HSP

HSPの人の休日の過ごし方について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

休日は楽しい1日ですよね?出来れば休日はいつも楽しく過ごしたいと感じるはずです。休日にはいろんな過ごし方をしているひとがいます。家でゆっくりしたり、家族や友人とでかけたりとたくさんのことをする傾向にあるでしょう。

休日は自由な時間がたくさんあり、ほとんどの人が楽しいと感じる1日ですが、同時にストレスを感じる可能性もあります。その理由は休日には人が多くいるからです。
特に内気な性格のタイプやHSPは人が多い場所には圧倒されるため、注意が必要です。

HSPの日常生活ではこのような人だかりはあまり体験できないことが多いため、ストレスを感じてしまいます。HSPが多くの人たちがいる遊び場にいくことは、難しいのです。
家でゴロゴロするような休日がHSPには向いているのです。休日に活発に過ごすということは向いていません。

しかし、いくら家でゴロゴロしたい人であってもたまには外出したいと感じるはずです。急に外に出たとしてもどうしたらいいかわからないはずです。
ここからはHSPがどのようにしたら休日をうまく過ごしていけるのか見ていきましょう。

遊んだ次の日には1日家で休む時間を作る

HSPは休日に活発に遊んだりした場合には通常の生活に戻る前に1日家でゆっくりする時間を作るようにしてください。
これをするためには泊りがけの旅行などができなくなってしまいますが、HSPは活発に遊んだりしたあとにはなかなか元の生活に戻る準備ができません。

休日の計画をしっかりと立てる

HSPは休日にどこか遠くに出かけたりする場合にはしっかりと計画を立てるようにしてください。もしも、何かわからないことがあるときには、事前に電話などにて問い合わせをすることをおすすめします。そうすれば良きせぬことが起こったときに迅速に対応することができます。不安も減らすことができるでしょう。HSPは予想外の出来事が本当に苦手でもし起こってしまった際にはトラブルに繋がることがあります。
事前に準備を行うことは意外にも大切なことなのです。

ネットなどのオンラインショッピングを利用する

先ほども言いましたがHSPは人だかりのある場所が苦手です。休日にショッピングに行ったとしたら人だかりは避けようとしても避けることは難しいでしょう。特に人気のお店であれば行列が長かったり、渋滞が発生していたりしてしまいます。HSPがもし、そのような状況のところに出向いたとすればストレスを感じること間違いないでしょう。しかし、HSPだって人間です。人気のお店に行きたかったり、欲しいものだってあります。そういうときに活用することをおすすめするのがオンラインショッピングです。
オンラインショッピングであれば人だかりを避けて欲しいものをゆっくりと静かな環境で購入することができます。しかもストレスを感じません。HSPはこういう買い物の方法があるということを知っておくと良いでしょう。

プレゼントを選ぶときには候補をピックアップしてリストを作っておく

プレゼントを誰かにあげるときには本当にたくさんの時間がかかり疲れます。これはHSPでもHSP以外でも同じことです。しかし、HSPはHSP以外の人よりも状況は深刻でストレスに繋がるケースも多いです。
しかも、プレゼントは残念なことにがんばって選んだとしても相手に喜んでもらえないことがあります。
まずはしっかりと情報収集をして欲しそうなものをピックアップしておくことがプレゼント選びの時間に大きく影響を及ぼはずです。

睡眠をたくさんとる

HSPはどんな状況においてもたくさんの睡眠を必要としています。たとえ、旅行などの場面であっても、これは同じです。
HSPはいつも以上にたくさん動いたり、日頃の行動が急に変化したり、強い刺激を受けたりすると、疲労が溜まってしまいます。
まずは休日であってもだらだらと夜ふかしをせずにいつも通りの睡眠を取ることを心がけてください。

いつもの生活を大切にする

HSPはいつもと同じルーティーンを非常に大切にする傾向にあります。これが崩れると不安を感じてしまいます。休日であれば仕事などもありませんし、ゆっくりとできると思います。しかし、できるだけ平日と同じように過ごすことを意識してください。
例えば、何時から何時までは何をするなど計画を立てて置くのが良いです。そうすることで夕食や睡眠などをいつもと変わらない時間からはじめることができるでしょう。

飲み物はカフェイン量を気にする

HSPは、人よりも敏感なため、カフェインなどには敏感です。カフェインは眠気をなくします。睡眠に影響が出てしまうのです。
先ほどもお話したとおりHSPは睡眠が大切です。休日とだからといってカフェインの入ったものを取りすぎたりはしないように心がけましょう。

深呼吸を取ることを心がける

HSPであっても時には大勢の人がいるような集まりに参加をする場面がやってくるでしょう。そういったときにはストレスが溜まってしまうので周りを見て、スキを見つけて離れて深呼吸をするようにしてください。
そうすることでHSPはまた、大勢の人と行動を共にすることができます。
HSPは静かなところであると気持ちを落ちつかせることができます。大勢の人がいる場所であっても事前に少しゆっくりとできそうな場所を見つけておくと心を休ませる時間を作れるはずです。

休日に過度な期待を持ちすぎない

HSPは休日はまるで魔法のようなイメージを持っています。普段活発に活動することのない、HSPであっても大勢の人と交流を持てると考えています。
しかし、現実はこのようなことにはなりません。HSPは期待しすぎるため、ガッカリしてしまうことがよくあります。過度な期待は禁物と言って良いでしょう。
HSPが大勢の人と交流を深めるときは休日以外には考えられません。このようなタイミングは他にはないです。チャンスと捉えて良いでしょう。もしも、気になるような人がいたりすれば積極的に何かをプレゼントしたり、連絡先を聞くなどの対応をし、魔法を本当のものにしましょう。
休日はとても素晴らしいものです。過度な期待は禁物と言いましたが楽しいことは間違いないです。自分の感情をコントロールしながらHSPは休日を楽しむようにしてください。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。