MBTI

【あなたは何を基軸に考えるタイプですか?】 内向的思考と外向的思考の違い

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

論理を理解し、推論を組み立てる能力。これは人として充実した人生を送るためには、欠かすことができない能力です。これはタイプコードにFタイプを持つパーソナリティでも誰でも、程度の差はあれ保有しているでしょう。

この”思考能力”には、二つの異なるタイプが存在しています。それが「内向的思考」と「外向的思考」の二種です。

内部に巨大なフレームワークもしくは図書館を作成し、その世界に溜め込んだ知識を合理的な思考によってこねくり回す「内向的思考」。そして外的世界に着目し、現実世界に干渉しながら合理的思考を働かせる「外向的思考」。――今回は、この異なる二つの違いについて、より掘り下げていきたいと思います。

外向的思考と、外向的思考を持つパーソナリティとは?

優勢機能: ENTJ, ESTJ

補助機能: INTJ, ISTJ

第三機能: ENFP, ESFP

劣位機能: INFP, ISFP

ENTJとESTJ、INTJとISTJは、外向的思考の扱いに長けたパーソナリティタイプです。中でもENTJとESTJは優勢機能として保有しており、現実に根差した議論を展開することを得意としています。

そして補助機能/劣位機能として外向的思考を保有するタイプは、思考する時に最初に検討するのが「内向的感情」であるため、よく「主観的すぎて、客観的な視点が無い」「論理的でない」と称されることがあります。ただし、これは思考する時の優先順位が「自分の感情>世界の道理」であるだけで、論理的思考が不可能なわけではありません。

ただし、強いストレス下に置かれた時のINFPとISFPには、話が通じなくなることがあるでしょう。他者に対して異様に厳しくなる反面、自分が責められるとすぐに周囲を”シャットアウト”し、耳を塞いでしまうことがあります。これはストレス下で「外向的思考の負の側面が暴走」することにより起こるものです。

外向的思考の働き

外向的思考とは、外界という”現実”を基軸にして、合理的かつ論理的に考える心理機能です。もう少し踏み込んで説明すると、外向的思考を保有するタイプは「現実に実行可能であるか」を基軸にして考え、「どの選択肢が最も少ないコストで、且つ少ない時間で完遂できるか」を検討する、というプロセスを経て判断を下すのです。

このタイプは組織を構築し、運用することに長けています。組織や会社という巨大なシステムを構築し、大まかなロードマップを打ち立てて、現実的な計画を企て、それを細分化し適切な人材に割り振ること。この一連の流れを、特に外向的思考を優勢機能として保有するタイプ(ESTJとENTJ)は得意としています。これこそ、ESTJとENTJに起業家や取締役が多い理由のひとつです。

ただし外向的思考を優勢機能として保有するタイプは、他の選択肢を十分に検討しないうちに決断を下してしまったり、早とちりをしやすい傾向にあるとされています。これは現実と合理性を重視するあまりに、予想外のことが起こる”かもしれない”という可能性や、計画に携わる関係者に与える心理面での影響を十分に検討しないことに由来します。このため外向的思考が優勢なタイプは、判断を誤ったり、なにかと反感を買いやすいとされています。

しかし補助機能として外向的思考を持つISTJとINTJは、少しだけ意思決定に時間がかかるとされています。これは結論を出す前に、ISTJは「内向的感覚」を、INTJは「内向的直感」を、それぞれ先に参照するからです。方法は異なりますが、どちらもまずは「自分の経験や知識を信じ、そこから情報を絞り出す」ことをするため、慎重な姿勢で臨むことができます。このため外向的思考を優勢機能として保有するExTJタイプよりも、補助機能として保有するIxTJタイプのほうがより現実に即した、戦略的なプランを立てることができるとされています。

そんな「外向的思考」を語るうえで外せないのは、「経験に基づいた判断力」というワードです。外向的思考は「新しい方法を思いつく」というよりも「過去の実例から、どれが今に有効であるかを即座に選び取る」能力であるといえます。この外向的思考が優勢であるほど、山ほどある前例から一つを選び取るスピードが速く、それを今に落とし込むスピードも速くなります。

