ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】自我の意味とは?自我の特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。

すべての資質を把握しておく必要があります。今回は自我の資質について紹介をしていきます。

自我の資質とは?

自我の資質を持っている人は向上心に満ちた認められたがり屋です。例えばリーダーとして組織を率いる時や、大勢の前で発表をする時などにやる気がみなぎり、最高の演技をすることができます。
向上心が強く、こうなりたいと強く願う目標があるのも特徴です。目標を紙に書いたりし、よく見える所に貼っておく事でモチベーションが上がるような人も多いはずです。目標を叶えることで認められたいと願う気持ちが強くあります。
この向上心や認められたいという気持ちをどうコントロールするかが、自我の資質を上手に活かすポイントになってくるでしょう。

自我の資質を持っている人を活かすには?

自分の仕事が多くの人から注目されていると感じたとき、良い仕事ができます。最も目立つような役割を探し、裏方で支えるような役割は他の人に任せましょう。
また、自分の仕事が重要であればあるほど、リスクを恐れず演技をすることがをできます。大事な局面こそ自分に任せて欲しいと、周囲に伝えておく事が大切です。
行動や課題を自分で決められるような仕事や役割を選びましょう。自我の資質を持っている人は他人から指図されるのではなく、自分の頭の中で考え行動できることが好きです。
自分の頭の中で考えて行動した結果が最高の成果を挙げたときにはとても喜びます。そこから得た情報は周りに共有し、自分が自由な状態でどうして成功したかの具体例を考えておきましょう。そうする事であなたはますます自由な状態で行動をすることができるようになっていきます。
こうなりたいと強く望みたいときには目標や成果や資格などのリストを作成して、目にするところに貼りましょう。そして、このリストを見る事で自分自身がどう動くかの参考にしてください。

また、その目標は周りの家族や恋人、友人などに共有するといいでしょう。自我の資質を持っている人の期待に応えようと手助けしてくれることもあるはずです。
自我の資質を持っているが気をつけるべき点
自我の資質を持っている人は失敗して人から認められない事を恐れることもあります非常に弱い心を持っているのです。

失敗をしたときにはまず、その事実を受け入れましょう。そしてその恐怖心を、なくせるように努力をし続けていきましょう。
また、自我の資質を持っている人は他人からの評価を真に受ける傾向にあり、自分で自分を認めることができません。悩む事もたくさんあります。しかし、大事な人たちから好かれたい、認められたいと思う事は、人生にとってとても大切なことだと知っておいてください。
常に実績のことを頭の中に置いておきましょう。自我の資質を持っている人は高い目標に向かわせようとしますが、その目標は今の実績とかけ離れたものになっていることがあります。
そうであれば、自我の資質を持っていることは口先だけの人間と見なされてしまうかもしれません。目標を立てる時には自分のなりたい姿と今の実績との距離感を見て周りに文句を言われないような、適切な目標を立てるようにしましょう。

自我の資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

自我の資質を持っている人が優れたリーダーになるには大きな目標を達成したいという向上心を、積極的に周りの人に共有していきましょう。
常に自分に正直であり、自分の気持ちにウソをついたような行動は避けていく事が大切です。
目標にひたむきに向かっていく姿を見せると周りの人は信頼を寄せるようになります。
自我の資質を持っている人は、他の人よりも目標を高く設定することが多いです。組織で目標を設定をするときには、小さな区切りとなるような目標も設定し、徐々に目標を達成し、お互いの努力を褒め合いましょう。
また、自我の資質を持っている人が周りから受けた評価でうれしかった時には、それがどれだけ力になっているかを周りに伝えましょう。
自我の資質を持っている人の目指すべきところは短期的なものでなく、長期的なものだとちうことを明らかにしましょう。
また、問題が起きた際は自我の資質を持っている人がすべて引き請ける覚悟が自分にはあることを周りに伝える事が大切です。そうすれば信頼されることは間違いないでしょう。
周りの人には、やりたいことや夢を聞き、手助けをしてあげましょう。そして、その目標に対してどう行動をしていけば良いか教えてあげてください。
また、自我の資質を持ってません人が注目を浴びた時には周りの人も同時に注目されるように気を使うことが大切です。そうすることで、周りは感謝し、一層モチベーションが湧いてくることでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。
関連した心理学の記事