MBTI

【MBTI】ENFP にいってはダメなこと 

みなさんは会話をしている時に誰かの発言で気分が落ち込んだりしたことはないでしょうか?人間は何の気なしに言った、たったの一言により、誰かを傷つけてしまったり、イライラさせてしまったりすることがよくあります。この何気のない一言は残念なことに傷ついた人は当然言われたことを覚えていますがひどい言葉を言った方は覚えていない場合が多いです。しかも、言われた方は鮮明になんと言われたか覚えています。言った方が忘れていることをいいことに話を盛ることもあるくらいです。

人間は社交的な人がいたり、内気な性格な人がいたり、一人ひとり性格が違います。
そのため怒るポイントは人それぞれでしょう。簡単なことで怒ったりすることもあるため、人間の性格と言うのは本当に難しいです。普段から、何気なく話をするのではなく、相手へ思いやりを持つことが人生ではとても大切になってきます。
ここではENFPのタイプに言ってはいけない10の言葉を紹介していきます。

①「いつもと同じ方法でいいよ」

ENFPは未来志向の人物です。未来の可能性を信じて生活をしています。
ENFPは、行動を行う際には今までの概念だけにとらわれずに常に最適の方法を探します。昔ながらにある伝統という言葉はENFPには通用しません。たしかに伝統は今までの努力の結果です。試行錯誤を繰り返した成果とも言えるでしょう。しかし、伝統という固定概念は効率を悪くしている可能性があります。今と昔では技術的に発展していることが多くあります。例えば昔は台車がなく手作業で物を運んでいましたが今は台車を利用できるという環境があるとします。しかし、伝統により台車は絶対に使ってはいけない。そういうこともあると思います。伝統は昔から伝わってきたもので意味があるものも多いです。必要か不必要か見極めるようにしましょう。
ENFPは固定街念しているのです。今までのやり方があるからと言って初めから否定するのはENFPを怒らせてしまいます。

②「もっと現実を見たほうが良い」

ESFPは現実に起きていることよりも理論的なことを信じる傾向にあります。ESFPは可能性というものをどんなときでも信じています。他人がもうだめだと思ったとしてもESFPは理論的にいけそうなのであれば挑戦をし続けます。よく言えば諦めない人ですが、悪く言えば諦めが悪い人です。ESFPの行動を止めようとすると気分を悪くする可能性がありますのでなぜできないかを理論的に話すとESFPは分かってくれます。

③「さっき、そう言ったから」

ENFPは立場が上の人であってもあまり気にせずに話を聞いています。たとえ、社長などであっても話していることに疑問を持てばどんどん質問をします。「さっき言ったよね」などと指示をしたとしても全く聞いてくれずただ怒らせてしまうだけです。逆に「なぜ、あなたに命令されなければならないのですか?」と聞かれることがあるくらいです。しかし、ENFPは全体的に話を聞いていない傾向にあるので注意をしておきましょう。一人の判断によって思いつきで行動する可能性もあるので注意が必要です。

④「それはしてはいけません」

ENFPは行動を制限されることが嫌いです。束縛などで自由が奪われることも嫌います。ENFPが間違っている行動をとっているからといって怒るとENFPの怒りをかってしまう可能性があります。
しかしたらしてはいけないといった行動がENFPにらできるかもしれません。怒る前に一度しっかりと考えてから発言をするようにしましょう。

⑤「何も考えていない」

ENFPはアイデアをたくさん出すことが得意です。しかし、周りから見たらENFPはあまり物事について考えていないように見えることが
よくあります。
ENFPには約1000個ものアイデアがあると言われています。そのため、何も考えていないと言うとENFPは怒ってしまいます。注意をしておきましょう。

⑥「浮気をしていませんか」

ENFPは人脈が広くよく色々な人たちと遊ぶため、恋人がいた場合には浮気を疑われます。
しかし、ENFP自身にはそのようなつもりは一切ありません。たとえ仲良の良い異性がいたとしていちゃついているように見えてもそれは友達です。決して怒るようなことはしてはいけないでしょう。

⑦「明日までに終わらせて」

ENFPは、締め切りがあることをしているときでも妥協して終わらせたりするようなことは一切しません。ENFPは物事を完成させるときクオリティを重視したいと考えています。そのため時間がかかります。締め切りが間際であってもそれは変わらないです。ENFPなりに計画があるので締め切りを急かすような言葉はいってはいけません。

⑧「話し合いはやめて早く進めてください!」

ENFPは、話合いをするとき、さまざまなアイデアを出すことが好きです。アイデアには無限の可能性があるからです。話し合いはたくさんの時間がかかりますが急がせないでください。急がせることは確実にENFPを怒らせます。話し合いは長くダラダラとすることはよくありませんがある程度の時間は必要だと言うことを必ず理解しておきましょう。

⑨「常識ある人だ」

ENFPが1番なりたくないのは常識にとらわれたような考え方です。いつでも同じような答えをするロボットのような人は嫌いです。正論を言うというのは良いと思うのが当たり前ですが実はそうではないのです。正論にはアイデアがありません。正論は正しいことを並べただけで工夫がありません。
ENFPは想像力豊かな人物になりたいと考えています。そしてさまざなアイデアを生み出します。
そのため、常識のあり、正論ばかり言う人などと言われるのは嫌いなのです。

⑩「気を遣っている」

ENFPは、気を遣われることが嫌いです。気を遣っているということはやはり相手との距離感があります。周りの人は可能であれば気を遣わずに近づいて見てみましょう。意外と近寄れることがあります。また、気を遣っていると相手は常にリラックスすることができずにストレスが溜まってしまいます。ストレスを溜めることは体を悪くしてしまったりする可能性があります、ENFPは考え方や欲求を共有することが好きなので話をたくさんしてみましょう。そして、距離感を詰めるようにしてみましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。