MBTI

【MBTI】ISFJらしさとは?ISFJであることの意味について

ISFJは責任ある、良心的なタイプと言えるでしょう。
そして地に足を付けて物事を考え、几帳面、忠実で、共感してくれるタイプです。

ISFJの性格について

ISFJは静かで、友好的で、周囲の人々のニーズを理解するための贈り物をします。彼らは内向的で、一人で多くの時間を楽しんでいますが、彼らは愛する人のために容赦なく一生懸命働くこともできます。彼らは通常、目標指向で、献身的で、忍耐強いです。このタイプの定義の特質の​​1つは、常識、内規律、およびその価値に対する揺るぎない信仰です。彼らは、他の多くの人が見落とす人生の詳細を強く意識しています。

彼らは、意味、快適さ、安定性のある生活の創造に努めています。彼らは人体の信号に非常に注意を払っており、そのため、しばしば医療のキャリアに向けられています。彼らはまた、他の個人との共感的なつながりに向けられ、一対一の助け合いの中で成長していきます。

あなたの原動力は、快適な生活を送るための安定性、健康です。

ISFJの概要

ISFJパーソナリティタイプの最も明確な特性の1つは、現在の状況を最適なものにするため、過去の経験から独自の能力を引き出します。彼らは、自分がどこから来て、どこに行きたいかについての深い知識と、物事を確実に行う方法を知っています。彼らは何が変わらないのか、何年も働くことが証明されているのか、そして何が安定的か不安定かを非常に意識しているので、自分自身と周りの人々をつなげる方法を知っています。多くの場合、彼らは、現在と比較して、状況が以前はどのように変化していったか、または状況が以前はどのように設定されたかを正確でかつ詳細に思い出します。彼らは集めてきた豊富な情報とデータを比較して、検証でき、信頼もできるものを決定します。大切な慣習を守ることは彼らにとって重要なことです。

またISFJは、思いやりと温かさを持つ人々です。彼らは周りの人々にとって何が重要であるかに耳を傾け、グループ内で統一感と共有の価値観を作り出すことを楽しんでいます。彼らは人々が言うことに簡単に同情し、しばしば他者の感情に責任を感じます。ISFJにとって褒めること、支えること、人々の感情や意見を尊重することは、自然に伝わりやすいものです。ISFJは意思決定に関して、その意思決定をしようとしている関係者の立場に立って、すべての人に適切な意思決定を行えるようにします。

ISFJは内向的ですが、愛する人にたくさんの時間とエネルギーを費やします。彼らの静かなサポートと肯定は、職場と彼ら自身の関係においても重要な財産と言えるでしょう。ISFJは、他の人に物事の功績を認めさせる傾向がありますが、多くの場合、目標が達成され、すべての細部が完璧になるように見えないところで努力し働いています。実際、ISFJは他の人々の追求とニーズに集中することができるため、燃え尽きてしまいます。これらのタイプは、「サークルの仲間」の人々を支え、世話をするために苦労をいとわないことは珍しくありません。外向モードになって明るく活動的に振る舞って過度のエネルギーが消費された後に、エネルギーを再充電しようとすると、発作のように突然1人で居たい気持ちが高まってくるかもしれません。

ISFJは非常に几帳面で落ち着いた性格であるため、勤勉さと細心の注意を要する仕事が向いています。ISFJの活躍している分野の代表的な例は、教育、宗教、医療です。彼らは一対一の関係を通して肯定的な結果を生み出し、彼らが働く組織と人々に対して静かで行き届いたサポートを提供します。

最高の状態のISFJ

ISFJは健康的な状態であれば、温かく、気前がよく、寛大で作業なども正確にこなす人です。彼らは目標を達成するためにかなりの時間を費やしますが、罪の意識を感じることなく、どのようにくつろぎ、自分自身をケアすればいいのかを知っていますどんな職業を選んでも、健康なISFJは驚くべき安定性、集中力、判断力を示します。几帳面さが周囲に尊重され、揺らぐことのない彼らの価値を信じています。

彼らは自分の価値観で世界に正しい変化をもたらすために使いたいと思っています。しばしば、彼らが世界で困窮している人々や差別されている人々のために立ち上がっているのをみかけます。彼らは自らの手を汚すことを恐れず、これらのタイプは、人々が実践的なサポートを困っている人々へ提供するであれば危険地帯へと入ることも厭いません。彼らは状況に適応し、変わっていく状況を把握し、自分で話す能力を学ぶことができます。

平均的なISFJ

平均レベルでは、ISFJは、タイプが定義するのと同じく、思いやりと几帳面さを示しています。彼らは注意深く、几帳面で、目標に焦点を合わせています。また、趣味に没頭し、小説、骨董品、または現在興味を抱いているものに夢中になって時が過ぎるのも忘れて楽しみます。彼らが興味を持っているとき、彼らは周囲の人々の多くが実現することができないことを彼らの内側にある情熱で彼らを追い求める傾向があります。

