MBTI

【MBTI】J/Pが持つ意味を深掘りしてみる

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

MBTIにおいて、最も理解が困難なものの1つに、判断と知覚があります。人は多くの場合、この判断や知覚による嗜好が入り乱れ、実際はどこからの好意であるのか明確には分かりません。しかし、今回の説明が少しでもJ/Pのミステリアスな全貌を理解するのに役立てればと願っています。

判断と知覚‐これらが意味するものとは

JまたはPには、優勢的な能力として判断と知覚が備わっています。この能力は、このタイプが外の世界でどう相手とのコミュニケーションをとるかに関わってきます。外の世界との相互作用や自分がどのように見られているかの知覚が必要なのです。

J/Pの能力を理解するにはMBTIの基礎を理解する必要がある。
人は、誰でも2つの判断機能と2つの知覚機能を備えています。

判断機能は思考と感覚によるものです。

これらの能力は、物事の決定時に採用されます。これは調和や人の感情、または論理や思考に基づいています。

知覚機能は感知と直観によるものです。

これらの能力は、物事の情報取得時に採用されます。人の五感による感知を通して、または物事のパターンや根底にある意味を通して直観します。

実は、全ての人がこれら4つの機能を使用しているのです。さらに真ん中の2文字がどの機能が最も強く発動しているのかを示しています。例えばISFJタイプの場合、「SF」のS(感覚)およびF(感情)が最も強い能力なのです。もちろんISFJは、直観力と思考力も利用しますが、これらは結局のところ、感知や直観能力よりもとても低い位置にあります。

そして、全ての人が2つの機能を外の世界へ、また別の2つの機能を内の世界へ向き合わせます。ENFPの例でこのことを確認してみましょう。

上記の図解を見ると、ENFPが直観と思考を外の世界へ、感情と感覚を内の世界へ向けていることが分かります。上2つ(直観、感情)の楕円は、優勢的な機能と補助的な機能を表しています。下2つ(思考、感覚)の楕円は、三次的な機能と劣勢的な機能を表しています。

この図解によると、優勢的で補助的な機能は、このタイプの人格の約90%を占めています。そして、残りの約10%は、三次的で劣勢的な機能として使われています。

J人格タイプの場合、最高の判断機能(思考または感情)を外向的に発揮することできます。
P人格タイプの場合、最高の知覚機能(感覚または直観)を外向的に発揮することができます。

誤解を解きましょう

多くの場合、P人格タイプは乱雑で複雑、またJ人格タイプは綺麗に整頓されているというイメージを持たれがちです。しかし、ここで明らかにしたい問題は、JタイプとPタイプの乱雑や整理の度合いではありません。JとPの両タイプは、乱雑あるいはまとまりのないタイプなのです。JやPは、判断のプロセスまたは知覚のプロセスを世界に見せることを意図しているのです。

また、もう1つの誤解として、判断タイプとされるJは、「判断の理由」という意味で、実際JはPよりも判断能力が高くありません。ここで言う判断とは、単純に意思決定までのプロセスを指し、その意思決定プロセスが外の世界に放たれるかどうかを述べています。Jタイプはこの判断を外向化し、Pタイプはこの判断を内向化する傾向があります。

IJまたはEJタイプの場合、主な外向的機能は、意思決定機能(思考または感情)です。

意思決定機能によって、Jの人格タイプがより鮮明に分かります。他人からすれば、Jタイプは物事を解決して組織化するのが好きな、優れた解決人に見えるかもしれませんが、少なくともJは外の世界との関係性を保つための行動ではなく、タスクやプロジェクトをこなす、または整理しているという状態を好みます。外部とのやり取りである話し合いや外部情報や機器を使った計画を通して意思決定をするのか、内部のプライベートなプロセスを通して意思決定をするのかという点で、J/Pの編成が分かれます。
そのため、Jは内部的にとても柔軟に順応性を持って情報に向き合っていても、外部的には必要なものだけを開示する傾向があります。

IJタイプは、EJタイプよりJタイプに似ていないことがあります。これは、IJタイプには優勢的な内部化された知覚機能があり、これが判断のプロセスに大きな影響を与えPタイプのような傾向を示すことがあるからです。例えば、INFJは内向的な直観(知覚機能)が優勢ですが、外の世界には補助的な判断機能(外向的感情)を表します。

E-Jタイプは、優勢的な外向的判断機能を備えているため、他の人格タイプよりもよりJタイプに近づいて見られます。

注意が必要なのは、内向的なタイプは外向的なタイプよりも誤解を受けやすいという点です。

P(知覚)人格タイプ

IPまたはEPタイプの場合、主な外向的機能は知覚機能です。例えば、ENFPの主な外向的機能は直観です。ISTPの主な外向的機能は感覚です。

これらの外向化された知覚機能によって、IPタイプはとても穏やかで柔軟に見られがちです。このタイプの主な意思決定プロセス(思考または感情)は内向化され、IPは物事をどのように知覚するかを外の世界に示そうとします。

そのため、この知覚タイプは社交的で穏やか、または自発的で適応性があるように見えます。

この傾向は、このタイプが外の世界に向けて見せている状態であって、内部では非常に計画的かつ判断的です。突然の思い付きのように見える発言でも、実はIPによる長期間に渡る計画である可能性があります。

IPタイプには、優勢的な内向的判断機能があり、他のPタイプよりも判断タイプ(Jタイプ)に見られがちです。例えば、ISTPタイプは優勢的な内向的思考(判断機能)を持ちますが、外向的感覚の補助的な知覚機能の面を外の世界で示します。これらの優勢的な機能は、判断機能であることから、内部化されていてもEPタイプよりもJタイプのように見える傾向があります。EPタイプは、MBTIにおいて最もPタイプのように見えることでしょう。それは、EPタイプの優勢的な機能が知覚機能であり、それを外の世界に示すことができるからなのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。