう。そうすることで未来志向の資質のない人は新たな可能性に気づくことができるようになります。

理想像を説明する際は、できる限り具体的に伝えるようにしましょう。未来志向の資質を持っている人は他人にもやる気をを与えることができますが、それは未来志向のない人が正確に未来を想像することができる場合に限ります。正確に理想像を伝えるためにも、具体的な言葉を使用したりすると良いでしょう。

意識的に未来について考える時間とることも重要です。未来志向の資質を持っている人は自然と未来について考えることが多いですが、意識的に未来について考える時間を作りましょう。そうすることにより理想像により近づくことができます。

未来志向の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

現実になりそうな未来のイメージを周りに伝えることで信頼を築くことができます。なぜなら他の人は未来志向の資質を持っている人は未来を想像することができないからです。
また、未来を鮮明に想像できる先見性を活かし、困っている人の手助けをすると良いでしょう。周りの人には未来や夢について語ってもらうようにしましょう。その未来や夢の手助けをすることで思いやりを伝えることができます。

また、周りの人の将来に訪れるチャンスや周りから認められていない強みなどに気がつくと喜ばれるはずです。未来志向の資質を持っている人は自分が想像している未来を鮮明に見ることができます。しかし、自分だけで決定した未来は独り善がりにすぎません。未来志向を持っている人の未来に関する理想像は周りの人から意見をもらうようにしましょう。

その時には未来志向の資質を持っている人が想像した未来が絶対にそうしなければいけないというものではなく、あくまで理想像ということも伝えておくと良いでしょう。
周りの人は未来志向の資質を持っている人に将来の方向性について助言を期待する傾向にあります。

相手が何を求めているのかをしっかりと判断し、助言をするようにしてください。そうすることで相手の期待に近い回答をすることがでるはずです。
また、助言するときには前向きな言葉を使うようにしてあげましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事