初めての性格分析はこちらから👇

ポジティブ思考が老化に与える恩恵

ポジティブ思考には、免疫力の向上、心臓病のリスクの低下など多くの良いことがあります。さらに、最近の研究では、前向きな思考をすることによって長生きすることも示されています。

前向きな思考と寿命の関係

ポジティブ思考が寿命にどの程度影響を与えるかに関する研究では、11〜15パーセント長寿命が延びて、85歳以上まで生きる可能性に繋がることが示されました。この研究では、年齢、性別、収入、健康状態など他の要因を取り除いても、ポジティブ思考によって寿命が長くなることが証明されました。また、老化を恐れるのではなく、若い頃から老化に対してポジティブな思考をする人は、長生きする可能性が高いことが発見されました。若い頃から老化に関する前向きな思考を構築出来るかどうかが寿命に大きな影響を与えるようです。

ポジティブ思考がもたらす恩恵

老化に対するポジティブ思考が生きる意欲や病気に対する回復力を高め、健康になることを示しています。また、ポジティブ思考を持つ人は慢性疾患や障害を発症する可能性が低くなるようです。一般的に社会では若さと美しさを重視する傾向があるので、老化に関する情報は、否定的な側面を強調する傾向があります。しかし、高級ワインのように、人間は年をとるにつれて熟成され良くなるはずです。年齢を重ねた高齢者は経験を積み重ねて人格を磨いた結果として優れた洞察を持っています。また、一通りの人生経験を積んだ成熟した高齢者は、自分が選択した結果である今をどう充実させるかという点に重きを置きます。若い頃よりは自分の感情を扱うことにも上手になっていて精神的に安定しやすいと言えるでしょう。健康的な生活習慣に従うことにより、一生を通じて健康と活力を維持することができます。

ポジティブ思考以外に重要なこと

前向きな思考に加えて、定期的な運動、健康的な体重の維持、栄養豊富な食事の摂取、適量のアルコール摂取、禁煙などを生活習慣に追加することで寿命を12〜14年延ばすことができます。ところで、一般的な研究では、長く生きることのみを対象としますが、それに伴う生活の質の向上についてはあまり議論していません。しかし、心理学の分野では寿命の延長に加えて、前向きな思考と感情が幸福に大きく貢献するので、より豊かで満足のいく人生を楽しむことができるでしょう。

前向きな思考になる方法

瞑想、ヨガなどのシンプルな生活習慣によってポジティブ思考を保つことができます。幸運にも、特別な道具は必要ありませんし、自分のペースで気軽に毎日実行できます。日常生活でポジティブ思考を育てる方法をいくつか紹介します。

ポジティブな気持ちを日記につける

感謝の言葉を日記に書くことは、老化へのストレスを和らげる強力な武器になります。携帯電話のメモに入力しても紙のノートに手書きそても方法はどのようなものでも構いません。どんなことでもいいから良くできたことや、思い通りに実現できたことなどを振り返り、箇条書きにして、自分を褒めてあげましょう。内容は時間通りに起きて遅刻せずに会社に行けたとか行きたかったお店の予約が取れたなど、どんなことでも良いのです。普段悪いことばかりに目がいきがちであっても、意識的にいいことに目を向けるようにすることで、脳を喜ばせることができます。定期的にポジティブな気持ちを日記を書き続けることで、ネガティヴな思考に陥っても、簡単に停止して気分を切り替えるのに役立ちます。

ポジティブな言葉を話す

人間は自ら発した言葉が現実になる可能性が高くなります。なぜなら、言葉を発するとイメージが大脳で喚起され、そのイメージに応じた感情の動きが起こるからです。ですから、自分の人生は日々向上している、自分はどんなことでも解決出来るというポジティブな言葉を何度も意図して繰り返すと良いでしょう。それによって、潜在意識はその言葉が現実だと思い込んで状況は好転していくでしょう。最初は照れ臭さや違和感があるかも知れません。しかし、何度も繰り返し唱え続けると、自分でもそうなのかなと錯覚し始め、それを乗り越えると、それが当たり前に感じる様になります。そうなる頃には、劇的な変化を遂げているでしょう。

他人の幸せを祈る/瞑想する

瞑想は自分で精神状態を調整して、ある種の内面的な充実感を達成することが可能です。このような日々の訓練が、集中力を高めたりストレス解消になったりするだけでなく、周囲の人々に向けた愛情深い瞑想をすることで、ポジティブ思考を高めることが証明されています。瞑想にはさまざまな方法がありますが、自分だけの幸せや安全を願うのではなく、他者への幸せを心の底から願ってポジティブな言葉に焦点を当てることが大切です。周囲の人々に対する慈悲の瞑想を行うことで、他者とのふれあいの中で、思いやりを感じやすくなるような心の状態ができるのでより良い精神状態を保つことが出来るでしょう。

前向きな友達と時間を過ごす

「つき合う友を見れば人柄がわかる」という格言にもあるように、楽観的な友達と付き合うときは、気分が高揚し、幸せな気持ちで一杯になり、自分は多くの人々に支えられていると感じるでしょう。ですから、友人や家族が周囲にいる時には、自分の感情に注意しましょう。出来る限りポジティブなエネルギーを発する人と付き合いましょう。そして、ネガティヴな人々とは境界線を自分のなかで設けると良いでしょう。

確かにポジティブ思考は、単純なものではありません。時には、人生において障害が発生し、ポジティブな視点を維持することが難しくなる場合があります。また、積極的な行動がまったく取れない日もあります。しかし、意識して訓練を重ねることでネガティブな思考をポジティブに変化さることによる身体的、精神的、肉体的な健康への利点に気づき始めるでしょう。