MBTI

【心理学】瞑想をあなたの生活に調和させるためのやり方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

新たな才能や瞑想のような訓練を学習する時の一番大きな問題は、その訓練をあなたの日課に相応しいやり方を学習することです。多くの人は、黙って座り、黙想する時間をしっかりとることは明らかであり、お風呂に入って体を洗うだけでも功名だという日があります。
ここでは、時間がない日でも瞑想の訓練をするやり方を学習します。

これより下に一通り説明したことを1週間やってみてください。学習ことを「自分自身の世界」で取り組むことを学習する1週間であると思ってください。いつも、これらの単純な順序にならうことを約束してください。

あなたがしなければいけないこと

時間切れでも、良質な瞑想の訓練が終了することはないです。ほとんどの例では、瞑想の会議が一度止まってしまうと、その1日の緊張感や日々の生活に追いつくのに時間を費やすだけで、多くの瞑想の長所がなくなってしまいます。瞑想は少しの間の休みでなくて、自分の生活と自分の周囲の生活を実りあるものに変えるための方法とされています。私たちは「緩衝材から」瞑想を残りの生命にすることに取り組んでいます。

やり方

短い「予定を通知する機能」または「細かな」訓練を1日に付け加えることで、瞑想の長所の部分を1日中保ち続けられます。単純な瞑想の状況を成し遂げるためにいくらかの単純な技術を使うことによって、瞑想の実施を毎日の生活や行為に組み込んで、平穏と行為に没頭することをずっと続けさせられます。

第4週に意欲を出す方法

これらの訓練をすると、生活で落ち着くものや独創性が不可欠なときはどんなときでも、瞑想の状況にすることができます。いろんな状況で瞑想をすると、集中する力を持ち続け、精神を操作できます。向こう見ずな感情に惑わされず、してみたい物事に着目するのができるようになります。

日々瞑想をする歩み

これより下は、瞑想を行うための6つの技術と、それに沿った日々の生活のマインドフルネスです。これらの中で最低1つを実際にしてみて、自分に一番合うものを発見してみましょう。

雑務の瞑想:何度も繰り返す雑務は、着目すべき点を付け加えるだけで瞑想に変換することができます。例を示すと、テーブルの清掃、洗濯した服を畳むこと、窓を洗っている時に呼吸を数えられます。根本的に自分で操作し、意志を決めることを必須としない雑務はとても良く作用します。マインドフルネスをするために時を費やしてください。

歩きながらの瞑想:外を歩きしながら、息と足の動きを合わせます。慣習的な歩きながらの瞑想の実施は、息を吸ったり吐いたりするごとに足を一歩を歩き出すものです。この遅く歩いてする瞑想の訓練はとても効力があります。遅く歩行する場所や時間が少ないときは、広間を歩行したり、駐車の場所を横断したり、店の中を歩行したりする場合に、2〜3の歩みごとに呼吸をしてみましょう。

動く瞑想:心の活動を体に集めさせることによって、動くことを瞑想に変換します。筋肉を押すことと引くことを思い描いてみましょう。自分の体が自分の動かし方にどう対応するかを感取してみると、自分の体の均衡に驚くと思います。もっと良い点があり、拳法やヨガのように息とマインドフルネスに普及している運動の方法を実行してください。
2つの気息:単純な気息を2回すると、1日のどんな時でも瞑想の状況になります。電話をしたり、電子の便りメールに対応したり、車を動かし始めたりするより先に、2回気息をしてください。これは、一番重要で多忙な時や緊張感がある日に、数十回も瞑想をすることができるとても良い仕方です。

音の瞑想:とある音を選び、その音を聞くたびに2回息をします。習慣的に、僧たちは寺の鐘と風鈴の音を聞いたら瞑想をしました。音を選ぶ時によく耳にする音を選ぶようにします。例を示すと、他人の携帯電話の音を聞くとき、5秒間思考を休ませられます。
設定を変える瞑想:トランジションは、特定の状況から違う状況に移すということです。例を示すと、仕事が終わってから帰宅するということは、社会で働く自分から個人的な空間にいる自分に移り変わっているのです。話し合いが始まると、物事を達成するために、個人の様式に移り変わることができます。昼ご飯を食べることも移り変わりと言えるかもしれません。慣習的に、僧は個室から別の個室に移動するたびに一旦止まっていました。日々の生活のいくらかの変わり様(車に乗ること、仕事場に入ること、家の入り口に入ることなど)を選ひ、新たな決まり事を実行する前に瞑想して5秒間の休みをとります。多分、あるコンピュータープログラムを開始したり、電子の便りを確認したりもできます。

あとがき

これらの習わしを日々の瞑想の代役にしないでください。あなたは日々座して没頭する習わしを保ち続けなければいけません。この習わしによって、訓練を有効的に使えます。座して没頭することにより、「瞑想の腕力」を成長させることができます。これらの新たな応用の瞑想は、日々の生活で新たな長所を有用して、もっとこれを押していくことを目標にしています。

初めは、一人のときに行えることを選択してください。他人と会話する時、もしくは他人と自分とが対面している状態にある場合、2回注意して息をすることはとても難しいです。自分の車は個人的な空間を保持するのに一番良い所です。コンピューターで仕事をしている場合や、服を洗濯している場合も、これらの瞑想をするのに合っています。

解剖の本を読んで、人の体に驚くでしょう。あなたが日々を暮らしている中、あなたは自分の体がどうなっているかに着目する「動く瞑想」を行うことができます。ひとえに歩行したり、階段の上り下りしたりするだけです。腕力と神経がどうやって作用するかを思い描いてください。自身の体を尊敬してください。

備えは万全ですか?

さらに何かをしてみたいときは、マインドフルネスの訓練を試してください。それを心の内に置き、発想は自分がしていることを考えることです。マインドフルネスの逆は自分で操作する遊具です。扉を開けることなど、生活の中でよく行うことを選択してください。
扉を開けたら気づけますか?扉を開けるときに本当にあなたはいますか?扉に触れて、扉が開き、体が扉を通りぬけるとき、後ろで扉が閉じていると気付けていますか?それとも、何も考えていませんか?

よく行うことを選択し、いつもそれを行っていることを意識しようとして、マインドフルネスの技術を発展させます。それは考えるよりももっと困難で、訓練が不可欠です。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。