ソシオニクス

【ソシオニクス】アルファクアドラとは?特徴・性質・価値観について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ソシオニクスにはクアドラという分類があります。
クアドラは、似た価値観を重視する4タイプから構成されるグループのことで、アルファクアドラ、ベータクアドラ、ベータクアドラ、ガンマクアドラ、デルタクアドラの4つがあります。
まとめると以下の通りになります。

  • アルファクアドラ:Ne・Ti(NTP)+Si+Fe(SFJ)
  • ベータクアドラ:Se・Ti(STP)+Ni・Fe(NFJ)
  • ガンマクアドラ:Se・Fi(SFP)+Ni・Te(NTJ)
  • デルタクアドラ:Ne・Fi(NFP)+Si・Te(STJ)
  • ()内はMBTI表記

同じクアドラに属している人たちは、基本的には仲良しになりやすいです。また、同じクアドラの4タイプ全てが集まると、より活気に満ちたものとなるでしょう。

アルファクアドラとは?

アルファ・クアドラはILE(ENTP)、SEI(ISFJ)、ESE(ESFJ)、LII(INTP)からなるクアドラになります。熟慮型で陽気、民主主義的という特徴を持っています。

アルファクアドラの特徴

①いつもリラックスしている

普段からリラックスしている傾向にあります。やらなければいけないことをするときだけは、一気に戦闘モードに入って集中し、やることが終わったら戦闘モードを解除して元通りリラックスします。

②大きなことのために休む

責任がかかった重要な仕事をやる前は、リラックスをしなければいけません。 しっかり休めれば休めるほど、その後も効率的に力を発揮でき、集中すべきところで集中でき、仕事の質も上がると思っています。

③やる気になりにくい

戦闘モードを解除して、落ち着いて考えるためのリラックスモードに切り替えるのは、何も大変なことではありません。しかし、普段のリラックスした状態から戦闘モードへと切り替えるのはとても難しいことなのです。そのため、やる気を出すために特別な動機を必要とすることが多いです。

④大きなことをする前には小さなステップを踏む

大規模な仕事は、いくつかのステップを踏んでから達成しようとします。ステップごとに戦闘モードに入り、そのステップが終わったらそのたびに普段のリラックスモードに戻るということを行います。

⑤決定するのは辛い

決断をする瞬間は、比較的いやな瞬間として受け取っており、おぼえていないことが多いです。

⑥決めた後より決める前を大切にする

決断のする前の準備段階のほうをよく理解して、価値があると考えるため、準備段階に時間と努力を費やします。

⑦結果よりも条件の良さ

仕事については、ある程度快適さや自由さがあることが重視されます。職場は、そういう条件が満たされるかという観点で評価することが多いです。

⑧条件について話す

どのように決断に至ったのかという条件については説明しますが、決断した瞬間のことははっきりと言いません。仕事について話すときは、仕事の条件について話を行います。
熟慮型クアドラはリラックスをすることや事前に準備すること、そして深く考えることや議論といったものが大事です。

アルファクアドラが重視する価値観

このアルファクアドラが重視するのは、Ne・Ti・Si・Feです。
具体的に重視する価値観は以下のようなものです。

  • 知的刺激や楽しみのために理論や概について語る
  • 論理的に一貫した信念やアイデア、自分の価値観と一致するものを価値があると見る。
  • 集団活動の中のアイデアを成し遂げる。
  • 明るくたくさんの情感表現をし合うような雰囲気の集良い集まりに参加したがる。
  • すぐ結果ではなく、起こった出来事の詳細について語ろうとする。
  • ささやかなおもてなしや贈り物をすることで、愛情を表現する。
  • 祝日やパーティ、お祝い事のような特別なイベントの明るい雰囲気に元気をもらう

アルファクアドラが重視しない価値観

逆に重視しないのはSe・Fi・Te・Niです。これらは、ガンマクアドラの人たちが重視する価値観です。アルファクアドラが重視しない価値観は以下の通りです。

  • 皆がいるときには対立が生まれないように不快な話はしない
  • 嫌なことはすべて水に流し、楽しいことを優先する。
  • 長期間続けなければいけない投資はしない。最小限でも確実に元が取れる短期的な投資をするように心がける。
  • 自分で経験したり学んだりして生きていく。

他クアドラから見たアルファクアドラ

ベータクアドラから見たアルファ・クアドラ

ベータクアドラはアルファクアドラを、楽しくて面白い人と思っています。しかし、その一方で頭が悪い、今のことにしか目が行っていない、誰かの指示がないと何もできないなどと現実の世界よりも空想上の世界を良くすることばかり考えていると感じています。
基本的にアルファクアドラとベータクアドラはは、個人的に仲良くなるよりかはグループで関わるほうが仲良くできます。
そのグループではFeが支配的な立場となりますので、ベータクアドラどんどん話をしてアルファクアドラがさまざまな提案をします。グループ内では活気のある笑い声が響き渡るでしょう。個人的にかかわろうとすると、価値観が異なるので、お互いのことを理解することはとても難しくなります。

ガンマクアドラから見たアルファクアドラ

ガンマクアドラはアルファクアドラが、グループにいるときは、基本的には好意的で親しみやすく楽しい人たちという第一印象を持ちます。そのうちガンマクアドラはアルファクアドラが野心に欠けていてることに気が付きます。表面的に感情表現をしたり、逆にそれに過敏になったりする人なんだと感じるようになります。

デルタクアドラから見たアルファクアドラ

デルタクアドラはアルファクアドラを楽しい集団、アイディアや将来のことを話し合える面白い人だと思っています。個人的な人間関係においてもビジネス的な人間関係においても同じだと考えています。アルファクアドラは楽しみと創造性を大切にしている理想主義的な人に見えています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。