初めての性格分析はこちらから👇

ESFJが子どもとして経験する7つのこと・幼少期/子供時代について

ESFJは一般的に「保護者」や「介護者」あるいは「養育者」と呼ばれています。そう呼ばれる理由彼らの性格を考えると明らかです。このタイプは、他人の生活と福祉に対して、温かさと心からの関心を持っています。彼らは自分たちの価値を表現し、恵まれない人々を守ることで、自分自身と愛する人たちが安定し、構造化された生活を送る社会を作ることができると信じています。今回は、ESFJが子供の頃に遭遇したと思われる、具体的な経験をいくつかを見ていきます。

ESFJが子どもとして経験する7つのこと

#1 –調和への強い欲望

ESFJは、周囲の人々や、自身が身をおく環境との調和に対して、非常に高い価値を感じています。彼らは自然に周囲の感情的な雰囲気に同調することが出来る能力を持っています。これにより、周囲の人々が感じている不快感や怒り、幸福、悲しみを簡単に感じることができます。逆に、攻撃性や厳しい言葉、叫び声、緊張などの負の感情は、ESFJの子供に多くの混乱をもたらします。彼らは、感情が爆発しないように、自分たちの環境を調整することの重要性にいずれ気づいていきます。これはある程度は良いことですが、ESFJの親は、ESFJの子供が常に社会的均衡を維持する必要を感じる状況に直面しすぎないように、注意する必要があります。

#2 –構造の必要性

ESFJの子供たちは、パズルを組み立てる前にパズルのピースをすべてひっくり返し、色で整理してからパズルを完成させていくような子供たちです。彼らはこれから何が起こるのか、それが何の順序で起こるのかを知りたいと望んでいます。突然の予期せぬ出来事に自然に適応することに体力を使い、疲弊してしまうこともあります。彼らは、両親にその日のスケジュールを明確にしてもらい、事前に何が起こるかを知らせてもらいたいと思っています。また、学校でも彼らは彼らに何が期待されているかを正確に知りたいと思っています。一貫性のなさや予測不可能性な事態、あいまいな期待により、彼らは困惑してしまいます。

#3 –心配

ESFJの子供たちは、セキュリティに関して敏感であり、自分や周囲の人々の福祉を必要以上に心配する傾向があります。たとえば、家が侵入されるような状況が書いている本などを読んだ場合、彼らは突然自分の家が破壊されるのではないかと心配することもあります。私が話した多くのESFJの人は、子どもの頃、就寝前にドアの鍵をチェックしていました。また、両親が時間通りに学校に迎えに来ないのではないかと心配していました。実際、タイポロジストのポール・D・タイガーとバーバラ・バロン・タイガーは、ESFJの子供たちについて、「彼らは、他のタイプの子供たちよりもこれから親に何か起こるのではないかと心配する傾向があります。彼らがこのような悲観的な気分に陥ると、彼らのいつもの陽気な一面は無くなり、暗い感情に支配されます。」と述べています。

#4 –過度の優しさ

ESFJは他の人のニーズに順応することが非常に上手く、肯定的なフィードバックすることができます。そして、人々の世話を必要以上にしてしまうことがあります。彼らは通常、リソースだけでなく時間も惜しむことはありません。彼らは周囲の人々が生活を楽にすることができるように、楽しみながら実用的な方法で手助けしていきます。彼らは特に、あまり幸運でないような人々を助けるように駆り立てられています。残念ながら、子供のうちは、彼らの友人がそれらを利用することにつながる可能性があります。彼らの感情を逆手に取り、彼らを満足させようとする人もいます。ESFJの親は、ESFJが「強制」される可能性のある場面を想定し、いじめや悪用を防ぐためにESFJにその場に適した言葉と発言を教えておくことで、彼らを助けることができます。

#5 –有意義なつながりへの憧れ

ESFJについての説明の多くは、ESFJのタイプの人が明るく、おしゃべりで、常に情報を発信しているという印象を与えます。ESFJが周囲の人々や環境に順応することが得意であるというのは事実ですが、彼らは本当の愛情や意味のある何かを切望しています。量よりも品質の方が重要です。彼らは自分の大切な人へ本当の愛情を注ぎ込み、保護したいと考えています。例えば、彼らは友人を追いかけるいじめっ子に立ち向かうことを躊躇することはないでしょう。自分の人生に深く関わる人々に忠誠を誓います。ESFJが若い頃に大切な人に裏切られるという事は、友情の絆を他の人以上に真剣に受け止めている分、一般的な裏切りよりも悲痛な出来事であることは言うまでもないでしょう。

#6 –伝統への憧れ

ESFJの子どもたちは、お気に入りの瞬間を再体験し、楽しむことを非常に好みます。幼児の場合、同じジョークや同じ面白いシナリオを繰り返すことで、周囲の人がもう一度笑う事を楽しみます。ESFJが少し年をとると、儀式やお祝いを繰り返すことに喜びを感じるようになります。これらは、クリスマスにアドベントカレンダーを通過したり、誕生日に毎朝レストランで朝食をとったりすることです。これらのような、予想される特別な機会を彼らは楽しみにしており、それらを楽しむことにより、日常生活の安定感と快適さを生み出していきます。

#7 –内なる完璧主義

ESFJの子供たちは詳細を知ると、目的に向かって全力で前進していくタイプです。彼らは実践的なプロジェクトや活動を楽しむ傾向があり、それらを非常に高い水準を維持しています。彼らはすべてを完璧なものにしようとするあまり、その過程でストレスを感じてしまいます。これは特に、ジオラマや研究論文などの学校のプロジェクトにも当てはまります。彼らはこれらのすべての間違いに気づき、時には心の中で反発してしまう、非常に強力な「内部批評家」の特性があります。この批判的な声は、ESFJがストレスを感じているときに特に強く出る傾向があります。ストレスを感じている瞬間には、なぜ、間違った結果になってしまったのかという過程を軽視してしまい、その結果のみを批判してしまうこともあるかもしれません。声はしばしば内面化され、表出されない時があるため、家族や友人は彼らの行動がこのような問題であることを理解することが難しいです。親は、満足度をモデル化し、子供の前で自分自身の批判をやめることで、若いESFJを助けることができます。また、ESFJへ作成した完成品だけでなく、途中の努力や意志力、忍耐力についても賛辞を与えることで支援することもできます。また、両親は若いESFJに、誰も完璧ではなく、間違いを犯してもいいことを教えていくこともできます