MBTI

【ストレングスファインダー】回復志向の意味とは?回復志向の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要があります。今回は回復志向の資質について紹介をしていきます。

回復志向の資質とは?

回復志向の資質を持っている人は物事のマイナス面を見つけ、それを元の状態に戻すことができます。回復志向の資質を持っている人はゴミがたくさんある部屋を掃除することに何も抵抗がなかったり、未完成のジグソーパズルを最初から完成させようとしたりします。
問題解決と言っても色々あります。回復志向の資質を持っている人は現実的な問題解決が好きな人、興味のある分野の問題解決が好きな人などさまざまです。どんな問題解決を好むのかは、人ぞれぞれで異なってきます。

回復志向の資質を持っている人を活かすには?

問題点を見つけたらどんどん人に伝えて行きましょう。あまり進んでいない物事やサボり気味のチームを再び活性化することで回復志向の資質を役立てましょう。
問題が予測できたら人に発信するようにしていきましょう。
見通しや解決策を伝えることは人から信頼されることの繋がります。問題解決をするためにさまざまな専門的知識を身に付けるようにしましょう。
過ちを防ぐために事前に仕組み作りや手順を考えることも大切です。
問題をを解決することが楽しいという
ことは人に伝えるようにしてください。問題が起こった時、普通の人は嫌なものです。問題を解決しようとは普通の人は思いません。回復志向の資質を持っている人のよつに問題解決を楽しもうとするのはすごいことなのです。
回復志向の資質を持っている人におすすめの仕事は医療関係の仕事です。問題を解決すること、物事を修復したり、問題を解決したりする能力によって成功できる仕事に向いているとでしょう。医療関係の仕事であれば、人の命にも関わる問題が溢れているので患者さんの回復がとても幸せな気持ちにさせてくれるでしょう。

回復志向の資質を持っている人が気をつけるべき点

自分の欠点ばかりに目がいきすぎて、自分に厳しくしすぎてしまう傾向があります。時には休息をとるように心がけましょう。
他の人の欠点に対しても回復志向の資質を持っている人は気になることがあります。問題を解決しないと気が済まない状態になるのです。
回復志向の資質を持っている人の好意で指摘したことは相手にとっては余計なお世話だと思われてしまったりしてしまいます。
回復志向の資質を持っている人は分野を決めて研究をすると良いでしょう。
回復志向の資質を持っている人は不器用なため、何をするかを決めて行動をする方が良いです。
また、人によっては問題が多すぎるとどこから手をつけたら良いかがわからなくなってしまうこともあります。
回復志向の資質を持っている人が行動をする際には重要な問題点が何なのかをはっきりとさせてから問題に取り組むようにしましょう。

回復志向の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

何か問題がある時、回復志向の資質を持っている人が修復できる能力を持っていることを周囲に伝えましょう。回復志向の資質を持っている人が指摘したことで未然に問題を防ぐことができれば周りの信頼を築くことができます。
回復志向の資質を持っている人が助けを必要としている人を見つけた時には、できるだけ早く声をかけましょう。
他の人が困っている人に気付く前に声をかけ、問題を解決したとき思いやりのある人だと思われるようになります。
回復志向の資質を持っている人は問題を未然に防ぐことに時間を取るようにしましょう。その時間が停滞気味のことを
活性化させるための役に立つでしょう。
どのようにしたらもっとよくできるのかを考えることは、回復志向の資質を持っている人はにとってとても簡単なことです。何事も常に改善の余地があると考え、それを周りにも伝えましょう。
また、周りからはマイナス点ばかりに目がいきがだと思われがちです。今ある状態をきちんと認めた上で今後の予定を伝えるていきましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。