夢占い

【夢占い】「包丁・ナイフ」に関する夢を見たときの9つの意味

包丁/ナイフの夢の意味とは?

包丁やナイフといえば料理では必要不可欠なもので使用したり、もしくは犯罪などでも使用されたりと非常に危険なイメージがあります。
包丁やナイフは振り回したりするだけで簡単に人を傷つけることができるとても危険なものです。夢の中で出てきた場合でも危険と思う人は多いのではないでしょうか?もし、夢の中に出て来た場合でも、現実と同じように危険性、攻撃などの象徴を意味するものとなります。

もし、自分が刃物を持っていたという夢であれば、敵や問題に立ち向かっていこうとしている現状を表しています。
刃物をただ見つめているだけというような夢であれば自分の周りのことで何か疑問を持っていることがあるはずです。
この夢を見た場合にはそういうような問題から目を背けるのはやめましょう。
人から刃物で脅迫を受けた時には人間関係を見直すようにしてみましょう。周りの人となにか問題が起こる前触れです。
刃物で怪我をしたような夢を見た場合も周りに危険なものがある事を意味しています。刃物がとてつもない大きさであればそれほど危険性が高いということなので注意が必要になります。

刃物で指を切る夢を見た場合

刃物で指を切る夢は危険の前触れのように感じるかもしれませんが実はこれから料理の腕が上がっていくことを示しています。
もし、料理の初心者であるなら料理中に指を刃物で切って怪我をしてしまうといったシーンは何度もあるはずです。不器用だと思い心が折れてしまいそうになりそうなこともあるかもしれません。しかし、失敗することで人間は上達していきます。その指を切ってまで頑張った料理はその内に明るい食卓を築いてくれる可能性があります。
料理上手であるのなら新たに料理のレパートリーを増やすために料理教室などに行くと良いでしょう。料理教室では料理の腕を上げるだけではなく、素敵なパートナーに出会える可能性すらあります。指を切る夢は、痛そうで悪いイメージが強いですが決して悪い夢ではないのでもし、夢に出てきたとしても安心して良いでしょう。

刃物を持った人に追いかけれる夢を見た場合

刃物を持った人に追いかけれるという夢を見た場合には何かに解決をすることができない問題がないか、考えて見ましょう。これからもその問題について悩まされることがあります。
問題を解決しようと毎日毎日悩み続けていくとそのうち疲れが爆発してしまう可能性があります。どこかで諦めてしまわないとどんどん悪い方向へと物事が進んでいきます。
思いきって考えるのをやめるというのも良いでしょう。

刃物で刺されるという夢を見た場合

刃物で刺されるという夢を見た場合、これから起こる出来事などに対してなにかしらの恐怖心を感じています。何かをするときに怖い人と一緒にするといった可能性もあります。
自分自身が全く知らない間に誰かに敵意識を持たれている可能性があるので細心の注意を払ってください。
この夢を見たときには周辺の調査を行いましょう。今までは気が付かなったが、急に問題が発生することがあります。何か怖いことが起こる予兆なので注意をした方が良いでしょう。

刃物で誰かから襲われた夢を見た場合

自分の今までの行動を振り返るようにしてみましょう。自分が知らないうちにもしかしたら誰かから恨まれている可能性があります。
何か思い当たることはないでしょうか?気が付かずにそのまま生活をしていると最終的に何らかの攻撃をその相手から受ける可能性もあります。
刃物はやはり現実と同じように夢の中でも危険と見なして良いでしょう。悪いことが起こる前触れです。自分の行動により悪いことが起こらないか冷静になって考えてみましょう。嫌なことを思い出して感情的になってはだめです。冷静に考えることが大切です。
事前に対策を打っておくことで危険なことを回避できる可能性があるので今から対策を練っておきましょう。

刃物が折れるような夢を見た場合

刃物は折れないというイメージが通り、耐久性が強いものです。夢で刃物が折れる夢を見た場合には今までに築き上げてきたものを失ってしまう可能性があるので注意が必要です。今までにたくさんの時間をかけて築き上げて来たものが無駄になってしまうと普通の人であれば心が折れてしまうでしょう。しかし、努力をしたものを失ってしまったのは悲しくないですか?
きっとどんなに辛いことがあってもそこまで築き上げることができたのであればまたやり直しは効くはずです。
もし、無理であれば諦めれば良いというような気持ちを持っていれば積極的に色々と挑戦できます。
中途半端になりそうなやめるくらいの気持ちで取り組んで見ましょう。
そうすればきっと心を入れ替えて再度挑戦することができるでしょう。

刃物を研いでいる夢を見た場合

今までにあったさまざまな問題を振り返ってみましょう。問題を先延ばしにしたりはしていませんか?
問題に対して決着をつけろと夢は教えてくれています。逃げてばかりではあとで後悔します。その内その問題と立ち向かわないといけない時は必ずやってきます。
刃物を研ぐのは初心者であれば非常に難しいことです。同じ力で何度も刃物を研がなければいけません。ずれたりすると、欠けてしまったりしてしまうこともあります。
一瞬の気も抜いてはいけないのです。
このように刃物を研ぐことと同じように自分自身も問題に対して真剣に向き合えと夢は教えてくれています。

刃物を誰かに投らげれる夢を見た場合

行動をするときに周りの様子まで気にしていますか?自分勝手に行動をしていませんか?このような夢を見た場合には行動を見直して見ましょう。
誰かを直接的に傷をつけたのではなく、何らかの行動により少し傷をつけています。直接的であればすぐに思い出すことができますが、このような場合は思い出しにくいでしょう。物事の詳細までしっかりと思い出して見ましょう。
誰から恨みを買っているのか分からないかもしれませんが、少しであれば思い出すことができるはずです。もし、分かった場合には事前誤るのも良いかもしれません。

刃物で切りつけられるような夢を見た場合

このような夢を見た場合には怖くて飛び起きるでしょう。現実でもそのようなことが起こればすごく怖いです。夢でもそれは同じことと捉えて良いです。この夢を見た場合、自分が想像していなかったような人から悪意を向けられることがあります。
なぜ悪意を感じられていたのか分からないことも多いでしょう。
しかし相手は細かいようなことで怒りが溜まっています。今まで親しかったような人との人間関係でも慎重になるようにしましょう。
刃物で切りつけられるような場面は本当に危険で命を落とす可能性すらあります。慎重に行動をするようにして後悔をすることがないようにしましょう。

包丁が壊れたり、包丁を落とす夢を見た場合

包丁が壊れたり、落としてしまったりした夢を見た場合、友達と人間関係が上手く行かなかったりといったことがあるでしょう。
関係性が壊れる場合もあります。
刃物は1度壊れると簡単に直すことはできません。
人間関係もこれと同じようなものです。
少し壊れただけでもそこから壊れる可能性もあります。人間関係もささいなことから崩れますので注意が必要です。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。