つまり外向的思考とは、スピードを神とするものなのです。

ただし「過去の実例から選び取る」という方法は「結末をひとつに絞る」ことになりかねず、これが「起こるかもしれない可能性を排除する」ことに繋がることがあります。外向的思考は、突然のトラブルや予測不能の事態に弱いのです。

決断から実行までの速さ、予想外のトラブルへの弱さが特徴として挙げられる外向的思考ですが、これらはつまるところ「行動力の高さ」に由来するものだといえるでしょう。行動に移せるからこそトラブルが起こるのであり、この「行動に移せる」ことこそが外向的思考の強みなのです。

内向的思考と、内向的思考を持つパーソナリティとは?

優勢機能: INTP, ISTP

補助機能: ENTP, ESTP

第三機能: INFJ, ISFJ

劣位機能: ENFJ, ESFJ

INTPとISTP、そしてENTPとESTPは、内向的思考を巧みに使いこなせるタイプです。中でもINTPとISTPは、内向的思考を最も使うタイプです。

第三機能ないし劣位機能として内向的思考を保有するタイプは決断を下す時、最初に外向的感情を参照し、その後それに依存してしまう傾向にあります。この傾向から、判断を下す時に内向的思考を第三機能ないし劣位機能として保有するタイプは、合理性や論理的整合性よりも、人間関係の調和を優先させすぎてしまい、その結果として現状の停滞や、より酷い状況を招くことがあります。

なお劣位機能として内向的思考を保有するタイプは、極度のストレス下に陥った時に内向的思考を暴走させてしまうことがあります。合理的でない行動に対して過度に厳しくなったり、打算的な人付き合いしかしなくなったり、感情が褪めてしまうでしょう。

内向的思考の働き

内向的思考とは、内部に巨大なフレームワークもしくは”知識の図書館(主に優勢機能として内向的思考を保有するタイプは、このような言葉を使用する傾向にあります)“を作成し、その世界に溜め込んだ知識と、合理的思考を合わせて答えを練り上げていく心理機能です。内向的思考が優勢なタイプは、知識を絶えず溜め込み、状況に合わせて知識を上書きしていき、得た知識をカテゴライズしていきます。

「知識を絶えず収集する」というのは、内向的か外交的かを問わず、思考を司る心理機能が優勢なタイプに見られる特徴ですが、この「収集した知識の使い方」が内向的か外向的かで異なるのです。

外向的思考を持つタイプは「溜め込んだ知識を基に、判断を下す」傾向にありますが、内向的思考は「片手間に情報を収集し続けながら、判断を下す」傾向にあります。内向的思考は新しい情報やアイディアに対してオープンであり、新たに良いと思えるものが出てきた時には、柔軟に切り替えることができるといえます。

外向的思考が優勢なタイプはどちらかといえば「どれか一つを極める」傾向にありますが。内向的思考が優勢なタイプは、兎にも角にも興味の幅が広く、膨大な知識を持つでしょう。ホームとして「特定の分野を専攻している」ことはあっても、内向的思考が優勢なタイプは専攻科目にのみ拘ることはなく、それ以外の要素も幅広く取り入れていくでしょう。極論を言うと、内向的思考が優勢なタイプは学ぶことが好きなのです。

また外向的思考が「知識を活かして、世の中に何かを創り出し、提供する」ことに興味を示す反面、内向的思考は「世界の仕組みを知ること」にのみ興味を示し、知識を活かして何かをしよう、ということになかなか繋がらないとされています。あくまでも知ることが好きなのであり、それを「他者のために活かそう!」とはならないのです。

そして外向的思考を持つタイプが「知識を活かして、何かをしよう」と考えるのは、つまり「既存の手法を信用している」ことに由来しているのですが。この「既存の手法」に、内向的思考が優勢なタイプは懐疑的であることが多いです。このため内向的思考が優勢なタイプは「本当にそのやり方が正しいのか」というような”正しさ”を追求することに興味を示し、正しいかどうかを明らかにしたり、他にある有効な方法を見つけ出したりするでしょう。

このような傾向から、内向的思考が優勢なタイプ(IxTP、ExTP)は物事を分解して仕組みを理解することを好み、その知識を活かしてトラブルシューティングを行うことを得意としています。

