MBTI

【MBTIタイプ別】誤解/不安感を与えてしまう要素【心理機能から解説: Part 1】

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

誤解を与えてしまう要因について、パーソナリティタイプ別にご紹介してきましたが、今回は「心理機能」の面から解説していきたいと思います。

どの心理機能を優勢機能ないし補助機能として持つかと、どのような性格特徴が表れるのでしょうか?

内向的直感: INTJ, INFJ, ENTJ, ENFJ

INTJとINFJは「内向的直感」を優勢機能として、ENTJとENFJは補助機能として保有しています。

この「内向的直感」とは、シンボルのようなものの裏に隠された意味を予測したり、過去にあった傾向から未来を予測したりする心理機能です。

優勢機能に保有する場合は、より詳細な「ビジョン」を詳細に思い描くことができ、そのビジョンを基に考えを纏めていくでしょう。なので思い描いたビジョンを、文面やイラストに書き起こすことが得意です。

補助機能として保有する場合は、思考を取りまとめるツールとして、この機能を参照します。「過去にどういう実例があり、となれば今後はどうなる可能性が高いのか?」という判断材料を、この心理機能から引き出します。

外向的直感: ENTP, ENFP, INTP, INFP

ENTPとENFPは「外向的直感」を優勢機能として、INTPとINFPは補助機能として保有しています。

「外向的直感」は、外的世界から情報を収集し、収集した情報からあるパターンを見つけ出し、繋がりを読み解くことに長けている心理機能です。またこの機能は、今までになかったパターンを新たに創り出すことも得意としていて、しばしば「奇妙で斬新な」アイディアを絞り出すことがあります。

「外向的直感」を優勢機能に保有する場合、見つけ出したパターンに説得力を持った裏付けを加えたり、新しく作り出したパターンから現実で何かを生み出したりすることにこだわります。上述の「奇妙で斬新なアイディア」を出すことが得意で、アイディアマンとなるでしょう。そのアイディアを実現しようと頑張りますが、興味の対象がうつろいやすく、一つのものに集中することを苦手としています。

補助機能として保有する場合は、思考を取りまとめるツールとして、この機能を参照します。様々な要因を加味し、一つの行動から起こり得るあらゆる”可能性”を予測することが得意でしょう。ただし次々と可能性を発見し、そのたびに認識を改めるため、このタイプの発言に一貫性があることは少ないでしょう。

内向的感覚: ISTJ, ISFJ, ESTJ, ESFJ

ISTJとISFJは「内向的感覚」を優勢機能として、ESTJとESFJは補助機能として保有しています。

「内向的感覚」は、経験や知識に”印象”というラベリングして蓄積し、過去を詳細に記憶する心理機能です。時系列に紐づけて物事を記憶し、それを自由自在に引き出すことができます。簡単にいうと「エピソード記憶が優れている」タイプです。

「内向的感覚」を優勢機能に保有する場合は、視覚や味覚といった五感に関する”こだわり”が強い人物となるでしょう。「深煎りのトアルコトラジャ以外はコーヒーとして認めない!」といった、何らかの強いこだわりを保有しています。そして変わらぬ日常を好むため、生活にルーティーンが存在しているでしょう。

補助機能として保有する場合は、思考を取りまとめるツールとして、この機能を参照します。過去にあった実例や成功・失敗体験を引き出して「今までの経過を見る限り、今回は成功する」「前例にないことが起きている、失敗する可能性が高いかもしれない」といったように判断を下します。

外向的感覚: ESTP, ESFP, ISTP, ISFP

ESTPとESFPは「外向的感覚」を優勢機能として、ISTPとISFPは補助機能として保有しています。

「外向的感覚」は、外界で起こっている事象をリアルタイムで収集する心理機能です。風が吹いたことによる環境の変化、誰かの失言による人々の表情の変化など、瞬間的な変化を素早くキャッチし、過去の経験を速やかに参照して、その場で取るべき行動を瞬時に理解します。またこのタイプはとても現実主義的であり、目に見えるもの、触れることができるものを信じます。

「外向的感覚」を優勢機能に保有する場合、空気を読むことに長けているでしょう。何をすべきなのかを瞬時に理解し、咄嗟に行動へと移すことができます。そしてこのタイプは、特徴の変化によく気付きます。「友達が前髪を少し切った」ことに気付けば「髪切ったの? かわいいじゃん」と声を掛けられますし、「家に新しい小物が増えた」ことに気付けば「なにこれ、どう使うの?」と話を切り出すことができるでしょう。

補助機能として保有する場合は、思考を取りまとめるツールとして、この機能を参照します。環境や状況がどう変化したのかを速やかに把握し、その状況に応じた適切な措置をすぐに思い付き、講じることができるでしょう。臨機応変、という言葉がこのタイプのキーワードとなります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。