MBTI

【MBTIタイプ別】疑い深さについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

非常に信心深い人がいる一方で、疑い深い人もいます。性格タイプそれぞれに、疑い深くなる理由や目的があります。

INFJの場合

INFJは少し疑い深い傾向があり、簡単に相手を信頼することが出来ません。なぜなら、INFJは、様々な物事を細かく検証したり、分析する癖があるからです。また、INFJは傷付くことを恐れるあまり、相手に対して容易に心を開こうとはしません。相手をよく観察し相手の周囲の環境までよく確認します。ですから、最終的な決定を下すのまでは、どうしても疑い深くなってしまいます。さらに、INFJは、創造性と洞察力に優れるので、物事の深い所にある意味を読み取るのが得意です。このような直観力を信頼するあまり、疑い深くなる傾向がみられます。

ENFJの場合

ENFJは、若干ですが疑い深い傾向があるので、最終的な判断を下す前には非常に慎重になり多くの時間をかけます。しかし、ENFJは、周囲の人々に対して懐疑的であることを悟られないように気を使います。なぜなら、ENFJは、常に前向きで、社交的で、愛する人達のために尽くすことを第一に考えているからです。その一方で、ENFJは、理想主義者ですから、しっかりとした自分の世界観や正義感を持っています。完璧な理想の自分に近づこうとして、苦労したり、気負ってしまう傾向にもあります。特に経験したことのない状況では、前に踏み出すまでに、あらゆることを想定して熟考するでしょう。そのような時のENFJは疑い深くみえるかもしれません。

INFPの場合

INFPは自分自身の直観を大切にしています。何もかも信頼できるわけではないという認識があるので非常に疑い深く、相手を完全に信頼するまでに時間がかかります。しかし、INFPは、物事の本質を理解することが好きです。ですから、物事の本質が正しいと確信が持てた時は迷わずに飛び込みます。INFPは周囲の人々から疑い深く見えないように気を使っていますが、様々なことに対して常に疑問を抱いています。

ENFPの場合

ENFPは、状況を完全に分析するまでは、非常に疑い深いと言えるでしょう。そうは言っても、社交的で人々を喜ばせることが大好きなENFPは、好奇心旺盛で精力的に活動します。躊躇うことなくチャンスを掴み取り、様々な経験を自分の糧とします。ただ、ENFPは、人生におけるあらゆる決断を行う場合には、自分の直観に従って、物事を完璧に分析したいという衝動にかられます。ですから、単純に物事を信じることが出来ないので、疑い深くなってしまうようです。

INTJの場合

INTJは大変疑い深いので、決断を下す前に十分な時間をかけて情報を収集しようとします。なぜなら、INTJは、本質的な意味を理解する能力にとても優れています。ですから、表面的な見た目や1度聞いただけの話を容易に信じることは出来ないのです。また、INTJは、多くの情報が完全に正しいとは言えないことを理解しているため、独自の情報に基づいた意思決定をしたいと考えています。さらに、知性に溢れたINTJは、物事を確信する前に、あらゆる調査をするのでとても時間がかかります。しかし、このINTJの疑い深さが、様々な場面で生かされていると言えるでしょう。

ENTJの場合

ENTJは非常に疑い深いので、物事の決定を下す前に情報を完全に分析しようと試みます。他人から馬鹿にされないように、慎重に決断を下すでしょう。なぜなら、ENTJは、優れた洞察力により物事に可能性を見出すことで、 常に未来への挑戦を続けています。ですから、自分で充分な検証も行わずに、他人から得た情報を鵜呑みにするのは、間違いを犯すことになることを熟知しています。また、ENTJは他人からだまされることを極端に嫌うため、相手を信頼するまでに時間が必要です。一度、信頼できると確信すれば、忠誠心を持って接することでしょう。

INTPの場合

INTPは非常に疑い深いので、常に真実を求めて情報を分析しています。なぜなら、INTPの思考は途切れることなく、頭の中では目覚めた瞬間から頭の中はアイデアでいっぱいです。そして、思考を通じて情報を選別しようという試みが常になされています。また、INTPは、すべての情報が事実ではないことを知っているので、自分自身で真実を追求したいと願っています。ですから、情報に基づいた意思決定を行うために、論理を直観と組み合わせます。このようなプロセスの中でINTPは周囲から非常に疑い深く見えるでしょう。

