MBTI

【MBTI】INTJとINFJが身体と身体的な欲求にどうやって働きかけるか

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

多くの人は、生存に対する恐怖心と自分を保つことへの欲求に対して本当の恐ろしさを体験します。これはある型に特有の性質ではないです。しかし、Ni(すなわち、内向の直感)の優れた型(すなわち、INTJ、INFJ)であるとき、生理学での生存との関わりはひときわ刺激があり、あまり知られていません。

INTJとINFJ型は、「生来の敏感さ」を有しています。そして、それが人口の残りである80%の役に立つことより、世界はこれらの目を通すと違うように見えます。私たちはもっと脆弱な働きについては全部「とても鋭敏」ですが、Ni型の劣等である感覚の特殊性は、物理の世界との関わりが怖がられ、紛糾し、圧せられ、時にはびっくりするほど怖いことを示します。

INTJとINFJの下位の感覚と身体

ほとんどの人は、劣等である(4番目の)働きのSeがINTJとINFJでどうやって表に出てくるかを理解しています。実際に覆われていないのは、これらの外の感覚を知るのが、体の均衡と恒常性を保ち続ける要因である第8の働きの内向の感覚(Si)に切り換える影響を及ぼすためです。私は、Niを支配する働きとして分別する必要があるのに加え、INJの発展の初めに出現するSeに対する不快感は、Siのような好ましくない身体の反応が出る虞と直に関連していると思われています。

多くの事例では、Seの状況の過酷さに自ら身を投げることは、身体に圧や緊張をかける危険があることを示します。人生の早い階層で、INJはいつも、危険をおかす価値がないと思っています。展開の後期になって、個別にする必要性が度外視できないほど膨大になったとき、Seの疑似餌はSiを妨げる危険度を超えます。それでも、INTJとINFJはよく内側の部分で綱引きを体験します。身体への害もしくは嫌悪感の危険が大きすぎる際、Seは投降します。

INJは、Siはかなり違った性質であり、INJの抑えが効かない影の8番目の関数であるため、身体とその方法への猜疑心があります。生理学の反応はよく知られていないので、多くの事例では正しく認知されていません。おそらく「楽しい」という生理学の心情でさえ、定期的に抑止され、好ましくないものとして棄却されます。抑えられないめまい、吐き気、胃痛などの身体の反応を体験するかもしれないNi型にとって、他の型の興奮させるいわゆる「危険を探索する性質」はかなり苦しむ要因になります。興奮するのはあまり好ましくないと思われています。ですので、できるのであれば「争うか飛ぶか」の状態を避けるべきです。

新しい物事を体験してみて、挑戦されていない体験があることは、身体が好ましくない影響を受けるかもしれないことを想像することを意味します。これによって、少なくとも外面的に、ISJ型のようにINJが出ることがあります。ですが、ISJが欲によって行動する場合、

INJは恐れによって行動します。また、ISJとは違って、目標は、身体を考えて作ることが大事です。INJは、その体に束縛されたくありません。これは、INJが「連綿たる体の外での経験」として話をする状態の考え方が広がったものです。そのため、INJは、ある種類のSeの褒美を得ることを示します。しかし、これは普通、肉体の痛みが明らかで長く続くのであれば、命は短いです。

長い期間の肉体の苦痛は、最低の種類の悪で、彼らの一番の恐怖心と思われます。これが起きると、INJは強い身体の痛みに対応するための備えが十分でないため、滑り止めの働きが滅茶苦茶な状態になるかもしれません。彼らは立腹し、不信になり、体が自分自身に衝突していると思い込みます(また彼らは自分の五感を自身の体に関連させないことがあるので、体は自分と違うものと思っています)一握りのINJは、懲罰をしたがるようになり、傷を負うまで体を動かしたりして、肉体に緊張感がかかってしまいます。体を労らないないことがあります。

欲求の段階

この全部が最後に導くのは、物理的な嫌悪感を減少させるために必要なことへの道筋と力が要るとINTJとINFJに対してずっと持たれている意識です。人が生存に成功する力は、基本的な生理学的な欲求(食べ物、水、安全なのか、性別、避難する場所など)を与える人の力に頼っていると思うと、利害の関係が深まります。

痛みや苦しみを軽くするだけでなく、実際に生存することも大切です。マズローの理論にある一定の妥当な点があるとするなら、基礎を作るこれらの欲求は主に感覚を認知することに区分けされ、一番上の部分は直観的に物事を見ることに分けられるようです。それぞれの種類がどうやって欲求と価値を作るかについて理解していると思います。ある個人に当てはめると、とても簡単なことにされるかもしれませんが、すべての物理的な生存が起こらなかったのであれば、それは事実です。食べ物も水も性行為も生きていくのに必要ありません。

しかし、INTJとINFJにとって、感覚の状況に対して比較的に不慣れで経験不足であることは、これらの生存の欲求については、それらを都合の悪い立場にすることができます。上手く操ったり、物理的な強さで状況を説明し、迅速さは、普通は行うことができる選択項目ではないです。そして、それはNiの活力の一番効率が良い使い方ではありません。単に生存するために、生理学の欲求を満足させる方法に着目することは、INJがそれぞれの力を阻むということです。繰り返しますが、これがさまざまな型の個人への挑み方を軽く考えないので、類型学によると彼らが意図的に人生を歩んでいるように思われる方法のために、ここでは直感の型について悲しい出来事と心の痛みがあります。

本当に生きようとする直観が主義の人にとって、他人に助けてもらったり、世界が身体の欲求を満足させてくれることを期待したりすることがあるかもしれません。理論、形而上学、宗教などのことです。しかし、社会は普通に直観の働きかけには同調せず、怠慢で能力が無いなどの行いを知ることができます。

この課題に苦しむ直観で物事を見る人が自分を悪いと考えるのは断じてかもしれませんが、技術が進んでいることによって、昔のSiの嫌悪感が記憶を作成したので、現代ではたくさんの点で彼らを受け入れやすくなりました。さらに、仕事はコンピューター技術に基礎づける肉体の労働から始まって、インターネットは直観の型に一番良いものになりました。そして、生活と健康管理の基礎的な水準を保つよりたくさんの社会的な計画が実行されていき、INJが恐怖と感じる私利私欲を追求する世界への認識は消えます。いつも、Niが注目する独創性と観察力は、優雅さを持ち直したINJsだと言えるでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。