ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】目標志向の意味とは?目標志向の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。

ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要があります。今回は目標志向の資質について紹介をしていきます。

目標志向の資質とは?

目標志向の資質を持っている人は目標を定めてまっすぐに突き進むことができます。これをやりたい、こうなりたいというような目標が決定するとモチベーションが高まり、最高の演技をすることができます。また、自分が立てた目標に対して動き始めたとき、行動が役に立つかどうかの本能的に判断することもできます。間違った行動には全く気をとられません。そのため、一つの目標を達成しようしている時は時間を忘れて没頭する事ができるでしょう。目の前の事に集中していたら、話しかけられているのにも気付かなかったということもあるくらいです。他人や組織に対しても同じ行動を取れます。目標に対して違う道に走っていた場合、それに気づかせて本来の目標に向けて行動させることができるのも特徴です。目標志向の資質を持っている人は目標達成に向けて目の前のことに集中し、着実に実行する天才と言えるでしょう。

目標志向の資質を活かすには?

やるべきこと、やらないことを決め、適切に目標を設定しましょう。また、大きな目標達成のために小さな目標と計画を設定し、計画的に実行に移していきましょう。これによって目標に向かってどう進んでいるかを客観的に判断する事ができます。また、計画を立てるときは活動の内容の一覧表などをつくり、行動に優先順位をつけることも大切でしょう。これによって、目標志向の資質を持っている人は一つの物事に集中しすぎる事なく、すべての目標をバランスよく達成する事ができます。

独立して自ら目標を定め進んでいくのも目標志向の資質を持っている人にはおすすめの方法です。目標志向の資質を持っている人は他人に見ていられなくても仕事を進めることができます。人生の目標を自分で設定し、その目標の実現に必要な行動とそうでない行動を見分けることができるのです。組織においても目標を設定しましょう。組織ではスケジュール管理などの役割に積極的につくと良いでしょう。

この役割につくことによって、組織全体が目標からずれる事なく効率的に行動を進めることができるでしょう。目標志向の資質を持っている人が気をつけるべき点目標志向の資質を持っている人は目標達成に向けて突き進むあまり、努力した過程を楽しむことを忘れがちです。目標志向の資質を持っている人は目標が達成されてないことは悪であると思っています。そのため、達成するために効率を求めすぎてしまうのです。

自分一人で行動をする時はそれでも構いませんが、他人と協働する時はいけません。周りのことを置いてきぼりにしていないか、連携をとっているかなどを確認しましょう。目標志向の資質を持っていない人の回り道が意外な発見や喜びをもたらすこともあるので注意することが大切です。 目標志向の資質を持っている人は目標を優先するあまり、プライベートをなくしてしてしまうことがあります。一つの目標が決まると、それ以外のことの優先順位が落としすぎてしまう傾向にあります。

そんな時は、プライベートにおいても目標を設定をするようにしましょう。そうすることによってプライベートの優先順位が高まり、生活と仕事のバランスがとれる様になります。人生では仕事とプライベートの両方が存在するということを忘れないでおきましょう。

目標志向の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

組織の目標に対しては、目標志向の資質を持っている人が時間を割く価値があると判断したことだけを実行し、なぜそう判断したのかを周りに伝えましょう。一方で、他人の選択したことも理解する姿勢を持つようにしましょう。選択というものは各個人がするものです。最終的な決断は何事も自分が決めることののです。各々が目標に向かって適切な選択をすることができるように、目標に向かって努力していきましょう。組織の人間関係においても目標を決めるようにしましょう。また、人間関係の目標についても計画の中にいれて実行することが大切です。

人間関係についても真摯に取り組むことで周りからは思いやりがある人と思われることでしょう。目標志向の才能を活かし、目標に向かっていくための長期的な計画を立てて周りに共有しましょう。長期的な計画は周りには安心感を与えます。

その際には計画にすべての人たちがグル含まれていることを伝えましょう。役割を与えられ、必要とされていることは周りに安心感をもたらします。組織の人が各々の人生の目標に対してやるべきこととそうでないことを判断する手助けをしましょう。一番大切なものはなんですかなどといった質問を投げかけながら、長期的な計画を立てます。そして具体的な行動計画を一緒に練ることで、周りの人は信頼をしてくれるでしょう。その行動によって目標志向の資質を持っている人と周りの人たちの絆が深まっていくのです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事