MBTI

【MBTI】16タイプ別話の伝え方について(内向型編)

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

心理学者で活字学者のリンダ・ベレンスによると、それぞれの性格は、対話型の4つの集まりのうちの1つに属するそうです。これらの対話型の「集まり」は、私たちがどうやって自然に組織化され、どのように支援するかを指導してくれます。これらの4つの集まりを以下のようなものになります。

内密に物事を進める対話型(INFP、INTP、ISFJ、ISFPから成る)
進路の計画を立てる対話型(INFJ、INTJ、ISTJ、ISTPから成る)

物事を進める対話型(ENFP、ESFP、ENTP、ESFJから成る)
物事を担当する対話型(ENFJ、ENTJ、ESTJ、ESTPから成る)

INFJ、INTJ、ISTJ、ISTPとの対話

INFJ、INTJ、ISTJ、ISTPは、すべて「進路の計画を立てる」の対話型の一部分です。これは、彼らが活動的で、一つの物事に熱中することを示します。彼らは、希望する結果を得るために、推測と戦略を考えます。この集まりの人々は、自分がどの方角に進んでいるか、どうしたらそこにたどり着くかを知りたいのです。彼らは内面的には緊張しがちであり、この緊張を分析したり、推測したりします。彼らの着目点は、情報を集め、一つの目当てを達成する方法を考えることです。

INFJとの対話

この型の人々は、情報を得て深く考えることが好きです。彼らは一人で、色んな可能性を考え、それがどう役立つかを想像します。そして、その可能性が人々にとって、どれだけ現実的で有益かを考えます。彼らは共感性が高く温厚で、未来に注目する傾向があります。

ISTJとの対話

この型の人々は、情報を得た後、その情報を深く分析するのが好きです。彼らは情報を真実とささいな物事に分け、どれが一番論理的で役立つかを考えます。彼らは、知識がしっかりしていて淡々とした性格です。彼らは過去に着目し、過去が現在と未来にどう影響を与えるかを考えます。

INTJとの対話

この型の人々は、複雑な着想や思考の類型を一人で探します。彼らは、未来の目標を成し遂げるために、計画を立てたいのです。彼らは、どの思考の類型が一番良い結果をもたらすかに注目しています。

ISTPとの対話

この型の人々は知略に富んでいます。行動力と分析力を組み合わせて、運命を左右する場面で臨機応変に動くのが得意です。彼らは、目標を成し遂げるための方法を論理的に考えます。ISTPは、4つの「進路の計画を立てる」型の中で、現在の出来事に一番上手く順応しています。

これらの4つの性格の型と対話ための手掛かり

これらの型の人に挨拶するときは、必ず微笑を浮かべ、少し距離をあけるようにしてください(あなたが親しい友人/家族でない限り)。よく目が合いますが、あまり長く見つめないようにしてください。これらの型の人は冗談と洒落が好きですが、彼らが仕事に熱中しているときは気が立っているので、冗談を言わないでください。

あなたが彼らから何かを必要とするなら、余計なことを話さないようにしてください。
情報が欲しいときは、彼らの話を遮らないようにしてください。物事を説明するときは、事細かに話し、彼らから質問があるときは一旦話を中断します。回答を予想する前に、彼らに深く考える時間をあげてください。彼らは自分たちがしていることにとても熱中することがあり、関連のない話をされることによって、取り乱すことがあります。彼らが慎重で気難しい性質であることを理解してください。

職場では、あなたが退職する前にどうやって仕事で成長してきたかを必ず話してください。物事が順調に進むことを教えてあげてください。あなたとの関係がどんなものなのかを明らかにしてください。はっきりしないものにしないでください。
これらの型の人は、緊張を感じると、親しい人でもよそよそしい態度になってしまいます。特に、人生が順調に行っていないと感じたとき、彼らはよそよそしい態度になることがあります。
対立した状態になると、これらの型の人は静かで禁欲的になります。彼らは、それが起こってから対立状態を解決します。解決した後、もっと感情的な性格になることもあります。

INFP、INTP、ISFJ、ISFPとの対話

INFP、INTP、ISFJ、ISFPはすべて、「内密に物事を進める」対話型になります。この集まりの人々は活動力があり、周りから少しだけ情報を得ることが好きです。彼らは物事を公開してから意見を求め、良い結論を出すために多くの情報を集めます。彼らは一番良い結果を得ることに集中し、その見解が役に立つことを知っています。彼らが人々に接するとき、物事の見解に確信を持っていて、落ち着いて見えることがあります。彼らは、結論を出したり精査したりする前に、最良の情報を手に入れたいため、我慢強い性質を持っています。

INFPとの対話

想像力豊かで共感性の高いINFPは、洞察力が高く、内容がある対話を楽しんでいます。彼らは確実性と心の広い人を称賛し、未来を推測します。彼らは無作為な順番で現在、過去、未来に集中します。

INTPとの対話

創造的で好奇心旺盛なINTPは、結論を出す前に多くの情報を集めます。彼らは独創的なことを考え、一番良い結果を求めて実験するのが好きです。彼らは無作為な順番で現在、過去、未来に集中します。

ISFJとの対話

実用主義で共感性が高いISFJは、人々を援助し、要望を満たすための方法について討論します。また、誰もが健康に過ごせるような心地よい環境を作り出したいと思っています。彼らは過去に着目し、それが現在と未来にどう影響を及ぼすかを考えています。

ISFPとの対話

現実的で理想が高いISFPは、良い世界を創るために活動しています。彼らは、思慮深いですが、危険な状況では臨機応変に行動します。4つの「内密に物事を進める」の性格の型のうちで、ISFPは現在の状況に一番上手く順応しています。

これらの4つの性格の型と対話するための手掛かり

挨拶するときは、穏やかで親しげな声色で話しかけてください。
あまり真面目に考えず、気楽にしてください。急がず、ゆっくり行動してください。
情報を得るときに、急かしたり、話を遮ったりしないでください。
一人で話し続けて、会話の主導権を握らないようにしてください。
彼らの話を聞くときは、時折うなずいて、内容を理解していることを教えてあげてください。
あなたが物事を解説するときは、彼らが話を整理する時間をとってあげてください。
彼らの考えを積極的に尋ねてあげてください。
共同で事業をするときは、彼らを援助してください。彼らは、あなたより多く情報を得たいと思っています(違う対話型の場合)。
彼らの言葉を無理やり終わらせないでください。彼らはこれを嫌います。
正直で心を開いていることが重要です。
彼らがあなたに援助を求めているとき、迷惑だと思っていないことを態度で示してください。
彼らに力を貸してください。
「さよなら」と言うときは、親しみやすい口調で言ってください。
長く緊張感が続く状況では、これらの型の人は怒りをあらわにすることがあります。これは、彼らにとって珍しいことです。
これらの型の人は、速さよりも質を優先します。彼らは物事を調整したり、変更したり、調整したりするのが好きです。
これらの型に人は、他の人から認められ、絶賛されると恥ずかしくなります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。