また内向的思考が優勢なタイプは「ビジネスで成功したい!」という思いは外向的思考を持つタイプよりも弱く、あくまでも「物事の仕組みを解明したい」という思いのほうが強いため、このタイプは計画を立てることが苦手ですし、スケジュールに縛られる生活を好みません。自分のペースで行動し、じっくりと「興味の対象」と向き合いたいと考えるでしょう。このような性格から、特に内向的思考を優先機能とするIxTPタイプは個人主義的になりやすいとされています。補助機能として保有するExTPタイプも、組織には反抗的な態度を取りがちでしょう。

そのように反体制的で個人主義的なのが内向的思考は、協調性の無さから「怠惰」との烙印を押されがちですが、このタイプほど効率的で合理的な行動が得意なタイプも他にありません。物事の仕組みを分解して理解するこのタイプは、どこをショートカットできるのかを熟知しています。そのため協調性はありませんが、仕事は早い人物が多いことでしょう(ただし「適切にショートカットする」ことを「丁寧でない」「怠けてる」と外向的思考を持つタイプに判断されることがあります)

またこの「ショートカット」は、持ち前の個人主義的な傾向も相まって会話においても適応されます。特にIxTPタイプは、要点だけを簡潔に述べることを好み、世間話を嫌う傾向にあります。しかしExTPタイプは話好きな傾向がありますが、こちらもやはり無駄な世間話は好まない傾向にありますし、要点を掴んだ話を好みます。

以上のことから「クセが強い」ともいえる内向的思考ですが、このタイプは欠けてはならない存在です。それはこのタイプが、システムの穴を見つけ、それを修正することに長けているからです。外向的思考を持つタイプが築き上げたシステムを、内向的思考を持つタイプが修正していくことができれば、完璧に近いシステムを創り上げることができるようになるでしょう。

外向的思考を持つタイプは、作業を迅速に行うことができます。が、その分だけ多くのミスを犯してしまいます。
内向的思考を持つタイプは腰が重く、とても慎重であるため、動き出すには時間がかかります。ですがその分だけ、完璧さにこだわることができます。

つまり、どちらの思考タイプも不可欠であり、どちらにも長所があり短所があります。一方がより優れている、ということはありません。適切な役割分担ができることが、望ましいでしょう。

思考タイプ、それぞれの強みと弱点

外向的思考の場合

外向的思考 – 健全な状態の場合

  • 論理的かつ合理的である
  • 組織を構築し、運用することが得意
  • スケジュールを作り、それを守ることができる
  • 適切な人材を見極め、適切に仕事を割り振れる
  • 直向きで真面目、粘り強い
  • コストパフォーマンスと現実性を重視する
  • 強力なリーダーシップスキル
  • 勤勉である

外向的思考 – 不健全な状態の場合

  • 機転が利かず、厳格で、頭が固い
  • 支配的であり、融通が利かない
  • せっかちであり、十分に検討しないまま判断してしまうことがある
  • 冷徹であり傲慢で、感情を慮るようなことを一切しない
  • 目的の為なら、手段を選ばないきらいがある
  • 人の意見を聞かず、自分に楯突く人物を徹底的に排斥する

内向的思考の場合

内向的思考 – 健全な状態の場合

  • 論理的かつ合理的
  • 無駄を省き、効率化を図ることが得意
  • トラブルシューティングが得意
  • 分析能力に長け、根本的な原因を突き止めることができる
  • システムにある問題点を速やかに見つけることができる
  • 学習意欲と、膨大な知識量
  • 考え方が柔軟であり、新しい意見を聞き入れることができる
  • マクロな視点から考える

内向的思考 – 不健全な状態の場合

  • 頑固であり、周囲に合わせようとしない
  • 腰が重く、実行に移すまでに時間がかかる
  • パーソナルスペースが広く、考えを他者に明かしたがらない
  • 退屈しがちで、常に刺激を追い求める
  • 基本的に「自分以外は全員バカ」と思っている
  • 多くのことに興味を示すものの、大半は中途半端な状態で放置される
  • 誰かの支配下に自分が置かれることをひどく嫌う
性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。