初めての性格分析はこちらから👇

【MBTI】16タイプ別の退屈する理由(外向型編)

ENFPと退屈

ENFPは現状を打破して新しい可能性を追求するのが好きです。ですから、決められたやり方で物事を行う際には、つまらなく感じてしまう傾向があります。また、意味のない会話にも退屈してしまうでしょう。ENFPは、社会的に価値あること、人生の意味、そして、新しいビジネスについて仲間と話し合いたいと思います。天気、ファッション、またはその他の話題は、より深い議論の導入としては、問題ありませんが、気を散らすだけです。多くの規則もENFPを怒らせる傾向があります。すべての規則とすべての日課が、日常生活に縛るりつける鎖のように感じるのです。

ENTPと退屈

ENTPは常に刺激が必要です。安全に満ちた生活は理想的ではありません。そんなENTPは危険を冒し、自らの手で常識を壊して、次々と革命を起こしたいと考えています。ですから、挑戦すべき課題を見失うと失望してしまいます。他人との無意味な何気ない会話、繰り返しの日課、従来の生活様式に縛られているとやる気を失い退屈に感じます。また、1つの仕事に長期間集中しなければならない場合も退屈する傾向があります。ENTPの頭の中は、可能性を追求する斬新なアイデアで一杯なのです。絶え間ないアイデアを次々と形にしたいのに、完了しなければならない1つの仕事だけに従事するのは、時として拷問のように感じることがあります。

ENFJと退屈

ENFJにとって喜びは人間の可能性を追求し、他の人々と意味のある交流することから生まれます。また、ENFJは、全体像を大切にする思想家です。従って、目の前にある繰り返しの仕事よりも明日の可能性に興奮します。ですから、周囲の会話が日々の主題を中心に展開していると退屈する傾向があります。スポーツの勝負けや天気、見たことのない映画の話題などすべて、ENFJを退屈させてしまいます。また、長時間一人でいると、退屈を感じることもあります。様々な人々が周囲にいることによって刺激を受けて、新しい視点を発見して元気を回復することが出来ます。

ENTJと退屈

ENTJは、克服するための挑戦や没頭するプロジェクトがないとき退屈だと感じます。ENTJは、一般的に大局的な視点を持ち戦略的で、これまでにないことをしたいと思っています。そのような機会や物事を革新する自由がないと人生そのものが退屈になります。また、長期的な目的のない会話を聞かされていると落ち着きがなくなります。ENTJは、今日の天気や10年前に誰かから投げ付けられた傷付く言葉などには興味がありません。今後の目標や自分の人生における目的と意味は何か、それがENTJの心を占めるものです。ですから、この世のあらゆることをより良い方向に改善し、人生そのものの主な目的を理解したいので、哲学に関心があります。

ESFJと退屈

ESFJは、他の人々との親密なつながり、美しい経験に触発されます。ESFJは、素晴らしい友達に囲まれたと伝統に満ちた秩序だった人生を切望しています。ですから、深い感情的な励ましが足りない関係でいると退屈や落ち込みを感じる傾向があります。また、ESFJは、時間を浪費すると退屈になります。それは、誰かが実用的に応用出来ないような理論に関する話題はつまらなく感じます。さらに、人々がESFJの実際的な提案を聞くことを拒否したとき、不平を言うのも、時間の経過とともに疲弊していきます。ESFJのアドバイスを聞いていないと感じたら、最終的に会話をチェックして、実際に達成できる目標に集中出来るようにアドバイスするのも良いでしょう。なぜなら、ESFJは、生産的で助けになることが好きです。先延ばし者や怠け者の周りにいると、動揺して落ち着かない気分になりがちです。

ESTJと退屈

ESTJは、秩序や論理、常識を大切にします。また、常に生産的で目標を達成することを楽しんでいます。そんなESTJが必死に達成したいプロジェクトから何らかの理由で引き離されてしまうと、退屈で苛立たしいと感じます。また、不満や先延ばし、または多くの感情的なエネルギーを消費する人々の周りにいることは、ESTJをいらいらさせ、落ち着かなくさせる傾向があります。さらに、実用的な内容が不足している長時間の会話にも飽きています。有名人の噂話や中途半端な仮説や理論を腹立たしく感じます。ESTJは、裏付けのない理論よりも、有意義な方法で自分の人生に適用できる解決策にこだわることを好みます。

ESFPと退屈

ESFPは、毎日が自由で開放的で冒険に満ちていることを心から望んでいます。ESFPにとって人生とは全てが新しく多様性に満ち溢れており精一杯の力で生きるべきものです。ですから、他人から時間を細かく管理されると退屈に感じてしまうのです。厳密な計画と規則に強制されることを嫌います。また?ESFPは、中途半端なアイデアや自画自賛に満ちた長い会話にうんざりします。人生は今目の前にあり楽しむべきなのに、仮説を立てて将来のことを無駄に考えたり、未来の人生のために自分を制御することはESFPを息苦しくさせて落ち着かなくなります。

ESTPと退屈

ESTPは、絶え間ない冒険をするような普通の生活とは異なる生活に惹かれます。例えば、ESTPは、9時に出勤して17時に退社する典型的な事務仕事や郊外にある家など望んでいません。自発的でありながらESTPの賢明な能力を活用する挑戦的な職業が必要です。危険を事前に計算し、回避し、さまざまな仕事を実行します、現実主義者であるESTPは、実用的な内容に乏しい会話を痛々しいほど退屈にします。世間話や理論に縛られてしまうと気が遠くなるかもしれません。つまり、人生に自由や柔軟性が欠けているとき、ESTPは最も退屈も感じます。予測可能な日常的な生活に縛られていると、閉じ込められ、やる気を失います。さらに、長時間座り続ける必要があると、眠気や落ち着きがなくなります。