ストレングスファインダー

【ストレングスファインダー】慎重さの意味とは?慎重さの特徴と活かし方

ストレングスファインダーでは自分の性格を知ることができます。ある調査によると自分の強みを知っている人は幸福になる可能性が高く、悲しみを経験する可能性が低くなるという結果が出ています。
ストレングスファインダーには34の資質があります。34の資質には順位がつけられています。その中のトップ5は昔から大切と言われてきました。しかし、最近ではトップ5以下の順位もすべて大切と言われています。
すべての資質を把握しておく必要があります。今回は慎重さの資質について紹介をしていきます。

慎重さの資質とは?

慎重さの資質を持っている人は物事を成功に導くために事前の準備をかかせません。成功させるには準備が必要だと考ています。違う言い方をすると不安になりやすい性格です。そのため、何をする時でも事前に不安を解消するために準備や「事前確認を行うのです。慎重さの資質を持たない人から見るとそんなことまでするの?と驚かれることもある思います。呆れてしまうこともあるかもしれません。でもそれは決して周りの邪魔をしているつもりではなく、成功させるための行うための行動なのです。

また徹底的に事前準備することで慎重さの資質を持っている人は心から安心でき、最高の演技をすることができます。

慎重さの資質を持っている人を活かすには?

慎重さの資質を持っている人を活かすには行動前に十分な準備期間を設けるようにしましょう。
慎重さを持っている人は余裕のある状態を好みます。そのため準備期間が短いと、失敗と不安を感じてしまい、最高の演技をすることが出来ません。
余裕を持ってできることを最優先とし、準備期間を設けましょう。

もし何か遅れが発生したとしても間に合わせることができるような状態であれば慎重さの資質を持っている人は慌てることはありません。また、できるだけ不安なことは事前に解決しておきましょう。準備が全てだと思っている慎重さの資質を持っている人は、予想外のことが起こってしまうとパニックに陥る可能性があります。そのため本番で実施することは練習の段階でも実施し、なるべく不安なことは減らすようにしましょう。
そうすれば準備の精度も磨かれ、慎重さの資質を持っている人も周りの人も、より安心することが出来ます。危険は行動をする上で必ずあります。危険を減らすために準備と事前の確認を怠らないでください。

慎重さの資質を持っている人が気をつけるべき点

慎重さの資質を持っている人は1度決めたことはどんどん進めていくことが可能なのですが、急にどうするのか?と選択をしなければいけない状況になった時には危険を考え過ぎて、判断ができないことがあります。判断できたとしても入念な事前確認からはじめるため、前に進むのにはとても時間がかかってしまうでしょう。周りからは判断が遅い人、優柔不断な人と言うようなイメージを持たれてしまうかも知れません。判断のスピードはなるべく早くすることを心がけましょう。慎重さの資質を持っている人は決めたことを実施することで力を発揮できます。
そのため判断することはとても大切なポイントなのです。

判断スピードを速くするための方法は以下の通りです。

・始める時の危険ばかり考えずに、やらなかった時の危険も考えてみる。
・一旦引き受けて、その上で危険を減らせるか考える

慎重さの資質を持っている人が優れたリーダーになるには?

慎重さの資質を持っている人の特徴を活かし、計画全体の危険や準備不足などを確認しましょう。計画をうまく活かせようとしているその行動は、周りからの信頼を集めます。
周りの人が判断をするときには、危険が残っていないか確認してあげましょう。
その時、もしも気になる点があれば優しく指摘をし、一緒に危険な部分の再確認を行いましょう。

危険をすぐに見つけることができるため、相手の気持ちを楽にすることができます。不安に思っていた部分もなくすことができるでしょう。持ち前の準備力を活かし、計画は万全な状態にしましょう。

計画も安定できますし、周りの人も安心して他のことに集中できます。
準備しなければならないことと事前確認をするべきことは明確にし、周りに伝えるようにしましょう。また、この2つができれば上手くいくことも教えてください。
そうすること周りの人も成功を思い描け、安心して行動をすることができるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。