ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】自己確信の意味とは?自己確信の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。

ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要があります。今回は自己確信の資質について紹介をしていきます。

自己確信の資質とは?

自己確信の資質を持っている人は自分なら絶対に成功できるという自信を強く持っています。自己確信の資質を持っている人は自分自身で結論を出し、何をするかを決定し、その後行動する権限を持っています。

自己確信の資質を持っている人は周りとは違った独特の考え方を思っています。

自己確信の資質を持っている人を活かすには?

自己確信の資質を持っている人はまだルールが成り立っていないようなことどに関わりましょう。数多くのことを決めないといけない状況こそ自己確信の資質を持っている人の能力を最大限に発揮することができます。その逆に指示されたことをこなすのを自己確信の資質を持っている人は苦手としています。自己確信の資質を持っている人は自分の意見や見解を伝え、人を説得することができるのが特徴です。

自己確信の資質を持っている人はジブの自信を周りに伝えるようにしましょう。
自己確信の資質を持っているの自信は自分自身に影響を与えるだけではなく、周りにと影響を及ぼします。自信を与えることで周りの成長にもつながるでしょう。
自己確信の資質を持っている人は大胆な目標を設定しましょう。

他人からその目標を見た場合、現実適ではなく、達成不可能に思えるかもしれません。
しかし、その目標への挑戦が自己確信の資質を持っている人の気持ちをワクワクさせます。
自己確信の資質を持っている人は1度やると決めたら最後までとことんやります。
そのため、少し難しそうな目標でも達成が可能です。簡単で単純な目標を設定するのではなく大胆な目標を設定するようにしましょう。

自己確信の資質を持っている人は、自分の行動や能力に自信を持っているので、業務をやり遂げる力に優れています。そのため、どんな仕事をしたとしても自己確信の資質を持っている人の能力は活かされるでしょう。
しかし、自分の判断で仕事を進めていきたい思いが強いため、組織を引っ張っていくリーダーに向いています。

自己確信の資質を持っている人が気をつけるべき点

自己確信の資質を持っている人は自分の意見に自信を持っています。自信を持っていたとしても周りには他人のいけんも聞くことができることを伝えるようにしましょう。
自己確信の資質が少ない人からすると、自分の意見に自信を持っている人には意見を言いづらいと感じています。そのために、自己中心的、独善的と思われてしまうこともあります。
そうならないためには自分の自信を周りに表現しながら周りの人の意見も聞くことができることをしっかりと伝えておきましょう。

周りの人たちには自己確信の資質を持っている人と同じ仕事を強制させるのはやめましょう。自己確信の資質を持っている人は仕事をたくさんすることが好きです。自ら好んで長時間労働を行います。しかし、周りの人は自己確信の資質を持っていると同じように仕事が好きなわけではありません。周りの人たちは自分と同じ仕事ができると思わないことが大切です。

自己確信の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

自己確信の資質を持っている人は常に自分ならできるという自信を持って行動しています。しかし、何らかの大きな決断を行う時には不安や恐怖心を抱くこともあるでしょう。その不安や恐怖心は周りの人に伝えるようにしてください。
それを知った周りの人たちは信頼してくれるでしょう。
自己確信の資質を持っている人の自信は自分の心の中だけに秘めておくのではなく、周りの人にも分け与えていきましょう。自己確信の資質を持っている人の過去の成功したことなどを話すことで周りの人も自信を持つことができるようになるでしょう。
自己確信の資質を持っている人はどこから自信が来るのかと周りから気にされることもあります。そんなときには過去の成功体験を話すようにしましょう。

過去の成功体験を周りに話すことで自己確信の資質を持っている人の話したことに説得力が増します。周りの人も理解をしてくれるでしょう。
なにも努力などせずに達成できそうな目標を設定しても自己確信の資質を持っている人の心をワクワクさせることはありません。難しく努力しないと達成することが厳しいような目標の設定をしましょう。
周りの人たちの目標は現実的にできそうなこと、非現実的なものさまざまです。定期的に目標設定の手伝いをしてあげるようにしましょう。
そうすることで今まで以上に成長できる未来を想像し、自信を持って大きな夢や目標を掲げることができるようになります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事