使える心理学

【心理学】どんな時でも楽観的に生きることのメリット

16タイプ性格診断とは?

ユングのタイプ論に基づいた性格診断テストでは、あなた自身の性格タイプを知り、自分自身や周りの人々を理解することにつながります。MBTIや16TEST、16Personalitiesなど様々な性格診断がありますので、まずは試してみませんか?


診断テストはこちらから無料で診断できます(約5~10分)

人は、他に誰もいない時でも、明るい見通しを持つことができます。
人生においては、楽しいことばかりではありません。辛いことや悲しいことなども多く、
現実は生きていくのが大変な世の中と言えるでしょう。
しかし、だからといって悲観的になる必要はありません。むしろ何事も物事を悲観的に考えるよりは楽観的に考えることの方が、困難に直面した時でも比較的容易に乗り越えられることが多いからです。

楽観的でいることの利点

楽観的な人には驚くほどの利点があります。例えば、ピッツバーグ大学の研究では、楽観的な女性はそうでない人よりも心臓病のリスクが30%低いという結論が得られました。
またミシガン大学の研究では、楽観的な人はそうでない人よりも脳卒中のリスクが低いというデータがあります。さらに「カナディアン・メディカル・アソシエーション・ジャーナル」に掲載された調査では、楽観的な人は悲観的な人よりも健康で長生きすることがわかりました。

楽観主義は後からでも身に着けられる

悲観主義が生まれつきの性質によるものであっても、その後の努力で楽観主義に変えることができます。そのことを実証した事例として、人々の思考パターンを習慣づけることでどのような違いが見られるか、2つのグループを比較した研究が行動療法と実験精神医学の学会誌で発表されました。

1日のうち5分間だけ自分の将来について前向きに考えることを2週間にわたって訓練したグループは、そうしなかったグループよりも多くの人々が楽観的になりました。
自分を取り巻く環境が悲観的であっても、より楽観的に生きようと思っている人達は、積極的で楽観的なものの見方や考え方を周りの人々にも広めていくことができます。

楽観的であろうと決心する

人は、自らの意志で行動を選択することができます。1日中掃除をするか読書をして過ごすか、夕食に外出するのか家で料理を作るのか、久し振りに会う友人とコーヒーを飲むかそれをやめるか、いろいろ選択できるのです。
そして最後に、前向きに生きることを決めることができるのです。周りが悲観的な状況であっても楽観的になるということは、毎日の生活を楽観的に送ろうと決心することから始まります。

ポジティブなエネルギーを奪い取る人々を避ける

強烈な悲観論者と一緒にいると、彼らは恐るべき影響力を発揮し、周りにいる人たちをも巻き込んで、ポジティブなエネルギーを奪い取ってしまいます。彼らは、世界は自分を中心に回っていると考えており、他人に対する配慮が欠けていることがよくあります。
こうした悲観主義に凝り固まった人達とは一線を画すことが重要です。できるだけ付き合いを避けるようにしましょう。残念ながら、彼らを助けることはできないと思った方がよいでしょう。

また、世の終わりについて悲観的な予測をする彼らの意見を受け入れるように主張する関係者とも少し距離をおいた方がよいかも知れません。
メディアに接することも控えましょう。ニュースで悲劇的な出来事をあまりにも多く見たり、ソーシャルメディアで政治的なニュースに多く接し過ぎると、「コップにはまだ半分の水が残っている」という楽観的な見方を維持するのが難しくなってしまいます。

自分の中の否定的な考えを認める

時には、自分の身の上に何か悪いことが起きるかも知れないと考えることも決して不自然ではありません。現実を無視することはできないからです。
確かに、現実的に物事を捉えることは大切です。自分の就職についても自信を持ち過ぎるあまり、面接に臨む際、あまり準備に時間をかけない場合があります。

一方で自分自身のことを肯定的に捉えられない人は、例えば就職の面接でもせっかくのチャンスを妨げてしまうかもしれません。「どうせ、自分なんか雇ってもらえないんじゃないか」と悲観的に考えて、面接室に入る前から失敗した気持ちになってしまうのです。
実際に今まで採用されない人は、こうした自信のなさが原因でしょう。

自分を信じて、今自分ができる最善の事をやり続ければ、自ずと結果は付いてくるはずです。楽観思考とは、成功を信じて努力を続けることなのです。
悲観的な見方が例え現実に即したものであっても、あまり悲観的になり過ぎるのは禁物です。現実をよく見直して、少しでも楽観的な要素はないか考えるべきです。

他人にもポジティブな生き方を倣わせる

皆を幸せにするのは難しいかも知れませんが、誰かを元気づけることはできるでしょう。少なくとも1日に1回は、誰かと一緒に物事を積極的に受け止めるように心掛けるのです。
職場では、例えばメールで良い質問をした人や重要な会議で問題提起をした人を褒めたたえるのです。

家庭では、子供が数学の宿題にどれだけ一生懸命取り組んだかを褒めたり、パートナーに感謝の気持ちを伝えます。
他の人にもポジティブな生き方を倣わせることは、あなた自身の人生にも最後まで良い影響を及ぼします。もちろん、あなた自身をポジティブに捉えることを忘れてはいけません。寝る前に、今日一日に何をしたかを考えてみましょう。例えどんない辛い日であったとしても、車に魅かれそうになっても冷静でいられたか、本当に試練を与えられたような難しいプロジェクトをまとめられたか、あなたが自分を褒めるに値する何かがあることは間違いありません。

ポジティブな未来を想像する

信じ難いかも知れませんが、自分の未来のことを楽観的に書き留めておくと、全体の見通しに本当に変化をもたらすことがあります。一例を挙げると、明日、来週、来月、来年に何をしたいのかを20分間で書き留めます。これを4日間続けます。
すると、今後の人生で厳しい事柄が待ち受けていようとも、できる限りポジティブな結果を考えられるようになります。

感謝の気持ち心掛ける

暖かい日差しから澄んだ水まで、あなたが感謝したくなる全てのことを考えることで、楽観主義を強めることができます。感謝の気持ちを日記にしたためることもできます。日記を書くと、一日中笑顔でいられるでしょう。
書くことが何もない場合は、少し時間をおいて、あなたの人生で良かったことを思いだして微笑み、感謝しましょう。そして、あなたが良い人生を送ることができるようになる未来を想像してみるのです。

あなたが幸せになるのを支えてくれる多くの人たちへの感謝を忘れてはなりません。ぜひ、その感謝の気持ちを皆に伝えましょう。きっと自分自身も喜びを感じるでしょう。
その手段としては、恩師であれ、元上司であれ、母親であれ、あなたの人生にプラスの影響を与えた人達に手紙を書くのがよいでしょう。そして、できればその手紙をあなが直接手渡すのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。