初めての性格分析はこちらから👇

HSPが不安や疲労を自己管理しやすくなる方法

若い10代のHSPであれば、おそらく自分の家で引きこもって一人きりの時間を過ごすことが好きでしょう。仕事では1日の終わりにイライラしたり、次の日の仕事のことを不安に思ったりして、睡眠時間がなくなったりします。

HSPは若いときには深く考え込み自分を追い詰めてしまうことがあります。そのため、HSPは毎日さほど大したことでもないことに悩まされているのです。しかし、HSPはそれが人生においてちっぽけだということに気づいていません。このことについては研究者が調査をしてきましたが、あまり良い結果にはたどりついていません。

HSPは若くして傾向は見られますが理解している人はごくわずかです。HSPはやはり、圧倒されやすい性格を持っています。なぜそのようなことになるのか、ここからは見ていきましょう。理解をすればするほど、成長へとつながっていきます。

感度が高いHSP

ある研究によると、HSPは人口の15%程いると言われています。男女どちらに多いなどということはなく、大体均等に分散されている傾向にあります。HSPは、細かいところまで深く追求をしたくなります。人よりも優れた感度を持っているのです。HSPは物静かなイメージですが実はHSPの約3割は外向的な性格の持ち主です。

HSPであるかを知る方法

HSPは下記の特徴を持つ人が多いです。

  • ①1つのことについて考えすぎ
  • ②喜怒哀楽が激しい
  • ③過剰反応が多い
  • ④敏感

HSPは文章として特徴を書かれるときにはこのような書き方をされることが多いです。

  • ①思考回路が複雑で、たくさんの質問をし、学ぶ意識が強い
  • ②環境の変化に対してたくさんの時間が必要で、変化の際には悩むことが非常に多い。
  • ③新しいことに挑戦をするときには自分の気持ちが極端に変動する
  • ④ハードスケジュールの日などにはなかなか睡眠を取ることができない
  • ⑤感情に対しては真剣に向き合い他者のことをしっかり理解しようとする
  • ⑥夢や希望に対しての想像力が豊かである
  • ⑦突然の大きい音や眩しい光などに驚く
  • ⑧常に完璧を追い求める

HSPは他の人よりも敏感すぎるため、考えるより先に無意識に行動してしまいます。体が勝手に見たり、聞いたり、触ったり、嗅いだりという行動を無意識で行います。その他にも空腹や発熱、体の痛み、暑さ、寒さなども行います。

無意識で行動を行う傾向の強いHSPはあまり休憩を取らずに長期間行動をしていると感情的にやりやすくなってしまいます。まるで、ずっと使い続けているパソコンのようです。
そのため、人よりも静かに時を過ごさなければなりません。

HSPの過剰反応

  • ①いつも不安を抱えていそうな雰囲気を醸し出している
  • ②気持ちが分散していて全てに対して集中できていない
    HSPは自分自身の感情が高ぶっているときやたくさんのことをしなければならないときに、過剰な反応を取りやすいです。特に注意をしたいときはHSPが疲れていたりプレッシャーがかかっていそうな場面です。そのときには必要以上に気を張り詰めてちるため、すぐにイライラしたりします。HSPはストレスを感じることで体に異常が発生します。例えば頭痛や胃痛です。このような状況に陥ってしまったときには家に引きこもったりすることもあります。人間は過度にストレスを感じたりすると、体に負担がかかってしまい、胃が痛くなったり消化器に問題が発生します。HSPは重要なことをする日の前の日などは中々寝付くことができないタイプです。

10代のHSPが生活しやすくなる6つの方法

①情報を集めすぎない

学校はいろんな人がいて騒がしいので、急激に起こったことにはすぐに反応が難しいです。そのため、できるだけ、知らない情報はないようにしておきましょう。

②予定をしっかりと考える

若者は放課後にはハマっていることをしてあそぶような傾向にあります。たくさんのことをするよりも1つのことに対して没頭することが非常に多いです。外向的な性格の場合には色々な危険が潜んでいますので注意が必要です。内向的なか性格であっても家の中で何かに没頭する可能性が高いです。集中しすぎて周りが見えなくならないように予定はちゃんと作りましょう。

③睡眠と休憩をしっかりとる

時には家に帰って早めに寝るようにしましょう。部屋はくつろげるようにキレイにしておくことがおすすめです。毎週1日は休日取ったほうが今後の動きが良くなるでしょう。

④セルフケアの実践

ストレスや不安を感じていると感じたときには自分でできるケアを考えてください。
そうすることで、自分自身が何に悩まされているのか理解をすることができるようになります。自分ができるケアとしておすすめなのは深呼吸です。深呼吸は単純な方法ですが最も心を落ち着かせることができると言われている行動です。単純という理由だけで効果がないとは思わずに毎日取り組んでみましょう。

⑤外での活発な時間

携帯やパソコン、ゲームなどをし過ぎない
家で画面などを見たりしすぎずに、外で活発にあそぶ時間を作りましょう。そうした時間外で体を動かす時間を作ると脳に刺激を与え、学習などに良い影響を与えることができます。

⑥行動のリズムを作る

若者にとっては毎日の行動リズムを作ることは非常に大切です。できるだけ、食事や入浴、寝る時間などは一定の時間にするようにしましょう。リズムをつくることで空き時間を有効活用することができます。

10代のHSPがなにか不安や疲れ、ストレスなどで引きこもりがちになることがあるかもしれません。そのときには、無理に外の世界に出ようとせず自分自身を認めてあげることも大切です。1人の時間を持つことにより新しい考えや、ポジティブな思考、解決策を見つけ出せる可能性があります。しかし、過剰に物事に入りすぎることもあります。そのときには、少し何も考えない時間を作りましょう。

若い10代のHSPにとって最も大切なことは休憩です。休憩を取ると気持ちをリセットして再び、前を向いて歩けます。ずっとがんばることはHSPには困難です。成長をしていくためにはずっとがんばり過ぎていてはだめです。
程よい休憩は必要になってきます。