ENTPの場合

ENTPは間違いなく疑い深いです。それは、単純に自分で物事を把握したいからです。INTPは、常に何か新しいことに挑戦し、周囲の人々が持つ可能性を探求することを楽しみにしています。そのために、情報を分析し、情報を細かく検証して、真実を正確に評価できるようにします。そして、ENTPは、周囲の人々から、馬鹿にされるのをとても嫌います。ですから、可能な限り多くの情報を得たいと思っています。また、ENTPは、すべての人々が信頼できるわけではないことを認識しているため、疑い深くなってしまいます。

ISTJの場合

ISTJは、未知の状況を嫌うので、どうしても疑い深くなってしまうでしょう。ISTJは、あらゆる準備ができていると確信していたいと考えていますが、残念ながら、そうはいかないことを認識しています。ISTJは、周囲の人々が自分に対して正直であることを全く期待しておらず、あらゆる情報が事実に欠けていることを知っています。ですから、ISTJは常に自分が見聞きすることに疑いの目を向けて、多くのな情報量と時間に基づいた意思決定が最良の選択であると信じています。

ESTJの場合

ESTJは準備万端に整えようと、十分な情報を得ることを好むため、確かに疑い深いと言えるでしょう。ESTJは、効率的に物事を行うためには、物事の本質を知る必要があると考えています。また、ESTJは、社交的では人付き合いも良いのですが、他人との感情的な繋がりはあまり重視していません。そのため、相手が嫌な思いをしようが率直に批判する事もできますし、決められたルールに従うように強いる事もあります。特に、よく知らない人に関しては疑い深い目を向けるでしょう。

ISFJの場合

ISFJは極端に疑い深いというわけではありません。常に偏りのない考え方をします。また、ISFJは、愛する人を信頼し、周囲の人々への世話をすることに集中したいと願っています。そんなISFJは温かく思いやりに溢れていて、周囲の人々からの信頼も抜群です。ただし、ISFJが持っている愛情深さや親切心を利用したいだけの人まで信頼することができるので、これが問題を引き起こす場合があります。INFJは、非常に誠実であるために、何が真実かどうかといった問題に夢中になることはめったにありません。

ESFJの場合

ESFJは、他人を優先しようという気持ちが強く、多くの人々を助けたいという強い正義感を持っています。しかし、他人に心を開くときには若干疑い深くなります。なぜなら、ESFJは、他の人の感情や気分が簡単に分かってしまうからです。誰かが嘘を言ったり不誠実な気持ちを持っていることはすぐに分かります。また、他の人が経験しているストレスを自分のことのように感じることがあります。ですから、ESFJは疑い深いというよりは、他人の様々なことが直観的に分かってしまうので、時々立ち止まって考え込んでしまうのです。

ISTPの場合

ISTPは情報を分析することを好むため、多くの場合において疑い深いと言えるでしょう。ISTPは、あらゆる情報は完全に信頼することの危険性を認識しているため、疑い深くなってしまいます。なぜなら、ISTPは、自らの手や目を使って物事を探索するのが大好きです。冷静な理性と旺盛な好奇心で周りの世界に触れて観察します。そして、自分の内なる心を通して情報を処理することを好みます。ですから、ISTPは、物事について正確かどうかを判断するめでには時間がかかります。

ESTPの場合

ESTPは、情報に関しては正確性を重視するため、疑い深いと言えるでしょう。ESTPは、理想より現実に焦点を当てているために、地に足がついていること、そして、論理的思考を得意とするので、感想と事実を引き剥がして考えることができ、物事を客観的に見ることができます。ですから、ESTPは、何かを確信する前に多くの研究を行います。また、社交的で人付き合いは上手なのですが、全く知らない人に対しては、信頼するまでに時間がかかるかもしれません。

ISFPの場合

ISFPは誠実で自分が正しいと信じることを大切にします。ですから、それ程疑い深いわけではなく、物事をありのままに受け止めようとします。また、辛抱強くて柔軟性があり、他人の気持ちを察するのも得意なので、大抵の人とはうまく付き合えます。今を生きることを楽しみ、瞬間を味わいます。そのため、やりたいと感じた事を満足するまでやろうとします。そんなISFPにとって、疑い深さというものは、自分自身の楽しみを妨げるだけであり、自分には必要がないと感じています。

ESFPの場合

ESFPには疑い深い人とは言えないでしょう。なぜなら、ESFPは、他人と一緒にいるのが好きで、日常生活そのものに楽しみを見出すからです。自分も他人も最大限にが楽しめるように工夫する事にやり甲斐を感じます。このように、ESFPは、自分の人生が楽しさと興奮で満たされることを望んでいます。ですから、疑い深く真実を探し求めることで、今目の前にある楽しみを奪われることを嫌います

そのため、疑い深くならないようにしているでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。