ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】責任感の意味とは?責任感の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要があります。今回は責任感の資質について紹介をしていきます。

責任感の資質とは?

責任感の資質を持っている人は約束をしたことは絶対に守るため周りから絶対な信頼を得ています。約束を実行できることが非常に好きです。責任感の資質が少ない人が約束を守れなかった場合、言い訳や正当化をしようとするでしょう。

しかし、責任感の資質を持っている人は約束を守れなかった時には言い訳や正当化などはしません。まず謝罪を行いその後何か行動をし、約束の埋め合わせをしようとします。そうしないと責任感の資質を持っている人は罪悪感を感じてしまうからです。責任感を持っている人はどうにかして物事を達成しようとするため、周りからも絶大な信頼を得ています。

責任感の資質を持っている人を活かすには?

なにかの行動をする時には今までの学んだことからできそうなことを引き受けて実行するのではなく、達成できるには少し難しそうなことに挑戦をするよう
にしましょう。責任のあることをすると責任感の資質を持っている人が大きく成長することができます。周りの人からは過去の実績から信用されているので、より責任のある仕事でも任されるはずです。やり遂げてくれると周りの人は期待しているはずなので期待に答えれるように努力をしましょう。

責任感の資質を持っている人は誰かと一緒に行動するときは責任を共有でき、責任を分かち合えるような人と協力してください。責任感の資質を持っている人は一人で責任を負うよりも、責任感について共有できる人がいる時の方が、強みを活かすことができます。また、同じ考えを持っている人と一緒に行動をすることで満足の行く成果を出すことができます。
責任感の資質を持っている人が仲間を選べるような時には信頼できる人を選ぶように心がけましょう。

責任感の資質を持っている人は組織では倫理を監視する役割を努めると良いでしょう。
誠実で物事を常に正しく行いたい責任感の資質を持っている人は組織内で非倫理的な行動があれば排除・回避に向けて迅速に行動をすることができます。責任感の資質を持っている人は組織の問題解決のために行動をし、そして組織をより強くしていくために行動して行くことで、責任感の資質を持っている人の評価はますます高まっていきます。

責任感の資質を持っている人におすすめの仕事は販売員、警察など結果を常に求められるような仕事などです。このような仕事につくと責任感の資質を持っている人の強みを最大限に活かすことができます。

責任感の資質を持っている人は誰にした約束でも必ず実行しようと行動をします。目標を達成するためにいつでも一生懸命努力することができます。
また、どんな仕事についたとしても責任感のある管理職の仕事につくことができれば力を発揮することでしょう。

責任感の資質を持っている人が気をつけるべき点

提案などをされた際に時には断る必要がことを覚えておきましょう。
責任感の資質を持っている人は周りからの評価が高いため、困ったときにはまず最初に責任感の資質を持っている人に助けを求めてきます。
責任感の資質を持っている人は責任感が強いため、助けを求められた時や提案を拒否することが難しい傾向にあります。
しかし、断れずに全てを引き受けてしまうと責任感の資質を持っている人が余裕がなくなってしまいます。

無理して引き受けた場合には余裕がなくやり遂げられないことも考えられます。
そうすれば信頼を失ってしまう可能性もあるでしょう。
責任感の資質を持っている人にとって関係がありそうなもの、解決できそうなものだけ選び責任を負うようにしましょう。

また、他の人にも責任のある行動に挑戦させるようにしていきましょう。
責任感の資質を持っている人は常に自分が関与している場合、責任を全て負おうとしてしまいます。時には複数で行動する場合、他の人にも責任を持たせるようにしてください。そうすることで、周りの人の成長にもつながるでしょう。

責任感の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

常に正しく物事を行いたい責任感の資質を持っている人は、周りで不正があった時は事実確認に努め、逆に「正しい行動」があった時は積極的に認めるようにしましょう。
そうすると、周りの人から誠実で頼りになる人であると認められ、信頼を築くことができます。

もし何らかの失敗をしてしまった場合、相手に迷惑をかけてしまった場合には、すぐに行動をしましょう。そして間違いを正すための努力をしていきましょう。
ただ単に謝罪で終わらせてしまうのはだめです。なんとか失敗に対しての埋め合わせをして、約束を守る姿勢を見せましょう。そうすることでまわりの人からは思いやりのある人だと思われるはずです。
責任感の資質を持っている人は、周りの人を助けてあげることが好きということを伝えておきましょう。

伝えることで、責任感の資質を持っている人は物事を最後までやりきれることが多くなります。また、誰かの手助けをすることは、組織に貢献していると周りに思わせることができます。責任感の資質を持っている人の評判や信頼はどんどん上昇していくでしょう。
責任感は誰かに与えられるものではありません。自分で自主的に責任を選んでいかなければなりません。

本当の責任感を知っている責任感の資質を持っている人は周りの人に自分が負う責任を選ばせましょう。そうすることで
周りの人の成長に貢献することができます。そして責任を共有できる人ができ、
自分も余裕ができるはずです。さらに満足のいく仕事もできるようになります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事