夢占い

【夢占い】「血」に関する夢を見たときの6つの意味

血の夢の意味とは?

血は生きていくために絶対に必要なものです。生きていくための力、精力や気力、健康、金などを意味していると言われています。
血には動脈血と静脈血の2種類があると言われています。
動脈血は情熱や激しい感情などを意味しています。

静脈血は、トラブルや不健康、気力喪失などを意味しています。
動脈血が夢で出てきた場合には現実になにか抑えられないような感情になってしまうことがあるのではないでしょうか。その問題は自然に解決、もしくは自分で解決することができます。
悩みは一気になくなり今後の運勢は上昇していきます。とても良い夢です。
静脈血が夢に出てきた場合はトラブルなどには十分に気をつけましょう。

自分が出血する夢を見た場合

赤色の動脈血が出ような夢であれば、悪い夢ではなく、生命力が高まっており、なにか抑えられない感情により悩みをかかえこんでいることを意味しています。
このような悩みは生活の変化によって今後自然消滅をしたり、問題に向き合ったりして、悩みから解放されます。さらには運勢が上昇するでしょう。
自分自身から血が出るような夢は特に恋愛に熱中しているときにおこります。
このときには動脈血に注目をしてください。
動脈血の勢いにより、感情の大きさが変ります。
もし、誰か好きな人に想いを伝えたいと考えているのであれば絶好のチャンスかもしれません。
また、その一方で自己中心的な行動を取りやすい時期だと言われているので注意が必要です。

人が出血をするような夢を見た場合

知り合いから動脈血が出る夢を見たときはその知り合いの生命力が高まっています。また、さまざまな悩みを抱えている可能性があります。
自分自身から血が出ている夢を見たときと同じように、その知り合いの悩みは解決に向かっていくでしょう。

知り合いから黒ずんだ血が出る夢や知り合いから悪臭を伴う血が出る夢を見た場合

このような夢を見た場合にはあなたはその知り合いのことを軽はずみな言動ができるいい加減な人だと思っています。
あなたはその知り合いがなにかトラブルに巻き込まれるのではないかと想像をしている状況です。

血を飲む夢を見た場合

このような夢を見た場合にはあなたの生命力は低下傾向にあります。
病気などになってはいけませんので規則正しい生活を心がけましょう。
また、偏った食事ばっかりせずに栄養などにも気を使って食事をしましょう。
そうすることで生命力は回復していきます。
生命力が回復してくると色々な意欲も高まってきます。また金運も上昇する可能性があります。
ただ血を飲んでまずいと思ったのであれば、
今ある環境を見直す必要があります。何かを不満などがあるのではないでしょうか?
ストレスが溜まっている可能性がありますので注意をしましょう。

血を舐める夢を見た場合

あなたは今、すごく疲れている状況にあるはずです。疲労により、感情を上手く制御することが今後できなくなる可能性があります。
このようなときには無理をしすぎるのはよくありません。何かリフレッシュをしたりするようにしましょう。
また、このような夢を見たときは性的欲求不満に陥っている可能性あります。
感情をコントロールできなくなる危険がありますので注意をしておきましょう。

血のしたたるような肉を食べる夢を見た場合

このような夢を見た場合には食べた動物の力を受け継ぐことができると言われています。もし、ライオンなどの肉であれば最強になれるということです。
もし、その時の肉の焼き具合に種類があれば、そのときの美味しさに注目をしましょう。美味しい肉を山ほど食べれた夢であれば今後の運勢には期待が持てます。
美味しくない、または肉を見ても食欲が出なかったというような夢であれば、あなたは今後体調が悪くなる可能性があります。今の生活を見直し、規則正しいような生活を送ることをこころがけましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。