MBTI

【MBTI】ENTJとINTJの違いについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

今回はENTJとINTJの違いについて考えていきましょう。この2タイプはINTJの性格と判断されることが非常に少なく、その性格上あまり表には出るタイプではないので両者の違いについて把握し辛いという人も多いと思います。しかし、実は少し観察すれば見分けやすいタイプでなのです。先ほどもいいましたがINTJ のタイプは実際に目にすることが少ないです。それを理由に、二つのタイプの違いが曖昧になっていると思われます。

ENTJとINTJの共通点

  • 自律性
  • 意志の強さ

ENTJとINTJの共通点はNiによる部分が非常に大きいです。自律性の強さが例としてあげることができます。
Niは対象から確信的な洞察を得て、 自身の計画を頼りに物事に挑戦を行って行きます。 権威や常識に囚われない先進的な側面も持っています。そのため何事においても自分から始めるというような意識が強く、周りからは独立心が旺盛なタイプだと思われています。
Niには 客観的で厳格なTeが合わさることで両タイプを非常に強い意志の持ち主に仕上げてくれるでしょう。

ENTJとINTJの違い

  • たくさん広げるか、 狭く掘り下げるか
  • 計画に対する意識

ENTJとINTJの大きな違いは2つタイプの行動に表れます。簡単には言えば、 ENTJは活動の幅をどんどん横に広げていき、 INTJは特定の分野に対して狭く掘り下げて力を注ぐという違いが見られます。

ENTJは優勢機能としてNiを所有しています。 このNiはその優れた洞察力により物事に特定の可能性を見出すことで、 ENTJに未来への挑戦をするように促しています。 しかしながら、 ENTJはあくまでも主となる機能はTeなので目の前の現実世界において社会的評価を得ることが優先としています。そうならばENTJにおけるNiとはどのような役割を持っているか疑問に思う人も多いでしょう。答えは未来への挑戦欲や開拓心を掻き立てることにあります。

ENTJはNiによって様々な物事に関連性を見出すことができるため新しいことにも積極的に挑戦をすることができます。
ENTJが社会で勝ち上がるためにはNiが戦略的に多く関わってきます。それに加えてSeがあり、大胆なことでもフォローをすることができます。

それに対してINTJは主機能にNiがあるので、 最も優先されるのは自分自身の計画や才能を発揮することにあります。 それを補助する形でTeが存在しています。 つまり先ほど説明した自身の思いは、 現実的にに有益なものであったり社会的価値を持つものとして形にする必要があります。

Fiが代替機能にあるので、 自身の計画や仕事はより個人的に価値を持ったものである必要があります。 INTJは愛着を持てるような仕事を選ぶ傾向が強いのです。これを言い換えれば、 専門性を強く持つことがINTJの基本的な戦略ということになります。

この二つのタイプは表面から性格などを見ていけば違いにはすぐに気がつくことができます。しかし、 外から容易に見分けることができない違いなどもある。それは意識の違いです。二つのタイプが持つ計画に対する意識の違いは外からでは分かりません。

ENTJは比較的短期かつ実現できる可能性の高い計画を立てます。 INTJはより長期的かつ多少実現することが厳しそうな計画を立てる傾向にあります。これは両者の主機能が違うために起こっています。 Teを主機能にするENTJはあくまでも現在を中心に物事を考えています。 Niはそれを補助する戦略としての機能を果たしています。

一方でINTJはNiが主機能なため、計画それ自体があらゆる活動の軸として存在しており、 Teはそれを果たすための道具としての機能が強いです。またSeがあるため、少し難しいような計画を打ち立てることがあるのです。

また、Fiの側面もあるため、計画が危うかろうが、 気に入っているから問題はないといった気持ちになります。
INTJの計画に対する意識の強さは16タイプにおいてずば抜けています。

リーダーシップの違い

INTJとENTJはリーダーに非常に向いている傾向にあります。どちらのタイプでもどんなことがあっても自分が責任を負うという明確なスタイルを持っています。ENTJは、グループ内の人々の意見をしっかりと聞きサポートを行います。
そのためENTJ常に周りからの信頼が高いです。自信に満ち、能力があると周りからは思われています。
サポートをたくさん行ってくれる印象波非常に強いですがENTJ自身は自分のために行動を行っています。
ENTJは何をするに対しても準備をかかさず行っています。周りの人たちが何もせずに毎日を過ごしていれば不思議に思います。INTJはENTJと同じようなリーダーシップを発揮することはできません。 一般的に、INTJは窮地になったときにしかリーダーシップを発揮しません。
隠れながらリーダーシップを発揮しようと思っていますがそれは中々厳しいようです。どちらのタイプも比較的単体で行動する傾向にあります。リーダーではない人間を利用して必要な情報を入手します。INTJは必ずしもリーダーではない人間を利用して情報を入手しようとは思いません。INTJは自分自身がリーダーを担当しているという実感があまりありません。

ENTJはINTJとは異なり、誰がリーダーとして活躍しているのか明確に知っています。リーダー以外のすべての人のことも把握しており、信頼される人物となるでしょう。
このようなことから、ENTJのリーダーシップのスタイルは企業の世界でよりうまくやっていける可能性があります。

戦略の違い

INTJは戦略家な本質を持っています。
INTJは、世界のパターン、他人の行動や環境を認識し、直観的に将来の出来事を予測し、計画することができます。
INTJは常に他の誰よりも10歩先行することも可能です。ENTJも同様に戦略を立てることは可能ですが、ENTJは計画を実行に移すことはできません。ENTJの戦略の主な目的は物事を完了させることです。INTJの戦略の主な目的は、目標を実現することであり、そのために行動を起こします。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。