夢占い

【夢占い】夢の持っている意味とは何か?

夢は今までの何千年もの期間の間、さまざまな人たちを魅了してきました。夢について考えさせられた人もたくさんいると言われています。夢については難しいことがたくさんあり、考える人はあまりいませんでした。しかし、夢を深く考えた人物たちは近年に現れました。ごく最近の歴史になります。科学的研究の対象とまでなりました。

夢は大幅に変えることができると言われている一方で睡眠の研究者である、J.アラン・ホブソンは、夢の基本的な特徴を見つけることに成功しました。
彼と一緒に研究をしてきたのがロバート・マッカーリーです。この人物は、睡眠中に起こる神経の活動を理解し、脳の動きなどをみて夢を見ることができるという驚きの研究成果を上げることに成功しました。

夢は激しい感情を呼び起こすことがある

夢の主な特徴の1つ目は、夢の中で経験することで脳内では感情が激しくなったり、痛みを伴ったり、とっさにすることがあると言うことです。眠っているため現実には何の影響もないと思われがちですが実際には現実で叫んでいたり、行動に移したりしている可能性があります。夢では現実で絶対にできないことをしたり、されたりする傾向にあります。例えば外で裸でいたり、何らかの犯罪を実行していたり、何者かに追われているなど、恐ろしかったり、恥ずかしかったりすることを夢で見たりします。
夢で怖いと感じたり、感情的になりすぎたりして夢から急に目覚めて叫んだりすることがあるくらいです。
夢のストーリーなどによって1番発生する感情は不安、驚き、恐怖だと言われています。

夢は非論理的なことが非常に多い

夢は見たいものを見ることができるわけではなく、夢の内容は実際に寝て見ないとどんなことが起こるのかは全く分かりません。夢には規則性などは一切ありません。夢はあいまいなことや、一貫性がないことが非常に多いため、奇妙な場合が多いです。研究者によると、夢には特に現実とはなんの関係はないと言われています。驚くことに私たちが実際に寝ている時に見ている夢には現実となんの関連性もないのです。時間や場所、人などが登場することがありますが、何も意味はありません。夢で起きたことが現実に繋がるということはありえないのです。

非論理的な夢の中には、空を飛んだり、時間をさかのぼったり、動物と話せたり、人間が生き返ったりと突然の設定がたくさんありまふ。それは現実世界では絶対に起こらないあなただけの夢なので全く気にしないようにすると良いでしょう。正夢という言葉もありますがあれは単なる偶然だと言えるでしょう。

夢の中で起こる奇妙な物語は夢の中では問題なく受け入れられます

夢の中で起こったりする奇妙な出来事や物語の内容は現実問題ではありえなくても夢の中では何の疑いもなく受け入れられる傾向にあります。研究者によると、夢の中でありえないような内容を受け入れることが出来るのは私たちの内部的な感情と認識の強さによるものだと言われています。
夢の中では、奇妙で非論理的な出来事などはありえないとは見なされません。夢から目覚めたときに夢の内容の記憶がまだある場合には、現実で夢の話を聞くと説明が奇妙であるか、誰かに説明をしたとして難しいと見なされるでしょう。

心理学についての疑問

自分の性格タイプの意味を疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか?あなたの性格は左脳をよく使っているのか、それとも右脳を使っているのか
知りたいと思っている人も多いことでしょう。人間の心理については永遠の疑問を持っている人も多いでしょう。これは考えても理解し難いことなので気にすることはないです。

人間は夢の中では奇妙な感覚を経験することが多いです

奇妙な感覚を経験することは、夢の大きな特徴の1つです。緩やかな落下の感覚や素早く行動をすることができないこと、体の動きを制御したりできないことは、夢の中でよく起こると言われている一般的な感覚経験の一部です。実際に現実では起こらないことなので初めて体験すると驚く人も多いかもしれませんが心配する必要はないでしょう。

夢は覚えていないことが多い

夢を見ているときには脳内に内容が記憶されています。しかし、夢の中の出来事は目が覚めるとそのほとんどを忘れると夢の研究者は言っています。
約95%はが目覚めたときに完全に忘れられるとも言われているほどです。

夢はどうして思い出すことができないのか?

ほとんどの人間は夢の共通の特性を知っている場合が多いです。しかし、ごく一部の人たちは夢の共通の特性を知らないことがあるかもしれません。
夢の特性と夢の内容は日常的にありえるようなものであるか、奇妙な内容でまったくすることができないようなものに分かれます。それに対して普通に対処をするか、適当に対応するのかによってはもっと不可能に近い行動になると研究者のホブソンが説明しています。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。