平均レベルでは、ISFJは自分で立ち上がるのに苦労する傾向があります。彼らは他の人が必要とするものに夢中になりがちで、一人の時間をとることを忘れてしまいます。時間が経つにつれて、これは彼らの物事を尋ねる人々への怒りにつながる傾向があります。ISFJが「いいえ」と断る能力を会得し、ニーズを直接表現することが重要です。これは、このタイプが成長するために必要な要素でもあります。

平均的なISFJは、自分よりも年上・先輩的存在から知恵を得ることを楽しんでおり、自分や他の人の生活をより簡単に、より快適に、またはより安全にするために役立つ勉強を常に積んでいます。健康的な彼らは習慣を持ち、人生のシンプルな喜びを楽しみ、友人や家族に実用的な知恵を教えます。とは言うものの、彼らはまた、時には経験したことのないことを考えることに苦労します。変化が伴うことはストレスを感じやすい傾向があり、新しい方法で物事を試すことをためらってしまいがちです。

不健康なISFJ

不健康なレベルでは、ISFJは自分たちの習慣に非常にこだわっており、快適さを増すために、快適な空間から外へ出て行動することができません。彼らは実際に、物事を変えようとする、または快適空間に入りこもうとする人々に対して非常に攻撃になってしまいます。快適さを彼らに与えてくれるもの(特定の好きな食べ物・飲み物、特定の好きな音楽・本)は、必要以上に使いすぎてしまいます。

ある種の不健康なISFJはあまりにも浮世離れしてしまって、引きこもることで可能性から遠ざかり、部屋や家で滞りなく日常生活部を送っています。他のISFJは、本来目指す方向と別の方向に力を入れすぎると不健康になります。彼らは全力で周囲の人々の世話をしますが、徐々に彼らに対して怒り、消極的でありながらも攻撃的になってしまいます。そうなってしまうと、彼らは燃え尽き、くたくたにされてしまい、このタイプの典型的なものよりも危なっかしいです。セルフケアと静かな時間は、これらのタイプの不健康なISFJにとって必要なものといえます。

不健康なISFJも、人を喜ばせることには苦労してしまうかもしれません。彼らは周囲の人に多くのものを与えますが、彼らのニーズをはっきりさせる方法を知らず、はっきりさせないままに何かを与えることに対して罪の意識はありません。傍から見ていると彼らも寛大で友好的ですが、やって当たり前のことや何者かに利用されていることが多いため、心のなかでは痛みに満ちています。本当の気持ちを見せてくれるのは家の中のみであり、それらの気持ちを何かへのこだわりで麻痺させるか、一緒に住んでいる人々から離れて、後で罪の意識を感じることがあります。

一部のISFJは、人生において健康な期間、平均的な期間、不健康な期間を生活の中で経験しています。他の人は、生活の大部分を「健康的な期間」「平均的な期間」「不健康な期間」のいずれか1つの健康層で過ごしています。以下では、ISFJが「健康」の範囲でより多くの時間を過ごし、経験を積むことができるように、ISFJの個人的な成長するためのプランを検討します。

ISFJのあなたに個人的な成長に関する推奨事項

あなたが休日に十分に睡眠をとり、好きなことを考え、日々の日課をクリアするのに必要な時間を十分に確保できているかを確認してください。

意識を集中してスマートフォンの電源をオンにし、テレビの電源をオンにしましょう。
あなたがすでに一人で過ごす時間を十分に確保できている場合は、あなたが必要以上に引きこもったり、周囲との関わりを減らしたりしていないかを確認してください。

家族・親友・同僚など、あなたにとって大切な人を励ましてください。誰かの仕事が大変そうに見えたなら、それを軽くしてあげるために何か手伝ってあげましょう。あなたがいる環境(近所の飲食店、職場、あなたの親族)を研究し、人間の2種類の行動パターン(一貫性のあるパターン・毎回コロコロ変わる一貫性の無いパターン)に着目してください。
毎日、あなたは何か新しい方法で何かを試せないか考えようとしています。

決定し行動に移る前に、より良い代替案を検討するのをやめてください。ストレスを感じているときにはこのようなことはしないでください。
ニーズや希望を直接言う練習をしましょう。できるだけ簡潔に、自分自身に罪の意識を感じないでください自分自身と自分のニーズを表現することは健康であることの表れだということを思い出しましょう。

毎日新しいレシピに挑戦したり、新聞のコラムを書き写したり、友達と身近な話題について意見交換をしたりして、あなたの思考プロセスを改善しましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。